作家でごはん!鍛練場
久方ゆずる

つーつくつ(冒頭)

act.1

 ヤンデール王国の首都、ヤンデール。この街に来るのは二度目だ。
 前に来た時と同じで、人々と市場でごった返している。
 なんでも、人口は二十五万人ぐらいらしい。俺の出身地のアホン村は五十人ってところだったから、その五万倍か。
 いったいどれぐらいの人数なのか想像もつかないが、歩く度に人にぶつかりそうになるから、それぐらいいらっしゃるんだろう。
 市場にはそれぞれ違う明るい色のテント屋根が張ってあって、見ているだけで楽しくなる。でも、俺のような静かな村出身の者にはいささか明るすぎるかもしれない。
 目的の薬店で買い物をすませて、帰り道を急いでいると、街の外れ辺りで騒ぎが目に入った。
 声を聞いてみると、ケンカらしい。近寄ると、まばらな人々の真ん中で二人のオヤジがにらみ合っていた。

act.2

 オヤジの一人はゴロツキ風、もう一人はムキムキ男。二人ともにらみ合っていて動かない。
「やっちまえ!」
 野次馬の一人がそう叫んで、二人は殴りかかり合った。
 俺はとっさに買った薬の袋を後ろに捨てて、呪文を唱えた。オヤジ達の頭の上に巨大な青い鳥が現れて、「つーつくつ」と鳴いた。
 その間抜けな声と、見上げたオヤジ達の目に入った馬鹿馬鹿しい姿に、オヤジ達は唖然となった。
 ぱちぱちぱち……。
 後ろから拍手の音が聞こえた。
「いやー、面白いものを見せてもらったよ。君は魔術士か?」
 振り返ると、全身赤の女。赤い長い三つ編みに赤いワンピース。肌は小麦色だ。
「いいね。さっきの技、何?」
 猫の様な目をイキイキさせて、俺を見た。
「名前はない」
「ふうん。じゃあ、君の名前は?」
「……アルトン」
「気に入った! アルトン、近衛隊長に会わせてやるよ。君を雇われるかもしれない」

act.3

 石造りの一室。たくさんの兵士に囲まれている。その中央の前に座っている金髪の女性が冷たい目で俺を見た。隣に赤い女、ヤミルエというらしい、がご機嫌で立っている。
「……で、この男をどうしろと?」
「だからですね。雇っちゃったらどうかなーって」
「特技は魔術。私達は近衛兵なのだかな。魔術に長けた者も必要だが」
「さっきの術、もう一回やってみろよ」
「それはもういい! 頭痛がする」
「でもー……」
 俺の存在を無視して俺に関する話題が繰り広げられている。なんとも言えず、苦虫を噛み潰したような気持ちでやりとりを見ていた。
 そこにさらに女の声が加わった。
「でもでも、リンダ様、私達にも潤いが必要ですわ」
「潤い!?」
「あっと」
 声の主は小柄な、肩より少し下までのピンクのウェーブ髪の女性である。皆、鎧を身に着けている。
 リンダ様と呼ばれた近衛隊長は不機嫌そうでいて、どこか楽しそうな表情で首を振った。
「ダメだ」
「「えー」」
 二人の声が揃った。
「つーつくつ」
 俺はとっさに呪文を唱えた。
「つーつくつ」
 すぐに間抜けな声と間抜けな姿の青い鳥が近衛隊長の目の前に現れた。
「つーつくつ」
 青い鳥はもう一回鳴いた。
 近衛隊長は一瞬、目を見開いて、それからため息を吐いた。
「ふっ、まあ、いいだろう……我が隊に迎え入れよう。アルトン」
 そう笑うと、俺に片手を差し出してくれた。
 この人でも笑うことがあるんだな。
 そうして、俺は近衛隊の一員となった。これで当分食いっぱぐれは無しだな。

