作家でごはん!鍛練場
悠希あかね

とりかご

 手持無沙汰な時間をなんとなくかわすために、鳥のアイコンに右手親指で触れた。
(あ、ゑびすさんだ…)
プールの中から空を見上げた時のような、もどかしくぼやけた青と黄色の混じったアイコンが私のタイムラインに表示されている。平日の昼にもならない時間につぶやきを更新しているその「ゑびすさん」という人物は、別段有名人なわけでも、カリスマ的存在でSNSに多くのフォロワーを獲得しているわけでもない。その人は、おかれた環境や自身に大層悲観的で、現実世界では友達を作ることも生きがいや趣味を見つけることもできずただただ内側にドロドロした感情だけため込み、ナニモノにも成れないでいる人間だ。私はそのゑびすさんのことを下手な友人のことより「知っている」。あったことも話したこともない人間なのに、だ。まあ、いつも昼夜に関係なく鳥かごの中に居るので、「普通」の人間生活を送っていないことは確かなのだ。
《また、置いてけぼりをくらった。》
朝8時、普通ならば職場や学校など、自分が社会のなかで生きていくための居場所に行く時間だ。
《わたしは、幼いころもっともなりたくなかった大人になっている。それが悲しく、申し訳なく…何より、自身を到底諦めきれなくて恥ずかしい。》
《そんなことをSNSに書くひまがあるならば変わるための行動をすればいいのに。》
私はゆっくりと画面を下にスクロールする。
《人と関わることが怖い。相手が何の気なしに言った言葉で勝手に、簡単に、傷付いて、人を嫌いになっていく。なんて自分勝手で我儘なんだろう。》
《そんなわかったふうなことを言ってはみたものの、わたしはこれっぽちもわかってないんだろうなと思う。たちが悪い。自分だけが世界の真理に気が付いている気になっている。みんなわかってないのだと、本当は思っている。》
《手を差し伸べられても、偽善だなんだと言って振り払ってきたのはわたしなのに、その手が向けられなくなった途端寂しくて哀しくて死んでしまいたくなる。》
《普通ってなんだろう。普通になることが一番難しい。無駄だと思うこと、些細なことの繰り返しや積み重ねが普通を作っているんだろうな。》
《何も積み重ねてこなかったくせに、普通になりたいだなんて…おこがましい。》
《わたしは社会のゴミです》
画面の上の方で、くるくると灰色の点がまわる。何度か画面を更新するものの、ここが最新のようであった。朝8時54分。今からちょうど15分前だ。私はゑびすさんのホームにいき、一連のつぶやきに「いいね」を押した。ハートマークが赤くはじけ、「1」と数字がつく。
 カーテンの隙間からこぼれる太陽の光が画面に反射している。視線を動かすと、もう3か月以上触れていない職場の制服と目が合った。
(《わたしは社会のゴミです》)
ゑびすさんの言葉を頭の中でつぶやき、私はベッドの中で寝返りをうった。

とりかご

執筆の狙い

作者 悠希あかね
125.52.26.121

初めての投稿です、どのようなご意見でも頂けましたら嬉しく思います。
自分を救うための物語が書きたく執筆しておりましたが、「わかってくれる人だけわかってくれればいい」という考えでは誰も救えないのだと気が付きました。

ご助言、何卒よろしくお願いいたします。

コメント

三月は深き紅の淵を
219.100.84.36

感想ついてないので、つけるね。


画面あけて、ぱっと見でもう、【これは読みにくい】んです。
明らかに読みにくい。

それは、主人公独白部分の(   )記載と、
多分SNS文章の記載〜引用である《   》記載 が入り乱れていて、
画面見ただけで、「げんなりするほど煩い」。

その字面が、読者を拒んでいる。


小説本文に「引用」をする際の“正しい記載法”は、高校で使う『国語便覧』に載ってるから、そこで確認して?

