作家でごはん!鍛練場

『さやま』

アルゴンAr著

高校生です。初めて投稿しました。
もっと文を上手く書けるようになりたいので、悪い点は指摘して頂けると嬉しいです。改善策も教えてくれると嬉しいです。

2時間目が終わり、少し長い休憩に入った。今日はまだ係決めしかしていないが、最近ずっとクーラーにのついた部屋にいたせいだろう、すでに疲れはピークにきている。教室の男子はほとんどがドッヂボールをするための準備をしている。ぼくは球技が得意でないので、おとなしく図書館で借りた本を開く。
「おい。たくとー」
席の後ろから聞きなれた声が近づいてきた。健君だ、多分草太と悠貴も一緒だろう。
「おーい。もしもーし」
「聞こえてるよ、何度もいわないでも」
「じゃあ返事くらいしろよ」
僕が本から顔を上げると、すでに机の横に3人は立っていた。
「このまえ、お前がいなかった時に3人で考えたんだけどさ。ここの4人と佐山とで探検いかない?」
『佐山』
遊びの提案に僕の話したことのない佐山くんがでてきて少し疑問を持った。
「探検に行くのはいいけどさ、なんで佐山も連れてくの?」
「だって宇宙人だから! 」
周りより背の低い草太が教室中に響く元気な声で言った。
佐山君が宇宙人。聞いたことのない話で拓人は訳が分からなくなった。

詳しく悠貴に話を聞くと、事はこんな具合だった。同じクラスの佐山君は滅多に人と話さない男子だ。そんな佐山を健くんと草太は『きっと佐山が宇宙人だからだ!』と言い出し、今回の探検を提案したらしい。今回は佐山くんが宇宙人であることを暴くための計画なので、宇宙人ならUFOを呼べると言うことで、天体観測に行くつもりらしい。
ちなみに拓人は佐山宇宙人だと思う?と悠貴に聞かれたが断固否定した。宇宙人なんて絶対いない。
「でも佐山には誰が誘うの? 俺らの中にしゃべれる人いなくない? 」
健くんが答えた
「おれが朝聞いたけど、行くって言ってた」
「あれ? 佐山何もいってなくなかった? 」
「うるせえ。多分イエスって意味だよ」
「で、探検の続きだけど、俺まだいつどこでの話か聞いてないんだけど」
「俺も」
悠貴が言った。悠貴にさえ言ってないのか。
「今日って4時間だろ? 学校終わったら夜まで寝て河川敷にすぐいこーぜ」
健くんは多分まだ夏休みの気分だ。明日から授業があるのに夜更かしするつもりでいる。普段なら僕と悠貴がこんな提案却下することだが、僕も悠貴も少しワクワクしているんだろう。今日は何一つ忠告しない。
授業開始のチャイムがなった。
「じゃあ今日の夜俺ん家集合なー!」
後で会おう。と付け足した健くんに、はーい。りょうかーい。と散り散りに返事をしてみんな席に向かった。
健くんが下校時間でもないのに後で会おうと言ったのは、夏休みの宿題をやってないため、これからそれをする時間がみっちりあるからだ。