act.4

 案内された小さな部屋はホコリまみれだった。四角い石をつんだ壁と、薄い木の板でできた棚は一段が俺の手の大きさくらいの高さだ。棚は奥と左右の壁に作られていて、すべての壁に四段ずつある。つまり、天井もかなり低い。俺の身長で少しかがまなければいけないくらいだ。
 両手を伸ばせば棚にぶつかってしまいそうな石の部屋で、薬品の整理をするように言われた。そう言ったのはメーベという近衛兵で近衛隊の同室だ。ちなみに、俺の入っている部屋は四人部屋で同室はそのメーべとタグ、パッチという男達だ。
 メーべは黒い髪が肩より下まである暗そうな男なのだが話してみるとなかなか面白いやつだ。同室のタグは、あいつは怪しいから気をつけろ、なんて言っていたが、どう怪しいのだろうか?
「アルトン君、君は魔術士だろう? 奥の部屋に使われていない薬品たちが眠る倉庫がある。それを片付けてくれないか?」
「いいですけど……」
「もしも、君が気に入る薬品があったら持って行ってくれていいよ。ただ、面白いものがあるかなあ?」
「え、本当ですか? それじゃあ、やっちゃおうかなあ」
「本当かい? 頼むよ」
 なんて言われて来たんだが、なんなんだよこの部屋は……。狭いし、ホコリっぽいし、ろくな薬品がないぞ……。
 棚を左の一番下から見ているんだけれど、虫下し、解熱剤、消毒液、などなど。確かに近衛隊には必要な薬品ばっかりなんだろうけれど、俺の欲しい感じの物は無いなあ。
 それにしても、メーべの意味深長な口調は何だったんだ? まるで、すごいお宝があるみたいな口ぶりだったけれど。
 ううん。右の下から二段目も見終わろうとした時、木でできた扉が向こう側に開いた。助かった、こちら開きならぶつかるところだった。入ってきたのは……リンダ近衛隊長だった。
 近衛隊長は金の真っ直ぐな長い髪を少しだけ揺らして棚をぐるーっと見た。それから俺を見た。
 なんか、顔が赤いような……?
「なにをやっているんだ、君が?」
「ええと、薬品の整理です」
「ここは……私の場所なんだがな……」
「そ、そうなんですか! 僕は薬品を整理するように言われて。で、隊長の場所って?」
「場所と言ったら場所なんだ! 早く出ていけ!!」
「ええと……」
 隊長はずいっと顔を俺の目の前につきだした。
 うわっ、酒くせえ!!
「とにかく、出てってもらわなければ困る! そうしないと、退隊させるぞ」
「そう言われましても……」
「しろと言ったら、しろっ」
 俺は迫力におされて後ろの棚に手を置いた。棚の上の薬品がガラス製の音を立てた。
 ガチャン!!
 そのうちの一つが石の床に落ちて割れた。中に入っていたピンク色の薬品が小さな溜まりをつくった。液体は石と石の隙間を流れて隊長の足元までいった。
 なんだかほんわりする甘い香りがする。
「すみませんっ」
 慌てて薬品瓶のかけらを拾い、ラベルを読む。そこに書いていたのは、惚れ薬。
 恐る恐る隊長の顔を見ると、さっきまでとは違って上気している。いや、さっきまでも酔っ払っていらっしゃったのだから上気していたというべきなのだろうけれど、どちらかというと青ざめていたような……。
「あの……」
「アルトン……君は意外とハンサムだな……今まで気が付かなかった」
「意外とってどういう意味ですか……じゃなくって、しっかりして下さい、隊長!」

act.5

 隊長にムチャクチャされた後、一人取り残された狭い石の部屋を出た。
 幅の狭い廊下には誰もいない。真っ直ぐに中央まで戻る途中、角から誰かが現れた。ピンクのウェーブ髪。この方は。
「あら、あなた、ええと、アルトンよね……」
「ああ、パミイ様。こんばんは」
「どうしたの、こんなところで?」
「えっと、ちょっと用事で……」
「あ、そう」
「パミイ様こそどうされたんですか」
「ええと、それは……ここって、リンダ様ぐらいしか来られないのよね。それが人の気配がするから誰かなあって……」
「なんでまた?」
「ドキッ!!」
「ドキッ!? って何ですか?」
「あなた、なんだか不機嫌じゃない?」
「そうですか……僕はいつでもこんな感じですけれど……」
 そう言って、さっきまでの最低な事件を思い出した。
 惚れ薬をかいだ隊長はいきなり鎧を脱いだ、俺に抱きつくのか、と思ったら俺のローブを脱がせはじめた……。それはまだいい、惚れ薬のせいだと考えればわかる気もする。
 ところが、その後、隊長は俺の顔をなめはじめた。ペロペロというよりベロベロと……。どうにかなりながら懸命にたえていると、口……では無く鼻にガブリと噛みつかれた!
 そして、酒くささを残したままご機嫌で去って行かれた。
「あなた、鼻が赤くない? もしかして、風邪?」
 パミイ様が俺の顔に顔を少しだけ近付けた。さっきの事を思い出して、一歩下がりそうになった。
「うおっ、酒くせえ!!」
「ええ!」
「あなたもリンダ様のお仲間だったとはね……これは黙っといてあげるわ……」
「ちょっとっ」
「では、アデュー♪」
「誤解だってば!!」
 俺の声が、狭い廊下、パミイ様の背中にむなしく響いたのであった。
 壁の松明の炎がいっせいに揺れた気がしたのは気のせいか……?