(教えてもいいのですが・・ここで聞いても右から左で、結局身に付かさなそうだから……)


それでも(字面が異様に煩くても)、「内容」が良さげなら、ここでは結構感想が付いてきたのです。
これに感想が付かないのは、
これ、明らかに「自分語り系」だから。。


“終始自分語り系・完全自己陶酔型の原稿”は、その時点で【閉じている】。
“読者のために書かれてはいない”んで、
読者を拒む。


こういう類いの原稿は、
一字一句、【自室で、大きな声ではっきりと、誰かに聞かせるべく音読してみる】ことです。
それが支障なくできたら、
“ネットに上げて、相手も読んでくれる状態”だと思う。

悠希あかね
125.52.26.121

三月は深き紅の淵を様

コメントありがとうございます。ご助言、心にズシズシと染みました…。
引用文の記載法、確認いたします。

また、自分語り、自己陶酔、その通りだと思います。
率直なご意見いただけてとても嬉しいです、ありがとうございます。
自身の中で、三月は深き紅の淵を様のお言葉、消化して吸収できるよう努めます。

夜の雨
60.41.130.119

読みました。

御作の内容
主人公が自分を守るためにネット上に架空の人物「A」を創り、そのAが「鬱(うつ)」を患っていて、仕事、または学業のために外に出ていないというような観察日記を書いているが、実のところ主人公自身が「鬱」を患っていて、仕事に行け無くなっていたということで、落ち込んでいる話です。
―――――――――――――――――――

「執筆の狙い」
>自分を救うための物語が書きたく執筆しておりましたが、「わかってくれる人だけわかってくれればいい」という考えでは誰も救えないのだと気が付きました。<

御作は「自分を救うための物語が書きたく執筆」「わかるひとだけわかればよい」では、「誰も救えないのだと気が付きました」ということですが、御作の内容では「自分を救う話になっておりません」。もちろん「誰も救くっていません」。

御作の構成

「起、承、承、承、転、結」←基本的な物語の構成。

普通の小説とかドラマだと上の構成がいくつも連なっていて一つの物語になっている。
長編の構成とかだと下記のような感じで、第一章から七章ぐらいまである。
>第一章 
その1「起、承、承、承、転、結」
その2「起、承、承、承、転、結」
その3「起、承、承、承、転、結」
その4「起、承、承、承、転、結」
その5「起、承、承、承、転、結」
>第二章 
>第三章
>第四章

御作の場合は単純に書くと上でいうところの「その1」「起、承、承、承、転、結」で、終わっているような感じです。
要するに「ゑびすさん」という方が、鬱のようになっているという書き方(主人公が自分を守るために相手を創っている)に対して、主人公が反応して、「起、承、承、承、転、結」のエピソードが連なっています。

A>>(《わたしは社会のゴミです》)
ゑびすさんの言葉を頭の中でつぶやき、私はベッドの中で寝返りをうった。<<
Aが、「結」になります。

だから御作の「結」(終わり方)では主人公は「救えない状態」で、終わっているということです。
これは御作が上に書いた長編の構成でいうところの「第一章」の「その1」の「起、承、承、承、転、結」という構成になっているからです。
わかりやすくいうと、御作は始まったばかりでこれから続きを書かなければ主人公は救えないということになります。
御作は小説やドラマでいうところの第一章の始まりの部分だということです。
●自分を救う小説、誰かを救う小説にするには「御作の続きを書く必要があります」。

◆何を書くのか →主人公に何が起こって、仕事に行かなくなったのか? きっかけ。(同僚とか上司とのコミュニケーションに問題があった)。または、他の具体的原因。

◆主人公のキャラクターを書く、(エピソードでイメージ出来るように書く)。

◆主人公と社会の関係を書く。(最小の社会は家庭であり、縦に広がると勤務先であり、横に広がると友人関係とか趣味のサークルとか)。大きく見ると、世の中という社会も関係してくる。
それらが個人の主人公と関係してエピソード(起、承、承、承、転、結)が積み重ねられ、第一章から第七章へと続き、ラストでは主人公が救われる、他の者も救われるというような展開になります。

現状の御作では第一章の「その1」という感じです。
まだ、始まったばかりです。
御作に書かれているのは主人公が自分を守るために架空の人物(架空でなくてもよい、主人公が自分を守るために用意した人物ということになります)「ゑびすさん」を登場させて、自分とすり替えて、話を創っている。
そして御作のラストでは自分が「ゑびすさん」と同じ立場にいる、もしくわ自分だけが「鬱」を患っていて「社会のごみ」と思い込んでいるという終わり方になっています。

この構成だと主人公は救われないし、読んでいる者も救われません、「落ち込んだまま」で、御作が、終わっているからです。
「エンターテインメント作品」の「刑事もの」だと物語が始まり、闇夜に紛れ込んで誰かが背後からやってきた、影に殺された。
というところで、終わりという展開です。
これからなんですよ、切れ者の刑事が活躍するのは。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

