作家でごはん!鍛練場
ほな

時の時計

 小さな町のはずれに古い時計屋さんがありました。分厚いメガネをかけたおじさんが、いつもひとりでコツコツと時計を直しています。どんな時計でも直してしまうと評判の店でした。

 ある夜、おじさんはいつものように遅くまで時計の修理に夢中になっていました。
「ふー、やれやれ。お茶でも飲むか」
 修理道具を置いて大きく伸びをしました。その夜はとても静かな夜でした。
「いつもなら風の音やフクロウの声が聞こえるんだが、今夜はやけに静かだなあ。まるで時間が止まっているみたいだ」
 コチコチという時計の音でいっぱいのはずの作業場もなぜか、しんと静まりかえっています。
「こりゃあ変だぞ。おかしいぞ。時計の音がひとつもしない」
 おじさんは飲みかけの湯飲みを机に置いて立ち上がりました。
 
 外の様子を見ようとドアノブに手を伸ばしたとたん、ドアがすっとひらきました。戸口に誰か立っています。
 帽子を深くかぶりマントで体をおおった背の高い男の人です。両手には大きな箱を抱えています。
「この時計を直してもらいたい。大至急」
 マントの人はそう言うと、さっさと作業場に入ってきてテーブルの上に大きな箱を置きました。男の人が蓋を持ち上げると、そこにはおじさんがこれまで見たこともないような時計がありました。
 
 縦長の透明なドームの中に歯車がたくさん噛み合わさった時計の本体がありました。歯車はひとつひとつが、太陽や月、星などの天体を形どっています。部品はどれもピカピカに磨かれ、見事な装飾が施してあります。なんとも不思議な美しい時計でした。
「こんな時計、今まで見たこともない…」
 おじさんは思わずつぶやき、時計の美しさに見入ってしまいました。
「あなたなら直せます。急いでください。朝が夜に追いつく前に」
「なんだって? 」

 マントの人はテキパキとした口調で説明しました。
「私は時守り、時間の流れの管理人です。この時計は時間の流れを司っています。この時計が動かなくなったので時間が止まってしまったのです」
「夜がやけに静かだったのはそのせいか」
「急いでください。朝が夜に追いついてしまう。天体のバランスが崩れてしまいます」
 おじさんは時計をじっと見つめたあと、そっと手に取り自分の作業机に置きました。
「まあ、やってみますか…」

 修理用のメガネをかけて修理を始めます。まずはどこが悪いのかを調べます。ドームを外し、歯車の動きをひとつひとつ見ていきます。
「なるほど。太陽のゼンマイに月の振り子か」
 時計は違っても基本的な仕組みは同じです。今まで何百といういろんな時計を直してきたおじさんです。調べていくうちにどんな仕組みかわかってきました。
「それにしても、なんとも美しい部品ばかりだ」
 部品のひとつひとつが、滑らかに磨き上げられた素晴らしいものばかりでした。おじさんは感心しながら作業を進めていきます。

「どんな様子ですか?」
 マントの人が尋ねました。
「まあ待ちなさい…」
 おじさんは、じっくりゆっくり時計を調べていきます。
「この歯車は…」
 小さな歯車の回り方が少しおかしいようです。
「その歯車が示す天体は二重星。重なり合ったふたつの星が、互いの重さで引っ張り合いながら回っています」
 マントの人が言いました。
 なるほど、後ろにもうひとつ歯車があります。双子のようにそっくりです。
「ここが重いな」
 おじさんは歯車をふたつ取りだし、よく洗って磨きをかけ、軸に油をさして元通りに組み直しました。ほかの歯車や部品も元通りに組みなおしました。

 ゼンマイを巻き上げ振り子を静かに揺らすと…。歯車が滑らかに動きだし時計が時を刻みはじめました。
 コチコチコチ…。チッチッチ…。
 作業場に時計たちの音が響きはじめました。時が流れだしたのです。窓の外では風や木のざわめきが聞こえます。
「お見事です。ありがとうございます」
 マントの人の言葉に、おじさんはふーっとため息をつきました。
「双子の歯車のバランスが狂っていたようだ。オーバーホールしたほうがいいかもしれん」
おじさんが言うと、マントの人は考えこむような様子を見せました。
「そうですか。実はこの時計には専門の時計技師がいるのですが、行方知れずになってしまったのです。今回こちらにお願いに来たのはそのためです」
「そうだったのか。私には、この複雑な時計をオーバーホールする自信は、ちょっとないなあ。今回、無事に修理できたのは本当に運が良かったよ」

 マントの人は、時を刻みはじめた時計を箱にしまいました。
「でもなぜ、私だけ時間が止まらなかったんだ? 作業場の時計もみんな止まっていたのに」
 おじさんが尋ねると、マントの人も首をかしげました。
「私にもわかりません。時守りに伝わる〝時守りの書〝という本があります。それをよく読めばわかるかもしれません」
 マントの人は時計の入った箱を持ち、戸口へと向かいました。
「本当にありがとうございました。お礼はまた改めてさせていただきます。今日は急ぐのでこれにて失礼いたします」
「いいよ、礼なんて。素晴らしい時計を見せてもらっただけで十分だ」
 握手を交わすと、マントの人は戸口からすっと外へ出ていきました。

「やれやれ」
 おじさんは椅子にどっと腰をおろしました。
「お茶が冷めてしまったな」
 湯飲みを手にとると、まだ十分温もりがありました。
「そうか。時が止まっていたんだっけな」
 そこにはいつもどおりの作業場がありました。たくさんの時計の音がひしめきあっています。

