作家でごはん!鍛練場
田中

人間模様(プロット相談)

タイトル:人間模様



主人公:魚住健一郎
職業:大学3年生
六大学の京浜大学に所属、将来の夢はスポーツライターになる事。
真面目な人生を歩んできて周囲には真面目の塊と言われている。
だが、彼女と出会った瞬間に人生が大きく変わる。
長所:後輩の面倒見が良い
短所:目立つ事を嫌うのが短所でもある
趣味:野球
A-101号室


大学の友達:崎沢薫
職業:大学3年生
六大学の京浜大学に所属、将来の夢は小説家である。
文芸サークルに所属をしている。
地道に努力を続ける事が出来る人間である。
経済新聞の記事を毎日スクラッチしている。ノートにもメモをする事が習慣づいている。
球一のスキャンダルを狙う恵理に、付き合う事となる。
健一郎とは同じ大学の講義で出会った。一番の友人である。
長所:地味に努力ができる
短所:ファッションには無頓着



ヒロイン:渡辺恵理
職業:社会人
京浜大学出身で仕事の為の上京をしてきた。
主人公に財布を落としたところを、助けて貰い交流を始める。
一人暮らしの主人公の事を何かときにかける。
主人公との出会いは近所のスーパーである。実は強引な性格が元で
左遷の対象となっている。中央新聞記者。社会部からスポーツ部に飛ばされてしまっている。
東京メッツの選手のスキャンダルが取れれば、本コースに戻すと専務から言われている。
長所;男勝りな性格
短所;目立つ事が大好きで、強引な性格でもある。
趣味:カフェ巡り
A-102号室

登場人物:山本球一(34)
職業:プロ野球選手

京浜附属高校出身のプロ野球選手であり、FAで移籍をしてきた東京メッツの四番打者。
素行が悪く、スキャンダルが多いが実力はピカイチ。遊び人であることから独身である。
ある日、健一郎の住むマンションに引っ越してきた。
恵理が担当記者である。

長所:神経が太い、面倒見が良い
短所:全てにおいて雑、金遣いが荒い
趣味:パチンコ


田丸
職業:大学3年生
健一郎と同じゼミ仲間Aといったところ。
将来は俳優になりたく、大学のある映画研究会に所属をしている。
バイトでしっかりと稼いでいる。
特技はセリフを覚える事である。また、芸能事務所からスカウトが来るくらいの
イケメンでファッションにはうるさく、健一郎の無頓着さには、やきもきしている。
アパレル系でバイトをしている。
彼女持ちで、彼女いない歴=年齢の健一郎を心配している。
知り合いのバイト先を健一郎に照会したのも田丸であった。
趣味:映画研究
長所:友人思い
短所:一つの事に情報が偏っている



①スーパーで財布を落とした恵理と財布を拾ってあげた健一郎が出会う。
この時はまさか隣の部屋だとは思いもよらない。
大学の講義で、薫食事会にを誘う。
薫からどうやって知り合ったか、学食で御飯を食べている時に利かれる。
やはり気になっていた様子。



 今日は大学の講義を微熱で休み、家路についていた。
 いつもと違う順番で、スーパーに着ている為、ちょうど買い物客でごった返す時間でスーパーにきている。
 社会人風の女性とぶつかってしまい、相手が財布を落とした為に慌てて拾ってあげて「ごめんなさい」と告げる。
 相手の女性は怪訝そうな表情をしながらも受け取る。
 無言でその場を去っていった。
 晩御飯の材料に使うものを購入して、家のドアまでやってきた。
 お隣さんも同時に帰宅をしてきたところである。
 あれ? 隣は最近、空き部屋になった筈……。
 また、引っ越してきたのかな。
 

「こんばんは」
「こんば……ああ、先ほどの」

 礼儀正しく挨拶をしようと思い口を利いたらスーパーでぶつかった先ほどの社会人風の女性である事が分かった。
 パンツスーツに身をつつみ仕事帰りという具合の女性である。 

「先程は失礼しました」
「ん? 私達、今が初対面だけれども」

 何と、ぶつかった方が覚えておいてぶつかられた方が出遭いを覚えていない。
 まあ、確かにあんくらいじゃあ余程、大金が入っていない限り覚えていない事もあるだろう。

「い、いえ。人違いの様子です」
「貴方って引っ越してきた人には必ず声かけるの?」
「いいえ、隣の方とはお付き合いしていたんで、次はどんな人が越してくるのかな? と思いまして」
「へぇーそうなんですか? 貴方、学生?」
「はい。京浜大学に通っています」
「え? 本当に? 私も京浜大学のOGよ」
「本当ですか!?」
「今度、ゆっくりお茶でもしましょうか?」
「え? 良いんですか? ごちそうになります」
「うん。じゃあ、待ってる」

