スレッド一覧 > 記事閲覧
ヨーロッパを舞台にした歴史小説について
2021/07/10 14:20
古代ローマ人。

ヨーロッパを舞台にした小説が書けたらいいなと思いながら、勉強をしています。
maintenance
Page: [1]

古代ローマ人。
 2021/07/11 15:38

ヨーロッパを舞台にした歴史小説について
ローマ史について勉強したいです。

maintenance
古代ローマ人。
 2021/07/11 06:11

ヨーロッパを舞台にした歴史小説について
ゲルマン民族大移動をテーマにした小説を書いてみたいです

maintenance
古代ローマ人。
 2021/07/11 06:13

ヨーロッパを舞台にした歴史小説について
地中海を舞台にした物語に興味があります

maintenance
come on meal
 2021/07/11 18:32

ヨーロッパを舞台にした歴史小説について
このHNあげるから、これにしな、カモさん。

mealはごはんだから、なかなか洒落てるでしょ。

maintenance
古代ローマ人。
 2021/07/11 20:43

ヨーロッパを舞台にした歴史小説について
イタリアの街並みが美しすぎる……
美しい……

イタリア人になりたかった。

maintenance
ぷーでる
 2021/07/12 00:04

ヨーロッパを舞台にした歴史小説について
イタリア人になりたかった。

< ヘタリアでも読んで、イタリア人の気分をどうぞ味わってください。

maintenance
古代ローマ人。
 2021/07/12 16:46

ヨーロッパを舞台にした歴史小説について
めっちゃ綺麗だよ。

maintenance
古代ローマ人。
 2021/07/12 19:56

ヨーロッパを舞台にした歴史小説について
めっちゃ偉大だよ。

maintenance
古代ローマ人
 2021/07/18 15:59

ヨーロッパを舞台にした歴史小説について
歴史を勉強したおかげで、
現代がいかに恵まれた世界であるかがわかりました。

maintenance
古代ローマ人
 2021/07/21 18:56

ヨーロッパを舞台にした歴史小説について
この世界のために、僕の文学を役立てることは出来るのだろうか

maintenance
古代ローマ人
 2021/07/18 14:41

ヨーロッパを舞台にした歴史小説について
ゲルマン民族大移動のところが、覚えるのが大変だー。

西ゴート族
東ゴート族
ランゴバルド族
ヴァンダル族
フランク族
アングロ族
サクソン族
ジュート族
デーン人

いろんな民族が入り乱れて西ヨーロッパ中を移動している。

maintenance
古代ローマ人
 2021/07/18 15:34

ヨーロッパを舞台にした歴史小説について
ライン川下流に拠点を持つサリー・フランク族が北ガリアに勢力を広げて、
そこからガリア全体に勢力を伸ばし、
フランク王国を築く。上流にはライン・フランク族がいるなど、フランク人にもいろいろな部族があったが、その中でもサリー族はローマ軍と結びつきを強め、北部ガリア、それからガリア全域に勢力を広げていった。
やがてサリー族の子孫はメロヴィング王朝を開き、クローヴィスがフランク王となった。他のゲルマン民族の王がアリウス派を信仰している中、彼は三位一体説をとるアタナシウス派に改宗することで、ローマ教会との結びつきを強めた(381年のコンスタンティノープル公会議で、三位一体説がローマにおける正当な教義とされていた)。
宮宰カール・マルテルはトゥール・ポワティエ間の戦いでウマイヤ朝のイスラム勢力を撃退。ウマイヤ朝はイスラム勢力のアッバース朝によって滅ぼされるが、ウマイヤ王家を引き継ぐ形で後ウマイヤ朝が興り、イベリア半島を支配。
カール・マルテルの子ピピン3世はイタリアに勢力を伸ばしていたランゴバルド王国からラヴェンナ地方を奪い取り、ローマ教皇に寄進。これがローマ教皇領となる。
その子のカール大帝は800年ローマ教皇レオ3世から戴冠され、ローマ皇帝として認められる。カロヴィング朝を開く。
カール大帝の死後、フランク王国は843年のヴェルダン条約で西部・中部・東部に三分割される。さらに870年のメルセン条約で中部フランクの西半分が西フランクに、東半分が東フランクに割譲され、中部フランクは北イタリアにあたる部分をとどめた。これにより現在のフランス・ドイツ・イタリアの原型が形作られた。

maintenance

Page: [1]

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテナンス用)
コメント

   クッキー保存
!※エラー対策として、送信の前にメッセージのコピーを取って下さい。

作家でごはん!