作家でごはん!鍛練場
みにおん

秘密の居場所

 毎日、夕焼けが灰色のアスファルトをオレンジ色に照らす時間。人気のない寂れた商店街を通り抜けて、昔は子供たちでにぎわっていたであろう、今や訪れる者はほとんどいなくなってしまった公園の、滑り台の下。
 そこが彼と私の、秘密の居場所。

「こんばんは。今日はまた一段と冷えるね。」
 何年も着古しているであろう薄手のコートの上から自分の身体をさすりながら、今日も彼は現れた。私はその言葉に応じることなく、視線を彼の腕に向ける。身体をさする彼の手にはいつもと同じように駅前のコンビニ袋が握られていて、それを視認してやっと私は重い腰を上げ、彼のそばにすり寄った。すり寄りながら、なんて自分はがめつい奴なんだと思う。でも、それを見た彼の目が愛おしそうに細まるのを見ると、そんなどんよりした気持ちは一瞬で融け去って、次はもっとふてぶてしい態度をとって彼を困らせてやろうと思ってしまう。
 「うん。ごはん、一緒に食べよう。」
 彼はそう言ってビニール袋からおにぎりを取り出し、滑り台の端に腰掛けた。私もそれに続いて彼の真正面に座り、上目遣いで彼におねだりをする。早く。早く。もう昼間からずっとお腹と背中がくっつきそうなのだ。
 「わかってるよ。はい。これは君の分。」
 急かす私を見て意地悪そうな笑みを浮かべ、彼は私の分の食事を袋から取り出し、私に差し出した。私はわき目も振らず、その食事に食らいつく。しばらく夢中になって食べていると、彼の手の感触が、そっと私の頭を撫でた。きっとまたあの愛おしそうな目で私を見つめているのだろう。くすぐったさが胸を撫でるが、敢えて彼のほうを見ず、食べるのに夢中なふりをする。しばらくすると、頭上の手の速度は穏やかになり、いつものように彼はぽつぽつと今日あった出来事を話し始めた。
 「今日はさ、また書類のミスで怒鳴られたんだ。何回言ったらわかるんだって。僕も、なんで何回言われても失敗するんだろうって思うよ。」
 たいていの彼の話は、「目覚ましをかけ忘れて寝坊しかけた」だとか、「年下の部下への指導で上司に呼び出された」なんて、一日にしでかした失敗談から始まる。毎日毎日、よくもまあこんなに失敗できるなと感心するくらい、彼の話は長い。滑り台を照らしていた夕焼けが遠く沈み、ほんのりと暗闇が彼の横顔を包む頃まで彼の話は続く。飽き性な私がそれでも彼の話をおとなしく聞いているのは、彼が一通り今日あった出来事を話し終わった後にする、明日の物語を聞くのが好きだからだ。
 「明日はさ、きっと朝、途中のバス停で足の悪いお婆さんが乗ってくるんだ。満員バスで、座っている人はそのお婆さんを見えないふりをするんだけど、僕だけは気づく。勇気を出して、席を譲る。周りの人たちは、『存在しなかったお婆さんに気付いたふり』とか、『席を譲る若者に感心するふり』を一瞬する。」
 私の脳裏に、勇気を振り絞り老婆に声をかける彼と、周囲の浅ましい大人たちの姿が浮かぶ。浅ましい、大人たち。でもきっと大半の人間はそんな浅ましさと、ちょっぴりの良心で構成されていて、ヒーローになれるかなんて、その良心を外に現す勇気があるかで決まるのだ。目の前の彼は、勇気ある人間だろうか?なんて、頼りない横顔をそっと観察する私に気付かないまま彼は話を続ける。
「僕はそんな乗客たちを見下しながら、バスを降りて会社に向かう。部屋の扉を開けたら、いつもは僕をいないかのように扱う上司たちが、全員一斉に僕に注目するんだ。さぁ、なんでだと思う?」
 彼はそこで初めて話を止め、わくわくした目でこちらを見つめた。その視線があまりに少年のような無邪気さで満ちているので、私も思わず難題に首を傾げる振りをする。すると彼は満足げににやりと笑って、答え合わせを始めた。
 「実はバスで席を譲ったお婆さんは取引先の社長の母親で、お礼を言いに僕を訪ねてきていたんだ。そんで僕は次の日には社長に呼ばれて、直々に礼を言われる。そっからは僕の人柄を買われて出世コースさ。…どうかな。」
 そういうと彼は照れくさげにこちらの反応を窺ったが、どうもこうも、お婆さんはどうやって職場の場所知ったんだとか、なんでお婆さんのほうが早く職場着いてるんだとか、突っ込みどころ満載のご都合主義超展開に、私は内心大きくずっこけた。毎度思うが、彼はきっと物語を作るのが下手なのだと思う。もう少しリアリティのある話にすればいいのに、いつも投げやりなハッピーエンドに持っていってしまうのだ。いや、でも冴えない彼がハッピーエンドになるにはこれぐらい超展開じゃないと駄目なのか…悶々と頭を抱えていると、突然身体がふっと宙を浮き、気付いたら彼の膝の上に抱き上げられていた。
 「わかってるさ。こんな話あり得ないってこと。でも、万が一、億が一でも本当になったら、って思ったら、明日も頑張ろうって思えるだろう?」
 私の頭を柔らかく撫でながら彼は言う。少し寂しそうな、でも世界で一番優しい声音で。私はこの瞬間があまりに心地よく、彼に身を任せてそっと目を閉じる。…きっと彼は明日、満員バスで席を譲るだろう。なけなしの勇気を振り絞って。例えその行動によって彼の日常が1mmも変わらなかったとしても、ほんの少し、誰も気づかないくらいちょっぴりでも、世界が優しくなってくれるといいと思う。そして、そんな私の想いが少しでも彼に届いたらいいのにと、心から思う。
 「さて、今日はもう帰ろうかな」
 しばらくすると、そう言って彼は膝の上の私を再び抱きかかえ、そっと地面に下した。いつの間にかあたりは完全に暗闇に包まれ、頼りない街灯のみがほのかに私たちを照らしている。
 「また明日も来るから。」
 惜しむように彼は鞄を手に取ると、私の頭を最後に一撫でする。一日の中の特別な時間が終わりを迎える。私は彼の名前を知らない。住所も知らない。彼がこれからどこに帰るのかも、帰る場所があるのかも。そしてもちろん彼も私のことを何も知らない。私に家族はいるのか、私が昼間どこで何をしているのか、私が明日もここに来るのかさえも。…だって、私たちは言葉を交わす術を持たないのだから。
 小さくなっていく彼の背中を見送りながら、堪らなく寂しくなって、私は「にゃあ。」と小さく鳴いた。
 