時の時計

執筆の狙い

作者 ほな
106.174.89.31

フクロウの時計屋の絵本を読んでいて思いついた物語です。童話として楽しめる話を書きたく思いました。

コメント

大丘 忍
121.95.234.227

文章が良いですね。

藤光
119.104.11.63

読ませていただきました。

とてもいいです。
童話めいた内容(というか童話なんでしょう)と、語り口(文体)がうまくマッチしていて、とても雰囲気があります。読んでいて心地いいです。

書き出しから、書き慣れている感じが伝わってますし、
導入とオチの処理などは、掌編のお手本のように鮮やかです。

いいものを読ませていただきした。
ありがとうございました。

カルネ
133.232.243.157

うーん…。元ネタというかインスパイアされたというのは「もりのとけいやさん」でしょうか?
私は元の童話を未読なので想像なんですが、元の童話は夢オチですか?
それでも思うことは、まず「フクロウ」が時計屋さんというところ。
それだけで、これは「童話」なんだよーと読者に対するアプローチの仕方として成功していると思います。
なので最初からその世界観がどれだけワンダーでも途中で首を傾げることなく読者はついてゆくのではないでしょうか。
「フクロウ」という動物を使ったことは作劇術として結構需要な要素だったのでは? と思われるのです。

そのあたりを踏まえて、「時の時計」。
まずこの童話の対象者って子供ですか? 大人ですか?
主人公が「おじさん」ですから、大人向け?
であれば「オーバーホール」の説明はいらないでしょうけど、子供であれば「オーバーホールするってなに?」と聞いてくると思われるので分解掃除することという説明がある方が親切かな、と思われました。(誰に対してって、それはこの童話を子供に読んであげるママに対して(笑)。世の母親が何でも知っているとは限らないですから。子供が物語の途中で「どうして?」と聞いてきたときにママを助けてあげるのは作者以外いないので。作者としては大事だと思いますよ、そういう視点も。

また作品の世界観としてはこの作品、入り口は不思議な世界ではなく、ごくごく普通の今いる私達の世界と同じように受け取れます。
ところが実はこの世界には「時守人」がいるという設定になっています。
あっさりおじさんはそれを受け入れ時計を直すことに終始しますが、ここもちょっと気になりました。
この世界は時守人がいて時の時計が存在する世界なんだよーということを本当は早い段階で上手く表現しておく必要があったのではないかな、と思いますが、どうでしょう。
狙いに「童話」と書かれているので、そのつもりで読みだしてしまうため違和感なく読んでしまいますが、本当はちゃんと作っておく方が良いと思うんですけど。
「不思議の国のアリス」でも不思議な世界の入り口があって、そこから不思議な世界が始まるように。

>「でもなぜ、私だけ時間が止まらなかったんだ? 作業場の時計もみんな止まっていたのに」
> おじさんが尋ねると、マントの人も首をかしげました。
>「私にもわかりません。時守りに伝わる〝時守りの書〝という本があります。それをよく読めばわかるかもしれません」

ここから察するに、おそらく作者はアイディアだけで書き上げました、ではないでしょうか。
本当にこの作品の世界観を隅々まで作り上げてから、それを文章に降ろしたのでしょうか。

そういうところが読んでいて気になりました。

ほな
106.174.89.31

大丘さん、ありがとうございます。

ほな
106.174.89.31

藤光さん、楽しんでくださったようで嬉しいです。ありがとうございます。

ほな
106.174.89.31

カルネさんのおっしゃる通り、ほぼアイディアだけで書きました。思いついたらワクワクして一気に書き上げてしまったもので、私自身とても楽しく書けました。

「不思議の世界への入り口はどこか」や「子どもを読み手に設定した場合の説明の必要」などのご指摘はもっともだと感じました。力技で無理やり世界を作ってしまいました。

元の絵本の題名は覚えていませんが、たぶんカルネさんのおっしゃるものだと思います。

これから、ご指摘の点なども踏まえこの話の世界を広げていけたらと考えると、さらにワクワクしてきます。ありがとうございました。

二月の丘
219.100.84.36

ごめんなさい、訳が分からない部分が、あんまり多すぎ。


まず、タイトルが・・
『時の時計』ってー、「頭の頭痛」みたいで、ヘンテコ。


そんで、肝心の時計の「構造、歯車の愉悦、オブジェとしての美しさ」が、書いてない。
「歯車が惑星の形」で「太陽がゼンマイ」「月が振り子」??
動き、時をはかるメカニズムが・・理解不能。

とどめに「二重星」が出て来るけど、それについての解説もない。
一瞬、「これはアレか? 二十世紀SFでしばしば書かれた、ダイソン環天体か?!」と穿ってしまって、肩すかし。

修理に持ち込んだ男の正体とか、専属の時計職人とか、
説明まるでついてないし、整合性がなく、
不合理なんで・・

ばっさりカットして、
「雰囲気」で流しちゃった方が、読者に親切かもしれない。

市川春子
49.98.170.59

マツム@mecakushi1みんなツイッタやろ!\(^o^)/
→ 中村光@hikanaka1217 と、紀ノ目@manteauman にフォローを!

ほな
106.174.89.31

二月の丘さん、「時の時計」=「頭の頭痛」っておもしろいですね。

読んでいただきコメントも書いていただき、ありがとうございました。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内