さやま ©アルゴンAr

執筆の狙い

高校生です。初めて投稿しました。
もっと文を上手く書けるようになりたいので、悪い点は指摘して頂けると嬉しいです。改善策も教えてくれると嬉しいです。

アルゴンAr

126.109.129.35

感想と意見

西向く侍

 はじめまして! 西向く侍と申します。
 執筆の狙いを踏まえた上で拝読しました。
「もっと文をうまくかけるようになりたい」とのこと。
 悪い点を指摘、併せて改善点を所望。
 ここの多くの人達は「作家にならん」として研鑽を重ねる修行の場。軽々しいノリで来るとは言語道断!とまあ、そこまでストイックなことをおっしゃる人はいないと思います。
 おせっかい焼の人がたくさんたくさんコメントを残してくださるでしょう。一番乗りに西向くなりにいろいろと書いてみます。
 あくまでも、これは私見です。
 多くの考えのうちの一つです。アルゴンAr様の方で吸収したいと思うようなものがあればご採用ください。
(1)文章作法について
 文章がうまくなるための大前提として「日本語の文章のルール」を知りましょう。知らずに破るのと、知っていて破るのでは意味がちがいます。
 このサイトの内容を一読しましょう。
 http://www.raitonoveru.jp/howto/c1.html
(ライトノベル作法研究所)
 必ずしも、この通りにしなければならない! とは言わないけれど、おおむね参考にして良いです。実は西向くはライトノベルを目指した書き手です。
(2)うまい文章とは!?
 あなたの好きなものを教えてください!
 と訊ねるほどの曖昧さだと西向くは思っています。
 まずはこの件について語る前に「西向くが考えるうまい文章」というのをお示ししないといけません。
「上手い」なのか「美味い」なのか「巧い」なのか。
 ニュアンスとしては厳密にはいろいろあると思いますが。西向くが考える「うまい」は「美味い」という風に美味しい文章というものでしょうか。
 西向くはファーストフードが大好きです。大好きですが、たまには手のこんだスローフードを食べたくなる時もあります。そういったときは自分で作るか、お金を払って食べに行きます。
 余談でしたね。
 西向くが考える「美味い」文章は誰もが食べやすい(言うなれば読みやすい)文章と考えています。
 ちょっと、腰を入れないと読めない文章っていうのが西向くは苦手です。だって、楽しくないですもんね。
 一般文芸よりかはラノベの方が好きで、ラノベよりかは漫画が好きで、漫画よりかはアニメが好き。そんな書き手です。
 読みやすい文章がうまい文章です。
 多くの人から異論はあるでしょう!
 あるはずです。
 だって、これは好き嫌いの問題ですから。
(3)悪い点について
 前段の「美味い」文章を踏まえてお話ししますね。
 読みにくいです。徹頭徹尾読みにくい。
 なぜ、読みにくいのか?
 一文目から意味が分からない。意味がとりづらいのかな。
 抜粋しますね。
 
「2時間目が終わり、少し長い休憩に入った。今日はまだ係決めしかしていないが、最近ずっとクーラーにのついた部屋にいたせいだろう、すでに疲れはピークにきている。」

「2時間目が終わり、少し長い休憩に入った。」
 懐かしいですね。2時間目と3時間目の間に挟んでいた中休みの時間でしょうか。私の小学校では休み時間がそういう風に整理されていたことを思い出しました。はるか昔のことですが。
「今日はまだ係決めしかしていないが、最近ずっとクーラーにのついた部屋にいたせいだろう、すでに疲れはピークにきている。」
 1時間目と2時間目は一体何をしていたのでしょうね。
 係決めに2時間つこうたんかい! 多分使ったのでしょうね。
 クーラーのついた部屋にいたことが原因で疲れやすくなっている。という展開についてもっと説明を割く必要があるのでは? エアコンの利いていない教室が「僕」には堪えてるのでしょうね。
 全体的に説明不足というような文章が目立ちます。
 おそらく、アルゴンAr様の中では「こんな感じ」というイメージがあって、描写しているのでしょう。そのイメージをもっとわかりやすく親切に書くことが美味しい文章になる秘訣だと思います。

 実は……一人称小説なのだから明らかな説明はおかしいのでは? という風な考えもあります。あります。まあ、一定理解できないわけじゃないですが、読みにくいので西向くはまだ試みたことはないです。だけど、思考の駄々洩れでありながら、理解できるような文章であればそれは完全な一人称として完成したものかもしれません。実際そういった試みの小説であれば、それにつま先突っ込んでるような書き方にも見えます。

(4)改善の仕方について
 親切になりましょう。
 この文章は読みやすいかな?
 これでおじいちゃん、おばあちゃんはわかってくれるかな?
 これで小学生はわかるかな? 同級生は?
 そういう、「あなたの文章に触れる読者」のことを思うと自然と文章は美味しくなるはずです。
「読みやすいは美味しい」
 いや、そんな漠然としたアドバイスはいらんのだよ。どうしたらうまくなるんや! というたぎる若さをお持ちの高校生には次の通り案内しましょう。
 とにかく書きましょう。
 書いて、買いて、書きまくるのです。
 文章を書くのに慣れてしまいましょう。
 書いては捨てて、書いては捨てて、指が覚えるくらいまで書くのです。
 30万文字ほど書いたら、自分の癖というか、自分の好きな文章、リズムが分かるようになります。そして、その感覚を大事にして「自分の好きなものを人に理解してもらえる美味しさ」に昇華するのです。
(5)おわりに
 アルゴンAr様のように若くして、小説に興味を持ち、小説を書こう! という人にはぜひとも頑張っていただきたい。どんどこ書いていただきたい。メキメキ力をつけて、ゆくゆくは作家として肩を並べる日が来るかもしれないし、来ないかもしれない。一足先に西向くが作家になっているかもしれませんし、アルゴンAr様が先を歩くのを指をくわえてみてることになるかもしれません。そうならないように西向くも頑張らねばなりません。
 なお、ストーリーについては完結していないようなので、言及は控えました。悪しからず。
 お互い頑張りましょう!

