作家でごはん!鍛練場
ふみづき

マイクロ・ポテトチップス

 名字が小芋だったから、いや、私が公園でポテトチップスを食べていたからでしょう。私の幼少のあだ名は芋、あるいはポテチでした。芋女、なんて呼ぶ人もいたでしょうか。芋っぽいなんて言葉を知る年代ではなかったでしょうから、ただの偶然でしょう。大人になってからも芋ガールなんて呼ばれて、辟易していたものです。
 知っていますか、世間のセクハラというものは、身体に触れるだとか性的な発言をするとか、大々的に問題視されるものは、むしろほんの一部分にすぎないのです。むしろ本当のセクハラというものは、もっと息を吐くように行われるものです。「美味しそうな名前だね」がセクハラに当たるかは知りませんが、「でも君は美味しくなさそうだけどね」と続けることは立派なセクハラだと、そうは思いませんか。相手には一切の敵意もなく、悪意もなく、何か冗談のつもりだったのでしょうが。
 そう思うと、セクハラというものは小学生の名残だと、そう思います。ポテチなんて呼ばれるのも、セクハラをされるのも、似たようなものです。芋女も、今考えると相当なことを言われていて、どう呑み込めば良いのか分かりません。

 さて、そのように私の名前で遊ぶ人間しかいないものでしたが、あなただけは違いました。誰もが名字に注目して、それで大喜利でも始めようかという顔付きをする中で、あなただけは違いました。
あなたから私への第一声は、「小芋さんって何でも分かってるよね」だったこと、覚えているでしょうか。その通りです。こんなことを言っても、普通は信じませんし、あるいは驚くかもしれませんが、あなたはそうではないでしょう。きっと驚かないで、しかも本当だと信じてくれそうだから、こうして打ち明けているのかもしれません。
 私の脳にはマイクロ・チップが埋め込まれています。どういう仕組みなのか、私には分かりません。ただ、未来が見えるのです。隣を歩く園児が風船を手放して泣く未来や、トイレに入っていった父がペーパー切れに怒声を上げる未来。そうして仮想通貨の一時間後の取引価格まで、何もかもが見えています。

 それがどういう意味を持つか、賢いあなたなら分かってくれると思います。つまるところ、私は未来が見えないように動く必要があったのです。未来が見えるなんて言ってしまえば虚言癖の芋女としていじめの種になりますし、逆に未来が見えると証明してしまえば皆の玩具です。その噂は学校内に留まらないでしょう。やがてテレビの取材が来て、お茶の間の話題にされ、報道関係者にはあるいは疑惑の声が投げられ、リスク管理のために切り捨てられ、最後には政府の管理下に置かれるのでしょう。ああ、世界の玩具です。
 既に科学者の実験台ではある以上、これ以上遊ばれるのもごめんです。ああ、でも、実験そのものには私も興味があるんですよ。面白いのであなたにも話しましょう。彼らの実験の主眼は、「未来の見える人間がいつその事実を公言するか、その未来が見えるロボットに予測させる」というものです。なんとまあ、マッド・サイエンティストなのでしょう。彼らは金や世界を動かす力を持ちながら、ただ知的好奇心を満たすためだけに私を放流し、その後何が起きようと知ったことではないと言うのです。なんとまあ、マッド・サイエンティストでしょう。
 全二十六体の未来予測ロボットが、それぞれ別のアルゴリズムで計算したところ、どうもその公言日時は一致したとのことです。面白いでしょう? ちなみに、その計算結果は私には教えられていません。まあ教えられたところで、それを歪めるように動くつもりはありませんし、歪めようとしたところで、きっと何らかの形で公言する結果にはなることでしょう。彼女らの計算は、私ひとりの行動では覆らないでしょうから。