 最後は自分の方が年上だと分かったので、タメ語になっていた。
 部屋に入る時に表札を確認したら、渡辺と書いていた。渡辺何さんなのだろうと気になった。
 先日までは違う主が住んでいて、お世話になっていて出て行った途端寂しい思いをしたが、また、隣人が
できて嬉しくなった。

 翌日、大学の政治の講義で薫とは会った。
 くだらない事をだべっているとついに、食事会に誘う話になった。

「お隣さんが引っ越してきたんだけれども、食事会に来ないか?」
「食事会? あなたの隣の?」
「うん」
「えー。止めてよ。私が人間関係苦手なの知っているでしょ?」
「けれども、田口さんの時は来たじゃない?」
「あれは半ば強引にね」

 薫は呆れた表情で言い残すと、抗議に集中しはじめた。
 逃げたな。いつもはどうでもいい事で話しかけてくる癖に、自分に興味のない事で話しかけられるとすぐに逃げる。
 この授業は実際、薫が勉強をしたいテーマなのでこれ以上話しかけられたくないというのもうなずけるが、絶対にそうではないと
以前から確信している。
 薫の消しゴムを拾い話す関係になったのである。
 昨日の渡辺さんにしろ、女性との接点は物を拾う事で始まる事が多いなと思った。
 授業も終わり、今日は2限目からなので相当気が楽だなと思った。
 1限目からの講義の日は、昼前には既に眠たく、午後はすごい最悪なコンディションであるのだ。

②内科により、最後のチェックをして貰う。熱は完全に治っている。
スーパーに買い物をしに出掛けたら、渡辺さんと一緒になった。
今度の食事会に出す材料を買っているとの事。もう直ぐ就活が始まるという話題になる。
中央新聞に入社した時の事などを教えて貰った。
夜は薬で眠たくなったので、早めの就寝を迎えた。

③昼休、渡辺さんの話題になる。(中庭)
田丸が嬉しくて我が事のように喜ぶ。

「----しかし、こいつにも気になる女性が出来たか」
「そんなんじゃないってば。ただ田口さんの次がどんな人になるか気になっただけよ」
「本当にそれだけか?」

人間模様(プロット相談)

執筆の狙い

作者 田中
219.117.13.241

プロット相談

コメント

田中
219.117.13.241

構想の途中ですが、どういう風に話を組み立てていければ
面白くなるかの相談です。

ショナ
106.184.21.226

えっとー…、プロット相談って、まずプロット自体が途中って…、と思うのですが、まあ、どういうふうにって、ことなので、とりあえず。

まず登場人物は重要度が高い順に書き出します。
主人公
副主人公
というように。
なので主人公の次に来るのがヒロインではなかろうかと思われますけど。

一応、恋愛ものなんでしょう?

まずテーマとして。
彼女いない歴イコール年齢の主人公が恋愛を通して一人前の大人になる物語。
(「ローマの休日」という映画はご存知でしょうか。あれはローマでの一夜を通して少女が大人の女性になる物語、なんですよ。なのであれの青年版を考えてみました)

ヒロインとの出合い方に一工夫。
財布を拾ってあげるのではなく、例えばスーパーで品物を見繕って歩いている時に互いによそ見をしていてぶつかってしまう。その拍子にヒロインは財布を落とすがそれに気づかない。
レジで財布の紛失に気づき、早とちりで「あの時、盗られた!?」と勘違いし、主人公を探し猛然と抗議。
主人公は慌てながらも誤解を解こうとする、警備員がやってくる、などのひと波乱を起こさせます。

恋に落ちる二人の最初の出会いは最悪で。
というのがお約束です(笑)。

あとは絡め手にもってくるのは野球のスキャンダルですかね。
ヒロインがそれを暴くわけですが、そのスキャンダルに主人公も当然、巻き込まれるようにします。

ここで野球というスポーツの、実は暗部も描き出すようすると単なる恋愛小説だけじゃないんだよーんと作ることが出来るかと思います。重厚感を持たせるなら、何でもかんでも実は記事にすることが出来ないと言う記者の悲哀もまぜると良いかと思います。バイアスがあるのよ~な世界ですよね、実は(笑)。
なので当然、主人公はこの中央新聞にバイトで入ります。そういう大人社会の汚れた部分も垣間見ることが出来るようにすると良いかと。



そんな感じでどうでしょう。

夜の雨
60.42.120.4

登場人物とプロットの基本部分を読むとエンタメですね。

●以下のように組み立てれば形になります。

――――――――――――――――――――――――――――――
「主人公:魚住健一郎」が財布を拾った「お隣の渡辺さん(ヒロイン:渡辺恵理)」とお食事会をすることになり「大学の友達:崎沢薫(女性)」も呼ぶ。

