作家でごはん!鍛練場
小次郎

火の鳥の会

 火の鳥の会に入信したのは、人を幸せにできると思ったからだ。病気の人に、この宗教をやると必ず治ると説く事で元気づけられるという教義が深く私の心を捉えていた。僕はガンで余命三年ぐらいしか生きられない、そう友人から聞かされて、火の鳥の会を信心する事で病気は必ず治るよと説いた。覇気がなかった友人の表情が瞬く間に明るくなった。嬉しくなった私は毎日祈るんだよと友人に言った。
 もちろんの所、祈ったぐらいで病気が回復しない事を私は知っていた。でも、必ず治るからと説く事で少ないながら人を元気づけられるのだ。その少ないながらに該当する友人を幸運だと思った。結局、友人は死んでしまった。しかしながら、最後まで病気が必ず治ると信じ精神的に元気でいてくれたのは幸いだと思った。友人の葬儀に行った時、友人の恋人だったという尚美さんに話したい事があると言われた。葬儀が終わった後、私達はお互いの車で尚美さんの家に向かった。
 尚美さんは玄関の鍵を閉めて、私を居間に案内した。
「あなたを許さない」
 私は耳を疑った。彼女に恨まれるような事は何もしていなかったからだ。
「えっ?」
 真意を確かめたくて、聞き返した。
「あなたが火の鳥の会とやらに勧誘したから、勧誘したから、宏樹は祈ってばかりで私と一緒にいられた時間が少なくなったのよ」
「それはすまなかったけど、最後まで病気が治ると信じていたから精神的には元気でいてくれた」
「私は宏樹ともっと一緒にいたかったの」
 尚美さんはバッグから何かを取り出した。その何かをよく見る。刃が開かれ、何かはバタフライナイフだと分かった。
「やめろ、馬鹿なまねはよせ」
「ずっと我慢してたけど、もう耐えられないの。宏樹ともっと思い出が作れたら、私はそれを糧にして生きていけた」
バタフライナイフの刃が彼女の腹部に向けられた。
「やめろ、やめるんだ」
 刃が彼女の腹部に吸い込まれ、血が溢れた。私は火の鳥の会を信心させたら、人を幸せにできると思っていた。でも、尚美さんを不幸にしてしまったのだ。

火の鳥の会

執筆の狙い

作者 小次郎
118.3.8.100

ご意見、ご指摘、ご感想よろしくお願いします。友人にこの作品読んでもらったところもうひとひねり欲しいところだなと言われたんですが、どうしたらいいのか分かりません。尚、基本的に返信は遅れてしまいます。

コメント

月天心
219.100.84.36

その すこぶる出来た、奇特なご友人に 感謝しよう。

匿名
126.209.38.128

  
 捻りモアモア必要
 背景設定甘甘
 女心理不勉強
 自死可選択不可
 腹刺×
 心臓喉○

夜の雨
60.42.120.4

「火の鳥の会」の教義ですが、「病気の人に、この宗教をやると必ず治ると説く事で元気づけられる」そもそも、この教義がおかしいですね。
癌で治らないのだったら、「治らない」という前提で「残りの日々をいかに平安な心で人生を送るか」という教義を行う必要があると思います。
人間を含め、生き物には寿命がありますしね、「火の鳥の会」の教義だと「人間は死なない」ということになります。

尚美が「宏樹が一緒にいられた時間が少なくなった」という、自殺する原因(起承転結の「転」の部分)が御作の構成でいきなり出てきます。

すなわち御作の構成は「状況説明のあといきなり「転」(簡単なエピソード)になっています」。
だから、御作は小説ではないということになります。
では、何かというと、「お話ということ」ですかね。

御作を小説にするには「起承転結(物語の構成)」これらのひとつひとつにエピソードを書き込む必要があります。

「起、承、承、承、承、承、承、承、承、承、承、承、承、承、承、承、承、転、転、結(物語の構成)」

この中には「起」が1「承」が16「転」が2「結」が1のそれぞれのエピソードがあります。
1つのエピソードに原稿用紙5枚書いたとしたら20のエピソードがあるので原稿用紙100枚ということになります。

もちろん上はわかりやすく書いたのであって、ひとつひとつのエピソードの枚数やエピソードの数は、小説を書く上の個性で様々なやり方があると思います。
――――――――――――――――――――――――――――

御作は宗教のあるべき問題の一つ(世界各地には煩悩の数だけ宗教があると思います)を描いていると思いますので、上のように構成を考えて話を膨らますと、深くも面白くもなるともいます。


ちなみに作者さんの友人がおっしゃっている「友人にこの作品読んでもらったところもうひとひねり欲しいところだなと言われたんですが」これだと「ショートショート」の創りということになりますね。

ショートショートのオチをどうするかと言うと、ラストに尚美が「あなたそれでも火の鳥の会の信者なの? 火の鳥の会って、その程度の宗教なの? 私は世界〇○教の信者なのよ。生きているうちに楽しい時間が取れなかったから、私は黄泉の世界で宏樹と一緒になり、永遠の時間を幸せに暮らすわ」(だから死ぬ、という意味)そういって、幸せそうに笑った。

こう書くと、同じ宗教でも相反する教理が描かれます。
どちらも問題はありますけれどね。
それがオチです。


以上。

偏差値45
219.182.80.182

無駄に読ませる文が無くていいね。
良かれ、と思っていたことが、結果的に悪くなる。
そんなことはありますね。
宗教とはだいたいそんなもの。自己満足なのです。
とはいえ「困った時の神頼み」も理解できますね。
アニメのヒーローは頼みもしないのに助けてくれるのに、
案外、神様とはセコイのですよ。

