作家でごはん!鍛練場
あした

父娘の憎悪

父親と娘の仲が険悪なのはありふれた話だろうか。娘が誕生してから大学進学に伴う下宿を始めるまでの18年間、共に一つの住まいの中で眠り、同じ食卓で朝晩欠かさず共に飯を食った間柄であるが、この父と娘の間には何物にも埋められない溝があった。
年頃になって娘が父親を「汚い」「洗濯物を分けろ」と罵り差別心を隠しもしない現象を聞いた事は無いだろうか。しかし実際にその娘が存在するとして、彼女が思春期の娘像として普遍的に語られる事には疑問である。この娘は父親に生理的な嫌悪を持たず、衛生面での批判をするなど思い付きもしなかった。寧ろ見栄えに関しては恥ずかしく無い父親である事を密かに頼もしく思っていた。
この娘の心理は母親と母親に似ている自分自身の容貌が心許無かった事が原因である。中高と母親が学校に訪れる事はこの娘にとって脅威であり耐え難かったが、父親が顔を出すことには何の不満も無かったどころか誇らしく内心とても嬉しがった。背丈は180を越え、教室の扉をくぐり抜けて現れる父親を見た同級生が「かっこいい」と呟いた記憶を自分が褒められたかのように大事な思い出として生涯心にしまっていた。
しかし、この娘は父親を心底憎んでいたばかりで無く、一度は殺害を計画する程まで恨みを蓄積させていた。これは容貌への信頼だけでは埋められる問題では無かった。その募らせた憎悪の根本は父と娘の間でしばしば会話が滞る事であった。

父娘の憎悪

執筆の狙い

作者 あした
126.151.65.70

父と娘の確執を主題で創作しています。親子関係は最も濃密な人間模様が表れる為、問題を抱えている人の共感を得やすいのではないかと思って書いています。導入部分のみですが、表現方法や続きへの関心を引けているか批評お願いします。

コメント

愛にすべてを
210.172.201.86

拝読しました。

あしたさんのために、自分のことは置いといて、好き勝手書きますね。

>続きへの関心を引けているか批評お願いします。
まず、質問です。まず、第一文(父親と娘の仲が険悪なのはありふれた話だろうか。)は、読者を引き付けるためにどのような工夫をされましたか?その工夫の効果(有効性)は置いておいて、それを自信もって言えるならば、いいと思います(上から目線で恐縮ですが・・・・・・)

では、私が受けた印象はどうなのか?
私としては、第一文は抽象的過ぎて少しとっつきづらかったです。
書店で手にした本ならば、それだけで読むのをやめていたかもしれません。

>しかし、この娘は父親を心底憎んでいたばかりで無く、一度は殺害を計画する程まで恨みを蓄積させていた。これは容貌への 信頼だけでは埋められる問題では無かった。その募らせた憎悪の根本は父と娘の間でしばしば会話が滞る事であった。
この記述により、続きが気になります。したがって、第一文から親子の仲の良さがわかる書き方をすると、ぐいぐい引き込まれるかと。あくまで一例ですし、個人の感想です。

続き、読んでみたいですよ。ぜひ書いてくださいね。

藤光
119.104.16.103

読ませていただきました。

まず最初の印象は「硬い」です。
タイトルと文章も硬くてとっつきにくい。この文章を前にすると、ちょっとたじろぎますね。

内容では、なぜ娘が父親を憎んでいるのか、これだけではさっぱりわかりません。一般には、会話が滞るくらいで憎悪が生まれるとは思えません。

もうちょっと読んでみたいというのが感想です。

あした
126.151.65.70

愛にすべてをさん
ご意見ありがとうございます。
第一文は、父娘の不仲をどこにでもありふれた大した問題では無い物だと考える読者を想定し、後の文章でそれを否定していく事を示唆する狙いです。落語のマクラのイメージです。
「第一文は抽象的過ぎて少しとっつきづらい」と言う事で、映像が浮かぶような具体的な描写の方が関心を引くということでしょうか。例えば父親と娘が食事をしている場面をいきなり持ってくる等。

「この記述により、続きが気になります。したがって、第一文から親子の仲の良さがわかる書き方をすると、ぐいぐい引き込まれるかと。」正に、「しかし〜」の文の意外性で関心を引こうと考えたので、それならば仲の良さを描いた方が対比になりますね。ありがとうございます。

アフリカ
49.96.29.134

拝読しました

短いので一応全部読んだのですが……

父と娘の確執が主題なんですよね……

うーーんー

これって映画で言う冒頭のシーンというよりは、オープニング。ある街のある商店街。少し離れたところから観ているカメラがシルエットだけの演者に寄ります…ってところで終了していて何が何だかさっぱり……って感じです。
そしてそのカメラもなかなかに具合が悪いらしくて画像が荒い……

ん~

もう少しだけ練ってから書き始めた方が良かっのかな?と感じました。
ありがとうございました

ダティトワ
218.226.126.103

家族、特に親子には闇が必ずあるって、知り合いのワナビが言っていたのを思い出します。
僕はそのときにはそうとは限らないだろうと考えていたんですけど、自分自身でも表に出さずに抱え込んでいた闇の部分を強烈に感じてしまったのがつい最近のことです。

さて御作ですが、導入部分だとしてこの先もこの客観的(を装った突き放した?)な書き方を通していかれるなら、かなり大変そうな予感がしますけど大丈夫ですか?
技術的うんぬんはしばらく創作から離れていたので考えないでそう感じたことを伝えました。
たぶん男の方だと察するのですが、やはり父親目線で娘のブラックボックスの中身が少しずつ明らかになっていく方が書きやすいと言うか向いてそうだとも思えました。

では。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内