秘密の居場所

執筆の狙い

作者 みにおん
182.158.85.66

初めて小説を書いてみました。
彼と一緒にいる主人公が最後に猫だったとわかるラストにしたかったのですが、
それを文章で面白く表現するのが難しかったです。
自分の文章の癖などがわからないので、感想・批評お待ちしております。

コメント

夜の雨
60.41.130.119

読みました。
全体的には素直に描かれているなぁと思いました。
御作の底に流れている世界観はこれでよいと思います。
あとは「御作をもう少し膨らましてみてはいかがでしょうか」.
まずタイトルですが「秘密の居場所」よりも御作の内容からだと「明日の物語」のほうが、合っているかと思います。
タイトルは作品の顔ですが、御作の内容と「秘密の居場所」が合っているとは思いません。
御作には「明日」に関わることが描かれています。

>>飽き性な私がそれでも彼の話をおとなしく聞いているのは、彼が一通り今日あった出来事を話し終わった後にする、明日の物語を聞くのが好きだからだ。<<

A>明日の物語を聞くのが好きだからだ。<

 >「わかってるさ。こんな話あり得ないってこと。でも、万が一、億が一でも本当になったら、って思ったら、明日も頑張ろうって思えるだろう?」<

B>明日も頑張ろうって思えるだろう?<

>…きっと彼は明日、満員バスで席を譲るだろう。なけなしの勇気を振り絞って。例えその行動によって彼の日常が1mmも変わらなかったとしても、ほんの少し、誰も気づかないくらいちょっぴりでも、世界が優しくなってくれるといいと思う。<

C>…きっと彼は明日、満員バスで席を譲るだろう。<

>「また明日も来るから。」
 惜しむように彼は鞄を手に取ると、私の頭を最後に一撫でする。一日の中の特別な時間が終わりを迎える。<

D>「また明日も来るから。」<

>私に家族はいるのか、私が昼間どこで何をしているのか、私が明日もここに来るのかさえも。<

E>私が明日もここに来るのかさえも。<


A、B、C、D、E、等に描かれているように、御作のキーワードは「明日」ということでタイトルは「明日の物語」が、よいと思います。未来志向だし。
「秘密の居場所」だと、タイトルが内にこもり、内的世界の話になります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