阿南沙希
126.209.4.249

読ませていただきました。状況は伝わるし、実際ある話だと思いますが、描写と展開が圧倒的に薄いのでもっと詳しく書いた方がいいです。

特にこういうネタの書きどころは、いかにして会員に引っ張り込むか、の過程なので、しっかり書いた方がいいです。
ちなみに、某しくじり先生で辺見まりさんがご自身で述べていた洗脳スキームは、「安心→驚き→嫉妬→洗脳」でした。ちょっと調べてみるとこれ書いた方がいいと思うかもしれません。

また、結局自分勝手な人どうしのいざこざを見せられて終わった感があります。
これはこれでいいですが、こういうのが真の闇なので、どうせ書くならもう少し闇は濃くて良いです。友人の命を踏み台にしている自覚がありながら、自分本位である自覚はなく、お互いを罵倒しあう…など、修羅場があったほうがリアルでは。
恐怖を感じるくらいやっていただけたら、と思います。(何かの皮肉ではありません)
結局一番怖いのは生きている人間。宗教を一概に否定する気はありませんが、そのいざこざについてはそんな風に感じますので…。

コンタドール
126.209.213.23

簡素な文章はいいですし、変に難解な言葉を使わないのはむしろ物書きにとって大切なことだとは思いますが、圧倒的に勉強不足感が否めません。この文章は「たぶん誰でも書ける」程度の範疇です。宗教のことでもいいですし、心理学でもいいです。資料を読むなど、できる限りの勉強(極めろ、という意味ではなく)をしてから書くことをオススメします。

あと、単純に文章力がありません。へたくそです。
下に例を記載します。

(原文)
僕はガンで余命三年ぐらいしか生きられない、そう友人から聞かされて、

これだと、語り部がガンなのか、友人がガンなのかいまいちわかりません。まあ後の文を読めば友人がガンだということはわかりますが、あまりにも読者に不親切な、わかりにくい文です。

せめて。

「僕はガンで余命三年ぐらいしか生きられない」と、友人から聞かされて、

ぐらいには読者に読みやすいものにするという、工夫をしてください。



物書きにとって基本的な文章力、描写力、いろいろ不足しています。

まずはあなたはもっとたくさん本を読むべきです。そこから出直してください。

うぇるべっく
126.35.219.41

逆に聞きたいのですが、この文章において「推薦する理由」ってありますか? 少なくともわたしには思いつきません。

これを書いた人へ、これの見所を教えてください。

ちょっとこれは
106.180.45.114

作品に出てくる人々は何歳ですか?
本屋に行って、適当に選んでページめくれば、何歳だと書いてなくても、わかるように出来てます。お試しを。

小次郎
118.3.8.100

月天心様

ありがとうございます。

はい、友人並びに読んでいただいた全ての方に感謝します。

小次郎
118.3.8.100

匿名様

ありがとうございます。

まだまだだったですね。次回、もっと頑張ります。

小次郎
118.3.8.100

夜の雨様

ありがとうございます。

>そもそも、この教義がおかしいですね。

実際ある宗教団体の人に、この教義教えられて私もおかしいなと感じこの作品を書きました。不治の病の人を一時期的に元気にできても、病気は悪化するでしょうし、そうなったら元気またなくなるし、宗教に時間を使う事で家族や友人とのお別れする時間が減ります。そういう事を考えるべきだと思うんです。

>1つのエピソードに原稿用紙5枚書いたとしたら20のエピソードがあるので原稿用紙100枚ということになります。

ある程度の枚数書きたいんですが、私の能力では難しいですね。

>ちなみに作者さんの友人がおっしゃっている「友人にこの作品読んでもらったところもうひとひねり欲しいところだなと言われたんですが」これだと「ショートショート」の創りということになりますね。

ショートショートのオチをどうするかと言うと、ラストに尚美が「あなたそれでも火の鳥の会の信者なの? 火の鳥の会って、その程度の宗教なの? 私は世界〇○教の信者なのよ。生きているうちに楽しい時間が取れなかったから、私は黄泉の世界で宏樹と一緒になり、永遠の時間を幸せに暮らすわ」(だから死ぬ、という意味)そういって、幸せそうに笑った。

ショートショートのつもりで書きました。なるほど、夜の雨様のオチの方が私が考えたラストより優れていますね。大変勉強になります。オチは書くのが難しいんですが、頑張ります。

小次郎
118.3.8.100

阿南沙希様

ありがとうございます。

>読ませていただきました。状況は伝わるし、実際ある話だと思いますが、描写と展開が圧倒的に薄いのでもっと詳しく書いた方がいいです。

書き込みが足りていませんでしたか。まだまだだったです。

>某しくじり先生で辺見まりさんがご自身で述べていた洗脳スキームは、某しくじり先生で辺見まりさんがご自身で述べていた洗脳スキームは、「安心→驚き→嫉妬→洗脳」でした。ちょっと調べてみるとこれ書いた方がいいと思うかもしれません。でした。ちょっと調べてみるとこれ書いた方がいいと思うかもしれません。

ユーチューブで辺見まりさんが洗脳された過程を見ました。「安心→驚き→嫉妬→洗脳」これについて解説されているものは見つけられませんでしたが、それでも怖さを感じました。

>どうせ書くならもう少し闇は濃くて良いです。友人の命を踏み台にしている自覚がありながら、自分本位である自覚はなく、お互いを罵倒しあう…など、修羅場があったほうがリアルでは。

参考にさせていただきますね。もっと自分本位に描いた方がよかったですね。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内