「文章上の問題」について。

御作を読むと、もちろん文章がおかしなことに気が付きます。
御作では二人の人物のことが書かれていますが、主人公がもう一人を創っているので、書き方がこんがらかっているのです。
このあたりは作品をいくつも書いていると、こういった基本的な間違いは起こさなくなると思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
方法論について。

御作は正面から「鬱(うつ)」に関した作品を書いていますが、たとえば、主人公を「猫」にするとか「超文学的作品」で、物語の設定を「絵画の中」にいるゴッホ(イメージ)にするとか。
ほか、魔人と戦う勇者が「鬱」になっているとか。まあ、魔人が鬱になっていてもよいですが。
書き方により、いろいろと方法を考えると楽しくなりますよ、小説は楽しんで書きましょう。


それでは、頑張ってください。

幡 京
218.221.116.235

<救う>ナンてイエスやブッダじゃないんだし。
独りよがりであなた様が書いたとしても、一人でもいい、そう感じる人がいると思います。
だいたい<全体救済>はカルトの思考ですよ。「万人に受ける小説」も不健全だと思います。

そう云うのは「毒にも薬にもならない」と、小生は考えております。

だからあなた様がご自由におかきになるべきだ、と小生は思います。

かろ
210.139.191.207

 読みました。
ゑびすさんのつぶやきが主人公の、ある意味助けになっているわけで。または悪い環境を与えているかもですが。
ゑびすさんはなぜつぶやいているのかなあ、と思いました。
で、主人公も、いいねを押しているし。
読めていないかもしれませんが、わかってないかもしれませんが、もっと書かなきゃいけないんじゃないかなって。ちがうか、ぶつける感じでしょうか。想いバージョンの場合ですが。これも僕の意見ですが。
思いはすごく表れていて、お話にのせて作られたらいいのではと。
僕は人には言うくせに自分はできずですが、やってみたいです。てか、やろうかなっていうか、試行錯誤してます。
たぶん、悠希さんの想う主人公の人物像ちゃんといると思うし。優しいしね。
 

悠希あかね
125.52.26.121

夜の雨様

的確でわかりやすいご助言、コメントありがとうございます。
>「自分を救う話になっておりません」。もちろん「誰も救くっていません」<
>この構成だと主人公は救われないし、読んでいる者も救われません、「落ち込んだまま」で、御作が、終わっているからです。<
>これからなんですよ、切れ者の刑事が活躍するのは。<
夜の雨様のコメント拝読後に再度読み返してみますと、第一部で終わってしまっておりブツ切れ状態であるというご指摘が的確だと感じました。ツイッターでは最近病み垢、裏垢と呼ばれるものが流行しているようで、それが青い鳥かごの中で生きるも死ぬもできずにいる鳥のように見え、題材にしてみましたが力量及ばず…。フォーカスを一点に絞りすぎてしまってことを認識させていただきました。

>◆何を書くのか<
主人公の現状の具体的な原因、環境、人物像。執筆時点で深く考えておりませんでした。
私自身の練りこみ不足が物語に反映してしまい恥ずかしい限りです。次作より、一層努力してまいります。

>主人公が自分を守るために架空の人物(架空でなくてもよい、主人公が自分を守るために用意した人物ということになります)「ゑびすさん」を登場させて、自分とすり替えて、話を創っている<
実は主人公が自身に似たアカウントを見つけて観察し、どうしようもない状況を客観視しているにもかかわらず自身のことは向き合えていない、仲間探しをして安心した気になっている、という設定でした。
コメント拝読し、そのような見方、見せ方もあるのか!と新しい発見させていただきました。面白い発想をありがとうございます。

>作品をいくつも書いていると、こういった基本的な間違いは起こさなくなると思います。<
ありがとうございます。今作執筆後も何作か書いて練習しておりますので、徐々に身に着けられるよう頑張ります。

>書き方により、いろいろと方法を考えると楽しくなりますよ、小説は楽しんで書きましょう<
主人公を猫に、設定を絵画の中、勇者や魔人が鬱…素晴らしいです!この数行で私自身が楽しませていただきました。
今回題材が重たいのにさらに暗いまま終わらせてしまったので、次作では自分もワクワクできる作品の執筆、努力いたします。

素敵なアドバイスのプレゼント、本当にありがとうございます。次作の血肉になるよう、何度も読み返しながら励みます!

悠希あかね
125.52.26.121

幡 京様

コメントありがとうございます。
><救う>ナンてイエスやブッダじゃないんだし。<
幡 京様のコメントの切れがよくてとても元気をいただきました。そうですね、神様でも天使でも、犬でもないので、いい子ぶらずに、媚びずに、楽しく書きたいと思います。

>そう云うのは「毒にも薬にもならない」と、小生は考えております。<
その通りだと思います。薬をつくれたら素敵だけど、作れないなら毒を食わせる気持ちで頑張ります!