>彼と一緒にいる主人公が最後に猫だったとわかるラストにしたかったのですが、<
>それを文章で面白く表現するのが難しかったです。<

普通に読んでいると、充分に主人公が猫だとわかります。

F>今や訪れる者はほとんどいなくなってしまった公園の、滑り台の下。
 そこが彼と私の、秘密の居場所。<

導入部のAの部分を読むだけで、主人公が猫だとわかります。
ちなみにこの猫は「人生を知りすぎている」ので、中高年以上の猫に描かれていますね。
もちろん作者さんはそんなつもりはないかもしれませんが。
子猫とか、若い猫を描く場合は「無邪気」とか「若さ」を描写する必要があると思います。

――――――――――――――――――――――――――――――
●自分の文章の癖などがわからないので


>毎日、夕焼けが灰色のアスファルトをオレンジ色に照らす時間。<
雨が降る日もあるので「毎日」「夕焼けが灰色のアスファルトを照らす」とは、限らない。

>急かす私を見て意地悪そうな笑みを浮かべ、彼は私の分の食事を袋から取り出し、私に差し出した。<

「私」が一文の中に3つあります。
これを一つにしょうと思えば出来ます。
ただ、読みやすくするために、無駄な言葉を無くせばよいというものでもありません。
芥川賞受賞者の作品などを読んでいても「無駄な言葉が入っている作品」は、あります。
問題は「作者さんが、わかって書いているのか」だと思います。
「わかって書いている場合」は文章の「個性」ということになります。

>彼の手の感触が、そっと私の頭を撫でた。<
これなどもそうです「手の感触」が、「頭を撫で」る、というのは、文章的にかなり微妙だと思いますが、面白い表現といえば、そうもいえるので、ほかの読み手のみなさんはいかがでしょうか。

 >「さて、今日はもう帰ろうかな」
 しばらくすると、そう言って彼は膝の上の私を再び抱きかかえ、そっと地面に下した。<

「そう言って」なくてもよい文章だが……。これなども、流れですよね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
「この文章は怪しいなぁ……」というような内容は一応再考したほうがよいですかね。
それでも必要だと思われる場合は「作者さんの個性」ということになるかなと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

バスの中のおばあさんの件。

「彼が会社で社長に褒められた」とするよりも、同じバスに乗り合わせていた魅力的(素朴)な女性と目が合い、それ以後彼女と話が出来るようになった。
というようなエピソードにすれば、未来(明日)が開ける。

話の展開としては、彼とその女性とが付き合うようになり、「猫は焼きもちを焼く」が、最終的には二人が猫を夕暮れの公園から連れて帰る、というラストで、そのシルエットが遠ざかりで、終わり。

富山晴京
126.219.62.98

描写が丁寧で、雰囲気が伝わってきやすいと思いました。特に温かみのある描写においてきわめてすぐれた書き方ができていると思います。しぐさなどから人の気持ちを表したり、周りの情景を利用して雰囲気や状況を表したりといった手法もきちんと使えているように思えます。
若干、文章が冗長であるという気がします。できる限り一文を短く区切ること、無駄な表現を省くことで、読みやすく、テンポのいい文章になると思います。

夜の雨
60.41.130.119

誤読するといけないので、書いておきます。

――――――――――――――――――――
バスの中のおばあさんの件。

「彼が会社で社長に褒められた」とするよりも、同じバスに乗り合わせていた魅力的な女性と目が合い、それ以後彼女と話が出来るようになった。
というようなエピソードにすれば、未来(明日)が開ける。
―――――――――――――――――――――――――――――

上の件ですが、「彼」が、バスの中でおばあさんに席を譲るという親切なことをしたときに彼女と視線が合ったということです。
それで彼女が彼に微笑んで、翌日「彼は彼女と話をするきっかけが得られたということになります」。

藤光
119.104.8.6

読ませていただきました。
くせのない文章で読みやすいと思います。
ただ、ちょっと板についていない感があるので、読み返して不自然と感じるところを直すとか、もっとたくさん小説を書くとかするといいと思います。