つーつくつ(冒頭)

執筆の狙い

作者 久方ゆずる
150.31.134.121

前回の投稿で頂いたご感想をもとに感想欄で書いたものを再投稿します。
改変、追加等はありません。
失礼致しますが、よろしくお願い致します!

コメント

久方ゆずる
150.31.134.121

前投稿の『タイトル未定(冒頭)』との比較も教えて頂けると助かります。
感想欄にも続きがあります。

久方ゆずる
150.31.134.121

現在、二面にありま〜す。

底辺サラリーマン
223.218.110.173

アニメ化したら面白そうな内容でした。

親しみやすい文体だと思います。

久方ゆずる
150.31.134.121

底辺サラリーマン様

ありがとうございます!
アニメ化ですか……ニヤニヤしちゃいました。

親しみやすい文体とのお言葉、非常に嬉しいです。
またお願い致します。

大弥次郎
153.203.103.215

あ、こちらが本体でしたね。失礼しました。ぐぐったら「タイトル未定(冒頭)」が出てきてしまったので、ご容赦ください。

久方ゆずる
150.31.134.121

大弥次郎様

ありがとうございます!
コメント感謝いたします。

久方ゆずる
150.31.134.121

ちょっと色を変えて、新規投稿です。

久方ゆずる
150.31.134.121

 四回

 あなたが見る、世界
 わたしが見る、後悔
 あなたが知る、限界
 わたしが知る、一回


 四度

 海に行きました
 貝がらがたくさん落ちていた
 そんな海に
 星くずがたくさん落ちていた

 水の中にいるのは
 たくさんの光たち 
 紺色の夜空に浮かぶのは
 ひんやりとした


 おれは詩集を閉じた。青いハードカバーの表紙の薄い本。表紙には『御川 礼 詩集 第3集』と書かれている。小さくため息をついて、持っていたマグカップをテーブルに置いた。中のコーヒーが少し揺れた。湯気もたってない琥珀色を憎々しげに見た。


 山田 一二三(やまだ ひふみ)に初めて会わされたのは、今日のような寒い冬の昼だった。
 社員食堂のテーブルで、空気というあだ名の担当がおれに紹介した。
「御川(おんかわ)さん、はじめまして。山田と申します」
 それだけ言った一二三は小さく頭を下げて、おれにはにかんで見せた。
 彼を抱いたのは、その夕方だった。
 彼は言った。
「御川さんの詩を書かせて頂けるなんて光栄です!」
「そう。それは、どうも」
「御川さんの書かれる詩が大好きなんです!」
「へえ、それも誰が書いたかあやしいもんだけどね」
 おれは一二三を自宅に誘った。一二三は真っ直ぐなまさなざしで行きたいと言った。 
 ベッドに押し倒された一二三は、一瞬ためらったようだったが、すぐに目を閉じた。それがますますおれの被虐心を刺激した。


 次に一二三に会ったのは、二作目の詩集が出版された直後だった。
 彼は期待に満ちた目で、おれを見上げた。黒い重い前髪が目までのびている。大きな瞳。なにもかもがおれをイラつかせた。
「いい詩をありがとうね。今日はこれから何か予定ある?」
「いいえ」
「ふうん。じゃあ、おれんち来る?」
「え……よろしければ」
 車の中で彼は無言だった。おれは二、三言声をかけたが、ほとんど上の空のようだった。
 ベッドに座って、おれは言った。
「何か詩を詠んでよ」
「え、今ですか?」
「そう、即興で。できるでしょ」
 彼はうつむいて、言葉を紡ぎだした。