>だからあなた様がご自由におかきになるべきだ、と小生は思います。<
ありがとうございます…むしろ私が救われてしまいました。(主人公見殺しにしたというのに!)
次作は、もっと書きたいものを自由な気持ちで書けるように努めます!

悠希あかね
125.52.26.121

かろ様

コメント、疑問提起ありがとうございます。
>ゑびすさんはなぜつぶやいているのかなあ、と思いました。で、主人公も、いいねを押しているし。<
執筆時点で人物像、環境、原因までは考えられていなかった…というのが本音ですが、弱りすぎた人々の傷のなめあいのようなイメージで書いておりました。これは悪い意味ではありません。子供の時は感情のままに泣くことも弱音を吐くことも許されていたけれど、大人になると、同じように傷付いて苦しくてもそれが許されない。表面に出すことはいけない、という圧力を自分自身感じております。昨今SNSで病み垢や裏垢で現実とは違う人物として心の内を吐露する、というのが多く見受けられ批判も多いかとは思いますが、私は人間には年齢年代関係なく弱さを認められる場所が必要だと考えます。でも、人間は電波の上で生きているわけではないから、多くの弱音の向こう側に生身の人間がいて生きていて。その不安定さを今回描けたらと思いました。
ゑびすさんは言葉に出来ない思いを文字にして、主人公はそれを見て何となく安心感を得ており、逆に主人公の共感によりゑびすさんもSNSに居続けることが出来てるのかな、と思います。

>もっと書かなきゃいけないんじゃないかなって。ちがうか、ぶつける感じでしょうか<
この言葉、すごく、グッときました。
どうしても作品を書くにあたって、いい子ぶってしまうところがありました。ありがとうございます、もっと体当たりして、物語もキャラクターもちゃんと愛してあげたいと思います。

>僕は人には言うくせに自分はできずですが、やってみたいです。てか、やろうかなっていうか、試行錯誤してます。
たぶん、悠希さんの想う主人公の人物像ちゃんといると思うし<
かろさんの紡ぐ物語は、当たり前の日常やよくある動作が丁寧に描かれてとても穏やかで魅力を感じました。
想いをぶつける、でなく、きっとかろさんが生きてきた中で感じた想いを様々な糸で毛糸を編むように紡いだのだろうなと。個人的な気持ちですが。豪華なディナーは美味しいですが、飽きてしまいます。毎日食べるお味噌汁や炊き立ての白いご飯は、身体にも心にも染みわたって温かいし、飽きません。かろさんの物語は、ご飯が炊けたときのにおいに似ています。

今回しっかりと人物を練れていませんでしたが、この人たちを書きたい、という想いがありました。私はかろさんよりもっと未熟です。でも、だからこそ頑張ります。お互いきっといいものを書きましょう!私も、やってみたい、です!
本当にありがとうございます。

オノマペト
66.133.76.8

・プールの中から空を見上げた時のような、もどかしくぼやけた青と黄色の混じったアイコンが私のタイムラインに表示されている。

何じゃコレんなもんその日の天気によるやんけ!ってツッコミ待ちのお笑いボケですか?したり顔でまぁ気分良く浸ってますなぁ待ちですか?いらんいらん!そんなもんいらん!逆に100人おって誰がそない思うちゅーねんアホか。スッと押せや。ツイッター素直に言えや、なんか都合悪いんか?まどろっこしい上に意味わからん比喩こさえて無意味な文字数稼ぎに躍起ですか?
思考で終わっとるやんけ、小説舐めてはります?場面すらうごかせませんか。ならまずはそこからちゃうん?

悠希あかね
125.52.26.121

オノマペト様

コメントありがとうございます。
>いらんいらん!そんなもんいらん!逆に100人おって誰がそない思うちゅーねんアホか。スッと押せや。<
もう本当にその通り過ぎてぐうの音も出ません。

>思考で終わっとるやんけ<
思考で終わってしまいました…。ほかの方にも指摘されたところなので次回より気を付けます。

>場面すらうごかせませんか。ならまずはそこからちゃうん?<
ではそこから頑張ります。

スピード感あるコメントで、しかも的確で、ちょっと面白かったです。ありがとうございます。
次作にご指摘生かせるよう頑張ります。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内