読み終えると、「なんで猫なんだ?」と感じます。

>明日の物語を聞くのが好きだからだ。

からお話が動きますが、なぜ聞くのは「猫」なんでしょう。

ミスリードさせたいたくらみがあるのはわかりますが、そうまでしてなぜ「猫」なんだと。
恋人や友人であってはだめなのか、飲み屋のねーちゃんではだめなのか……。そこはなんらかの形で読み手に伝わるようにした方が、小説に厚みがでると思います。現状、うすっぺらく感じます。

みにおん
182.158.85.66

>夜の雨様
コメントありがとうございます。

・タイトルについて
おっしゃられる通り、タイトルについてはあまり考えずに適当につけたところがあり、作品全体を表す表現になっていなかったなと気づきました。明日の物語、とてもいいと思います。次お話を書く際にはタイトルにも拘ろうと思います。
・猫について
やはり最初からわかりますよね…もう少し地の文章に工夫ができればよかったです。
・文章の癖について
ご指摘の通り、無駄な言葉が多くなり冗長になってしまう傾向はありますね…なるべく文章を柔らかく、丁寧に書こうと心がけているので、故意に無駄な言葉を入れている部分はあるのですが、1つの文章に私が3回出てきた箇所などは全く無意識でした…自分の故意以外の無駄な言葉をなくせるよう、今後気を付けたいと思います。
・お婆さんについて
バスの中のストーリーについては、短編にしようという意識が働いてあまり展開のないものになってしまったのが反省点です。夜の雨様のストーリーもとても素敵ですね。参考にいたします。

貴重なご指摘、ありがとうございました。また今後もよろしくお願いします。

みにおん
182.158.85.66

>富山晴京様

コメントありがとうございました。
温かみのある文章を書きたいとは普段から思っていることなので、富山晴京様からいただけたお言葉とてもうれしいです。
一方で、温かみのある文章を書こうとするあまり冗長になってしまっている部分もあると気づけましたので、執筆の際は文章をきちんと推敲し、温かみがありつつテンポのよい文章を書けるよう精進したいと思います。

みにおん
182.158.85.66

>藤光様
コメントありがとうございます。
くせのない文章というお言葉ありがとうございます。初めて書いたので、推敲もあまりしておらず、板についてない感は確かにあったと思います。これから回数を重ねて質の高い文章を書けるように心がけていきたいと思います。

・主人公が猫の理由
主人公を猫にした理由は、主人公が「彼と同じように普段社会に必要とされていない存在であること」「彼への想いを伝えたくても伝えられない存在であること」の2点を満たしたかったからです。最初は猫でなく、言葉の喋れない物乞いの子供にしようかとも思ったのですが、彼への猫の想いの一方通行感を出したかったので、言葉が話せなくても自分の話は理解していると思われる可能性のある物乞いの子供ではなく、自分の言葉を理解していないと思われる野良猫にしました。(説明が下手ですみません…)
ただ、ご指摘の通りそれが読み手に伝わらず薄っぺらくなってしまったのは私の至らない部分だと思いますので、もう少し全体の文章で私の意図が伝わるような書きかたができるよう練習したいと思います。

ペンニードル
36.11.225.125

秘密の居場所 読みました。

この内容ならむしろ正体は人間にしちゃって実は自分は猫だと思い込んで監禁されているホラー展開に持っていったほうが面白いのでは? と感じました。笑

既に出ていますが、わざわざ猫である事実を読者に隠す理由がありません。しかも匂いすぎて、ってかもうそうとしか読めないくらいには書き込んでしまっているのでバレバレなので逆手に取るくらいしか打開策が思い当たりませんでした。

主人公が自分で、”私は猫なんだ、彼は私に優しくしてくれてるんだ”そう思い込んでいたほうが楽なんだ。って思考ならそこまでの変に人間的な思考に辻褄合というかこじつけになりますし。
私には暖かすぎる”暖かみ”はどうにも見なければいけない現実から目を背けているようにしか感じられないのでした。

みにおん
182.158.85.66

>ペンニードル様

内容へのご指摘ありがとうございます。猫である事実を隠す必要性に関しては私も書きながらどんどんわからなくなっていった点の一つです。これなら最初から猫であることを述べたうえで物語を展開したほうがよかったかもしれませんね。ペンニードル様の仰られるホラー展開も面白いと思います。

今後書くときは物語を展開する上の設定の必要性にも気を付けていこうと思います。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内