 こう書いていながらですが、私も人間なので、少なくとも人間でありたいという気持ちはあるので、未来が見えることで得をしたことはないとは言いません。テストではカンニングし放題でしたし、目の前で事故を起こさないままこの歳になりました。
 損をしたことを挙げるとするのなら、あなたの寿命が見えていたこと、それに対する葛藤で眠れなかったこと、ただその辺りでしょうか。あなたが突然に死ぬと知りながらも、それを伝える覚悟は、ついにこの時までありませんでした。死に怯えるあなたも、逆に死を受け入れて最期の時間を楽しむようなあなたも、見たくなかったのです。
 この手紙に書いたことはあなたと私だけの秘密です。棺桶にはこの手紙と、ポテトチップスでも添えようと思います。ポテトチップスは残念ながら棺から取り出されるようですが、この手紙はあなたの遺骨と共に、ちゃんと灰になってくれるそうですから。

 どうか、あなたの死後が安らかでありますように。

マイクロ・ポテトチップス

執筆の狙い

作者 ふみづき
39.111.86.148

お風呂で歌ってたら2000字降って来たのでそのまま書きました。

狙った点は特にありませんが、独白のみで構成されるものは初めてです。
表現したいものは、多分マイクロチップとポテトチップスを掛けて遊んだそのタイトルだと思います。

コメント

干し肉
126.108.82.79

 初めまして。拝読しました。
 お風呂で歌っていたらアイデアが湧いてきたので、特に狙いはないけれど言葉遊び的な感覚で適当に書いてみました、ということらしいです。

そりゃそうだろうなあという印象。
 
ミュージシャンが「自転車漕いでたら突然メロディが降りてきて」とか、小説家が「クルマ運転していたら急にストーリーが浮かんで」みたいなエピソードを時々言っていますが、この内容ではそんな“執筆の狙い”も自虐に映ります。素人がどれだ労力を費やしたとかは個人的にはどうでもいい。
 
くだらない余談はさておき。

>ただ、未来が見えるのです。隣を歩く園児が風船を手放して泣く未来や、トイレに入っていった父がペーパー切れに怒声を上げる未来。そうして仮想通貨の一時間後の取引価格まで、何もかもが見えています。

 なにもかもが見えているのであれば、一ヶ月後とか一年後あるいはもっと先の未来を予測できるとわかるエピソードを出してみるのもいいかも。もう少しスケールの大きいエピソードをちょろっと。

>彼らの実験の主眼は、「未来の見える人間がいつその事実を公言するか、その未来が見えるロボットに予測させる」というものです。なんとまあ、マッド・サイエンティストなのでしょう。

 あるいは皮肉で言ってるんでしょうかね。マッドサイエンティストでもなんでもなく、至極しょうもない。
 未来予測ロボットが存在している点もややこしいし、時代設定もよくわかりません。
 未来予測ロボットの未来、私の未来、この世界の未来とかまで簡単でもいいんで言及しておいた方が“あなた”の死が映えたかもしれません。例えばの話です。
 まあ、そんな肩肘張って読むものでもないとは思いましたが。

ふみづき
39.111.86.148

干し肉さま

はじめまして、ご感想ありがとうございます。
余談は冗談半分ですが、でも適当には書いてないです。


>もう少しスケールの大きいエピソードをちょろっと。

どこまで書くかは悩みましたが、多分、手紙で急にスケールの大きい話を持ち出されても困ると思います。
自分の未来も何もかも既に死んでしまった彼には関係なく、ただほんの思い出を「あなた」の死に添えたいだけの、ただそれだけの手紙ですから、目的から外れすぎるのもどうかと思ってコンパクトにしました。


>マッドサイエンティストでもなんでもなく、至極しょうもない。

私はマッドだと思いますよ。誰かに使われでもしたら世界が壊れるようなものを、自分の興味本位で世に出すんですから、相当だと思います。少なくとも私と、ついでに彼女もそうだと思っているんでしょう。


>未来予測ロボットが存在している点もややこしいし、時代設定もよくわかりません。

時代については確かに一切言及していませんが、特に要らないと思います。
で、人間に移植する前に機械実験が先に行われるのは当然ですから、同様の能力を持った機械が存在するのは必然だと思います。
 でもまあ、見直してみると非現実要素を一か所に詰め込み過ぎている気はしますね。その部分で読みづらさが生まれているのだと思います。