 白い部屋
 水をはります
 中の魚は
 
「溺れて死んだ」
 一二三はおれをにらんだ。おれは、目の前に立っている一二三の足もとに雑誌を投げた。
「読んでみろよ。褒めらるてるのはお前の詩ばっかりだ。水の中の魚は……」
「きっと死にません!」
 一二三はまっすぐなまなざしでおれを見た。
「それはそれは」
「御川さん……」
「もう来なくていい。お前の顔は見たくない」


 それから一二三が死んだと聞いた。風邪をこじらせたと聞いたが、本当かは知らない。
 それから、空気はおれに誰も会わせなくなった。それでも、詩集は出続けている。
 あれからおれが書いたのは、一編だけだ。


 白い部屋
 水をはります
 中の魚は
 小さな魚を食べます

 貝は海藻を
 クジラはイワシの大群を


(了)

久方ゆずる
150.31.134.121

共作です。


 家に帰ると母ちゃんが台所でキャベツ炒めを作っていた。僕は気づかれないように、階段を上がって自分の部屋のドアを閉めた。机の上にカバンを置いて、中から一枚の小さなわら半紙を出した。
『進路希望調査票』
 紙の上側にはそう書かれている。僕はそれを両手で遠くに離して眺めた。目を細めても、書かれている内容は変わらない。
「進路って言われてもなー」
 僕は中学3年生。もう、こんな時期になったんだな。人生で初めての受験だ。どうしよう。これは一大事だぞ。
 僕は名前の欄に「鈴山木色」とだけ書いた。偏差値表をながめる。


 わたしの通っている権沢中学校は、普通の公立中学校です。今は3年生で、受験シーズン真っ只中です。
 昨日、進路希望調査票が配られました。その時、一つ前の席の鈴山君が佐竹君に、
「もーダメ。僕は悩みのど真ん中だ!」
 と嘆いていたのを聞いて、うっかり吹き出しそうになっちゃった。
「鈴山君って、下の名前は何だっけ?」
 その日の帰り道に教理に聞いたら、
「なに、あんた、鈴山君のこと好きなの! 意外〜」
 と言われて、冷や汗が出ちゃいそうになっちゃった。


 進路希望調査票の名前欄だけを眺めていたら、30分経ってしまった。
 そろそろ、大好きな『戦隊ヒーローズ』の時間だ!
 僕は台所の隣のリビングに行って、テレビをつけた。隣から母ちゃんが、
「木色ー、テレビもいいけど、宿題は終わったの? もう受験生なんだから、勉強も熱心にしなさいよ!」
「はーい、ほんとにうるせえな。わかりました、これ見たらね」
「なにが『うるせえな』よ! 下品な言葉使っちゃって」
「へーい。お母様」
 その時、ケータイの着信音がした。見ると、教理からだ。
「意外だね。お前が電話してくるなんて」
 電話に出た僕は一番にそう言った。
「ちょっと、大ニュースをお伝えしようと思ってね」


 進路希望調査票をバッグに入れて緊張の登校をした。
 わたしはクラスの自分の席に座って、一時間目の授業の準備をしていた。前の席には鈴山君が一人で座っている。珍しいな。いつも佐竹君と一緒なのに。ケンカでもしたのかな? なんて、よけいなお世話ね。
 そう思っていると、その鈴山君が急にこちらを向いた。
「なあ、井戸。文通しない?」
 いきなりの発言に、目が点になった。
「は?」
「いや、だから、……わかるだろ?」
「ええ?」
「これ、今日の分、書いてきたから! はい」
「はい。……って、あ、ちょっと!」
 鈴山君はまた急に席を立って、教室の外へ走って行ってしまった。


 井戸に手紙を渡してしまった。教理が言うには、あいつ、おれに気があるらしい。
 そうかー、気がつかなかったな。
 それを聞いたおれは渾身の力で手紙を書いた。いや、描いた。
 必殺、絵手紙だ!
 大好きな少年漫画のキャラクターたちをたくさん描いた。全部の頭文字で手紙になっている。
 井戸には解けるかなぁ。
 そう思って、鼻歌をうたいながら風呂に入った。