崎沢薫は嫌がっていたが、渡辺恵理が新聞記者ということを知り、自分の将来(文筆、経済新聞スクラップ)と関係があるかもと思い、参加することになる。

田丸も「主人公:魚住健一郎」のことが気になり、参加する。

―――――――――――――――――

「お食事会」で、3人の大学生とわきあいあいと話をしているが、渡辺恵理は「崎沢薫」を利用することを思いつく。
「東京メッツの選手のスキャンダルが取れれば、本コース(社会部)に戻すと専務から言われている。」
山本球一(34)のスキャンダルを「崎沢薫」を利用して作ることを思いついた。
渡辺恵理は「崎沢薫」に、山本球一に取材をするので付き合わないかと誘う。小説のネタになる云々。

渡辺恵理が「魚住健一郎と崎沢薫」に、あなたたちは、恋人同士なのかと尋ねるので、「違う」というと、それじゃあ、気にすることはないという発想になる。
このあたりが渡辺恵理のデリカシーのない男勝の強引な性格が出ている。

●渡辺恵理にとって魚住健一郎は弟のような扱い。男として見ていない。

「魚住健一郎は将来の夢はスポーツライターになる事」なので、渡辺恵理に頼んで山本球一の取材についていくことになる。
こうして「魚住健一郎と崎沢薫」は渡辺恵理が設定した山本球一の取材についていくことになる。
山本球一はスキャンダルが多いキャラクターで、「短いスカートをはいてきた女子大生の崎沢薫をつまみ食いしょうと虎視眈々」。

もちろん「崎沢薫」に短いスカートをはかせたのは渡辺恵理の作戦である。
「あなた地味な服装をしているわね、そんな服装じゃあ、山本球一(男)は心を許さないわよ。私が取材費で落とすから、可愛い洋服を買いなさいよ」と、買い物まで付き合う。

渡辺恵理は山本球一と女子大生のスキャンダルを記事にしょうと狙っている。
それに気が付いた魚住健一郎が邪魔をしようとするが、渡辺恵理が強引に展開を進める。(バーでアルコール等)。大人の駆け引き。
魚住健一郎には、スポーツライターになりたいのでしょう、だったら、山本球一を利用しなさいよというような具合。

山本球一と女子大生のスキャンダルが記事になり、渡辺恵理は社会部記者に復帰の可能性が出てきてご機嫌。
魚住健一郎も渡辺恵理に「中央新聞」スポーツ部編集長に紹介されて、スポーツライターになれる道が開ける。

●崎沢薫は渡辺恵理に利用されて山本球一に貞操を奪われ精神的にショックを受けて大学に出てこない。

田丸が心配して魚住健一郎に声を掛けて、崎沢薫に魚住健一郎が逢いに行く。
魚住健一郎は崎沢薫の心の傷に、彼女を立ち直らせるのは「大人の女性である渡辺恵理が真に謝罪することだと悟る」。
渡辺恵理が謝罪しないことには彼女の心の傷が癒えない(人に対して、不信感が募る。それでは真の小説家にはなれない)ということになり、魚住健一郎と渡辺恵理が一緒に謝りに行くことになる。
崎沢薫に向かって渡辺恵理が不謹慎なことを言って魚住健一郎に殴られる。
●これで渡辺恵理が魚住健一郎を男として見るようになる。
崎沢薫は立ち直るきっかけが出来ました。

そのあと、崎沢薫には田丸が電話などをして恋人同士になる展開。

渡辺恵理と魚住健一郎は隣同士なので、彼女が魚住健一郎を男として見るようになったので、その後、恋人同士になる。


終了。

山本球一は健一郎の住むマンションに引っ越してきません。
東京メッツの四番打者で稼ぎがよい(年収何億円)のに、一般人が住むマンションにはやってこないでしょう。


以上です。

コンタドール
126.209.202.177

ひとつ言えるのは、「プロット通りに書く」こと、というのはとても難しいということです。
あなたが今回投稿された文章を読んでみても、正直「建てたプロットそのままに書く」実力があるとは到底思えません。まずはショートショートなどで、プロット建てなどせずに、自分の文章力を磨いてはいかがでしょうか。

センス、ないですよ。ご自覚ください。

アフリカ
111.168.149.87

あ……

プロットは相談して誰かのアイデアを頂きながら決めてもなーんの役にも立たないと思うのでアカンと思うのでした。
とりあえず自分の案を全部出してからの相談かと……

田中
219.117.13.241

ショナさん>
コメントありがとうございます。
ローマの休日は見た事がないのですがアドバイスありがとうございます。
エンタメの恋愛ものですね。
ブログ小説なので連載ものであり、今回が完成形ではないという事を報告させていただきます。
夜の雨さん>
こんな作品に丁寧に書いて下さり、ありがとございます。
考えている事は類似している為今後の作業が捗りやすいなと思いました。
薫がショックを受ける内容までは思いつかなかったのでさすがだなと思いました。

コンタドールさん、アフリカさん>
おっしゃる通りだと思います。
センスないのはここ以外で書いていても自覚していますので、ご心配なさらずに。
プロットはあくまでも目安図なので誰が書こうが変わってしまうものだと
思います。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内