このサイトの利用は初めてですが、すぐにコメントがいただけてうれしいです。
本当にありがとうございました。

かろ
223.132.253.113

 読みました。
おもしろかったです。未来が見える状態は実際どうなのかはわかりませんし、なんとなく違和感感じつつですが、気持ちとかたどるとよかったです。告げないところというか。よかったです。
で、最後の一文もそれしか言えないよね、っていう切なさともどかしさというか。
題名も目立つし。よかったのですが、やっぱりもっと何かが欲しい気がしました。お話なのかもしれないし、表現なのかもしれないし。わかりません。すみません。最近感想書くのが悩んで、作者様の目的とか分からないので、鍛錬かもしれないし、自信作かもしれないし、実際僕が書いていいのだろうかなど。
うん、何も告げなかったのがとてもよかったです。

ふみづき
39.111.86.148

かろさま

どうもありがとうございます。
私の目的としては、作家でごはんというサイトがどんな雰囲気なのかちょっと知りたくて、丁度作品が完成したので乗り込んでみたというわけです(笑)

何かほしいの、分かります。私は一人称を書くとき、その本人として書いているのですが、もっと書きたいことはたくさんあるし、伝えたいことはあるし、でも書き切れないようなもどかしさに悩まされていました。

手紙って、割とそういうもどかしさがあるよなあと思って、手紙らしいけど、小説としては微妙なのかなあとも思って、独白文の難しさに頭を抱えています。

お褒め頂いて本当にうれしいです。ありがとうございました!

底辺サラリーマン
223.218.110.173

社会的なアイロニーが効いていると思いました。

藤光
106.133.167.52

読ませていただきました。

おもしろいですね。表現がいい。魅力的です。

>セクハラというものは、もっと息を吐くように行われるもの

という部分なんかは特にいい。

「未来が見える」ということを扱っているのもおもしろいのですが、短いということもあって筋立てがちょっと乱暴ですね。

冒頭から、未来が見えることを絡めつつ、思いついたことが本当にこの尺の小説に必要なのか、なにが肝心なことなのか、取捨選択していけばよかったように思います。

ありがとうございました。

ふみづき
39.111.86.148

底辺サラリーマンさま

どうもありがとうございます。

ふみづき
39.111.86.148

藤光さま

お褒めいただきありがとうございます。
取捨選択はそうですね。ラブレターの内容を考えるくらい、中々に難しいものだと思います。

こちらこそ、ありがとうございました。

二月の丘
219.100.84.36

「小芋」って名字だから、綽名が「芋」〜 なのは、当たり前すぎて、訴求力がないです。

女子の場合、名字が「小野」でも、平安顔?なら、高めの確率で綽名「芋」になりそうなんで、
そういうのの方が、【小説的には自然】。


そんでもって、序盤のセクハラ云々の下りは、ハナっから浮いてて、本筋の邪魔しかしてないんで、「無駄」だと思う。


マイクロチップだー、マッドサイエンティストの実験だーは、あってもいいんだろうけど、現状だと、ヘタにくどいもんで突っ込みどころになってしまってる。。

そういう、さらっと流してもいいところ(と、余計ごと)に、いやにたっぷりに行数裂いてて、
その一方で、「書いておくべき、必要事項がまったく書かれていない」んで、

不格好。


この手のハナシの手本(参考文献?)は、前にもここのサイトで書いたけど、アダムスの『銀河ヒッチハイクガイド』シリーズ。
この原稿の場合、5巻目だっけ? の冒頭に来ていた「実は“雨の王”であったとゆー、常に憂鬱なトラック運転手のエピ」なんかが、近い線だとゆー気がする。




「書いておくべき、必要事項」ってのは、
主人公の芋と、「あなた」の関係性。


ワタシはさくっと流し読んだんですけども、
そんでも、
ラストで「手紙が置かれている場所」で、

ちょっと考えてしまった。

1:作者が、「あなた」との関係性をしっかり設定して、明確に意図して書いた結果の、「手紙の場所」である。

2:何ーも考えんで、ただ漫然と書いた結果の、「手紙の場所」である。


どうもね、本文の感じだと、「2」だって気が強くしちゃって。。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内