 なに、これ……。
 鈴山君からの手紙を自分の部屋で開いたわたしは、机につっぷしそうになった。
 なんか、絵がたくさん描かれている。どうも、少年ジャンプのキャラクターらしい。お兄ちゃんに読ませてもらっているから、わかるんだけど……。
 それにしても、下手ね!
 なんか、笑っちゃった。
 帰るまでのドキドキはなんだったの?
 これは……NARUTOだし、これは、DEATH NOTEかな?
 わたしは渾身の力で赤ペンで修正をはじめた。
 ほんと、同い年の男の子って、ガキっぽい。お兄ちゃんとは……。


 井戸から手紙が返ってきた!
 ワクワクして、自分の部屋で開けた。
 これは……!!
 わー、赤ペンだらけ……。
 しかも、ええと、書き足されているのは、
『もう少し頑張ったら、付き合ったげる。』
 うーん、これは無いよなあ。
 ほんと、同い年の女って……。


(了)

久方ゆずる
150.31.134.121

 カリカリちゃん
(『ボッコちゃん』オマージュ)

 カリカリちゃんというロボットがいました。
 カリカリちゃんは、いつでも小さなお店にいました。お店は四角くて、白くて、頑丈でした。
 右側に鉄の扉があって、左側いっぱいに大きな窓がありました。窓は両側に内側に開いていて、その真ん中にカリカリちゃんが座っていました。

 カリカリちゃんはオカッパ頭でワンピースを着ています。花柄のワンピースがカリカリちゃんによく似合っています。
 一人の男性が今日もやってきました。
「カリカリちゃん、いい天気だね。ライター一つおくれ」
「はい」
 カリカリちゃんは中からライターを一つ取り出して、茶色い木の台に置きました。
「ありがとう。今日もいい天気だ。明日もいい天気になるよね」
「そうね」
「バイバイ」
 男性は手を振って、帰っていきました。

 次の日も男性はやってきました。
「カリカリちゃん、こんにちは」
「ええ」
「今日もライターを一つおくれ」
「はい」
「ありがとう。ところで、明日はいい天気かなぁ?」
「さあ」

 次の日、大雨でした。ものすごい雨が朝から降っています。町はビチョビチョでした。
 男性がカリカリちゃんのお店にやってきました。
「カリカリちゃん、大丈夫かい?」
「ええ」
「今日、町を一緒に出ないか?」
「いやよ」
「そんなこと言わずに!」
「いやよ」
「そうか……わかった」
 男性はいきなり鉄製の扉を蹴りました。
 三度蹴ると、扉がギーと開きました。
 男性が中に転がり込むと、男性はロボットに変わってしまいました。
 入れ替わりに、カリカリちゃんが外に出てきました。人間の姿になって。
「はー、久々に自由の身だわ。ありがとう、ブラウンさん」
 ブラウンさんはロボットのまま、
「いいえ」
 と言いました。

 (了)

久方ゆずる
150.31.134.121

 アルゴリズムと旧型ロボット

「博士、このごろ、ワタシの調子が悪いのです」
「ん? どうした……」
 博士は作業の手をとめて、ロボットを見上げました。それから立ち上がって、自分よりも少し背の高い旧型ロボットの顔の部分をまじまじと見つめました。
「調子が悪いとはどういう意味かね……」
「それが、新型ロボットとのコミュニケーションがとれないのです」
「例えば?」
「そうですね、例えば、Aさんがワタシに『明日、一緒に買い物に行こうよ』と言ってくれました。それで、ワタシは『いいよ』と答えました。しかし、次の日、Aさんは待ち合わせの場所に来てくれませんでした」
「ふむ」
「そして、Bさんがワタシに『お昼、一緒に食べよう』と言ってくれたので、ワタシは『遠慮します』と答えました。そうしたら、Bさんはワタシの悪口を言いふらしてしまいました。ドウシテデショウカ」
 博士は何も言わす、旧型ロボットを見つめます。
「ワタシはコンピューター言語が違うのではないかと思うのですが……」
「違うな」
 博士は作業に戻りました。
「アルゴリズムだ。お前と彼女らとでは処理方法が違うのだ。お前はどうしても旧型だからな。どうする? アルゴリズムをそっくり書き換えるか?」
「そうしたら、ワタシはドウナルノデスカ」
「きっと、違う結果になる」
 旧型ロボットは黙って、涙を流しました。
「おいで、オイルをさしてあげよう」

 (了)

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内