2017-10-12 13:28

36.3.221.189

偏差値45

>詳しく悠貴に話を聞くと、事はこんな具合だった。同じクラスの佐山君は滅多に人と話さない男子だ。そんな佐山を健くんと草太は『きっと佐山が宇宙人だからだ!』と言い出し、今回の探検を提案したらしい。今回は佐山くんが宇宙人であることを暴くための計画なので、宇宙人ならUFOを呼べると言うことで、天体観測に行くつもりらしい。
ちなみに拓人は佐山宇宙人だと思う?と悠貴に聞かれたが断固否定した。宇宙人なんて絶対いない。
ちょっと気になったのが、佐山くん、佐山君、佐山・・・。
佐山という人物がキーパーソンなのかな。
なかなかうまい話の展開だと思います。
これで佐山が本当に宇宙人だったら面白いのですが…w

2017-10-12 15:11

219.182.80.182

アルゴンAr

西向く侍様
コメントを残していただきありがとうございます。
文章作法について
周りより本を読んでいるので作法については知識はあるつもりでしたが、間違っている部分があるようで、恥ずかしい気持ちでいっぱいです。西向く侍様が紹介してくださったサイトで作法は完璧にしたいと思います。
うまい文章とは!?
悪い点について
自分の書いた文章を、西向く侍様のうまい文章と言う考え方を踏まえて、どこがダメなのかを教えてくださったわけですが、西向く侍様の指摘してくださった所に関しては、ドンピシャ私の改善すべき最重要点だと考えています。おそらく日常の話し方などにも、その説明不足な点は現れているなと感じているので、常日頃から意識して行動していきたいと思います。
係決めが2時間かかっているところですが、実は私が小学生の時係決めは毎回何時間もかかっていたので、普通の事なのだと思っていました。
改善の仕方について
おわりに
確かに、今回の文章は読み手の事を考えておらず、自己満足で終わってる感じか自分の中でもします。こんどからは読み手が私の文章をおいしいと感じれるように、しっかり読み手がどう感じるか考えて書きたいと思います。書きまくるのも1つの手段と書かれましたが、ありがたいことに高校生はまだ無限とも思えてしまうほどの時間があるので、自分にとってのおいしい文章を模索しながら、亀のように、ゆっくり確実に前に進みたいと思います。夢は逃げませんから。
作家になれることはまだ自分にとっては夢の中の話ですが、これからも夢の中の話のままにしておこうなんて考えはありません。作家になることがどれだけ遠くても、そこから目を話さず進んでいきたいと思います。お互い頑張りましょう。
アドバイスありがとうございました、

2017-10-13 03:38

126.109.129.35

アルゴンAr

偏差値45様
返信遅れました。すいません。
佐山の呼び方が変化してるのは完全にミスです。もっと見直しの時にこういう痛いミスは直していくよう心がけます
話の展開を褒めて頂きありがとうございます。次投稿する時は話を完結させてまいります。

2017-10-14 13:45

126.109.129.35

十月はたそがれの国

夏休み明け直後の小学校で、6年生な設定??
そのへん、“冒頭でコンパクトに説明するのはごく簡単”なんで、手を抜かない。
現状だと、ぶっつり切れて唐突に終わっちゃってる観しかないので、
「天体観測」のあたりを“もっと具体的に設定〜丁寧描写する”事で
「黄金の少年期」な雰囲気を香らせたらイイのではないかなー??
「○△流星群の夜」とか「□○彗星が最接近」とかナントカ。

2017-10-19 19:27

219.100.86.89

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です(テクニカルサポート)。

:
:
:
3,000字以内