スレッド一覧 > 記事閲覧
ふしん★
2020/06/11 23:12
パスタ〜ンヌ

〈例文A〉

人間不信による不振撲滅に腐心したが、それよりも不審な行動を止めて母国に普請しよう!
スミマセン……。

〈例文B〉

不審者の追跡に腐心した。不信感が拭えず不振に終わる。普請あるのみ。
どこへ?
お前こそ誰だ!!
すみません。本当に……。
あー腐ってまーす。


「何人たりとも俺のスレッドには入れさせねぇ!!」
懐かし……嘘です……。
maintenance
Page: [1] [2] [3]

加茂ミイル
 2020/10/17 11:44

ふしん★
Bには悪意があるとしか思えなかった。
Bは私を不幸にするために魔界から派遣されて来た下級悪魔に違いなかった。
それでも、Bの周りには結構少なからざる知り合いがいるみたいで、そいつらに可愛がられてるようなふしもあった。大してろくな連中でもなかったようだが。
しかし、Bがそういう風にかわいがられるのには理由があった。
Bは、私以外の人間には、いつも平身低頭して、相手のごまをすって、ご機嫌を取るのが上手いのであった。いわば自ら舎弟の役割を買って出て、自分の立ち位置を確保しているのだった。奴隷根性がすさまじかった。
その一方で、おとなしくて自分の意見をはっきりと言えない私だけには、人格が変わったように上から目線でいろいろ注文をつけたり、ジャイアン風にお前の物は俺の物といった理屈で私固有の物を共有にしようとしたりするのであった。
Bは日頃他人にごまをすって溜まっているストレスを私に吐き出しているのであった。
私はBが許せなかった。

Bはある日、私の部屋に数人の仲間たちを連れて来て、そこでランチをとらせた。
ただでさえうっとおしい連中なのに、そいつらがまた食べ終わってゴミになった弁当類を私の部屋に置きっぱなしにしていくのである。
かさばったレジ袋が何袋も床の上に無造作に置かれて、ただでさえ狭い部屋が足の踏み場もなくなった。
私の我慢は限界に達した。
「ゴミくらい持って帰ってよ!」
「あ……ごめん、ごめん」
本当にこいつらこそゴミだわ。

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/17 21:09

ふしん★
>面白いミステリー読みたいな。

アガサクリスティ原作のやつ最近見た。

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/18 07:23

ふしん★
人間たちはどうしてミステリーが好きなんだろうね。

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/18 07:45

ふしん★
ミステリーだらけの世の中だよね。

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/19 01:58

ふしん★
「愛は想像力」

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/19 01:59

ふしん★
愛は希望

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/19 01:59

ふしん★
文学は愛

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/19 02:00

ふしん★
信じるということ

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/19 02:00

ふしん★
愛はクリスタル・クリア

maintenance
久方ゆずる
 2020/10/20 08:46

ふしん★
サイコですか……。
他にどんな印象を持たれていますか? できれば、お聞きしたいです。

>アガサクリスティ原作のやつ最近見た。
何を見たの?

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/19 02:30

ふしん★
サイコパスって、自分さえ楽しければそれでよくて、
他人が嫌がっていても、気にしないんじゃないかな。

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/19 02:54

ふしん★
基本的に人間って自分のことしか考えていないのかもしれない。

相手に優しくするのは、そうすることで相手を感情的にコントロールするためなのかもしれない。

それは、相手のためを思っての行動ではなく、
自分の身をより安全にするためだけの目的なのかもしれない。

でも、相手によくして相手が喜べば、
相手のために自分が何かしているように錯覚するのかもしれない。

でも、本当の目的は自分でも忘れるくらい巧妙に、
それは利己的な目的のためなのかもしれない。

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/19 17:15

ふしん★
愛はクリスタル・クリア

maintenance
(仮)
 2020/10/20 08:45

ふしん★
さすがに削除しちゃいました〜。

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/20 22:58

ふしん★
一日一膳

maintenance
女の内面に興味を持つのは、男か。
 2020/10/21 02:02

ふしん★
公開終了〜

maintenance
ふぅん。
 2020/10/21 10:51

ふしん★
公開終了〜

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/21 07:40

ふしん★
美しい天使を見つけた。
私は心奪われて、人混みをかきわけ、その天使を追いかけた。
天使は丘の上にある館の中に入って行った。
私もその館の中に入った。
私はあまりにも天使を追いかけるのに夢中になっていたので、「入るは易し、出るは難し」と書かれている看板すら目に入らなかった。
天使を追いかけて館の中を探し回った。
しかし天使はどこにもいなかった。
気が付くと、私は迷路の中に迷い込んでいた。
その館は邪悪な魔物たちの迷宮だった。
魔物たちは醜い容貌と強烈な悪臭で私を苦しめた。
私は天使を追いかけることも忘れて魔物から逃げた。
逃げても逃げても出口が見つからない。
あの天使は何だったんだろうと考えるようになっていた。
本当にいたのだろうか。
それとも魔物が私をおびきよせるために天使に変装していたのだろうか。
そう悩んでいる間にも魔物が前後左右から近づいて来る。
私は阿鼻叫喚の中を逃げ回った。

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/21 07:38

ふしん★
威嚇しながら近づいて来る魔物から私は逃げた。
突き当りの部屋に入ってドアの鍵を閉めた。
部屋の奥に一人の老人がぐったりと横たわっていた。
近づいてよく見てみると、それは老人ではなくまだ若者と言える年齢の男性だった。
ただあまりにも憔悴しきっていて生きる気力を失っているため、
重病人のような様子をしていたのだ。
「君もここに迷いこんだのか」
と彼は言った。
「どうしたら逃げ出せますか」
と私は尋ねた。
「この館は、自分自身の煩悩なんだ。だから君がその煩悩から抜け出せない限りここから抜け出せない」
「それはどういう意味ですか。言っていることが分かりません」
ドアがどんどんと激しく叩かれた。魔物たちが体当たりしてドアを壊そうとしている。
「恐ろしい魔物たちが近づいて来ます。このままでは僕もあなたも食われてしまう」
「これを使うんだ」
男はペンダントを私に手渡して、がくっとうなだれてしまった。
ドアが破壊され、魔物たちがなだれ込んで来た。
私はそのペンダントを魔物たちに向けた。
ペンダントから光が放たれ、魔物たちはどろどろに溶けて行った。
私は廊下に出て、また走り出した。
廊下の先に光り輝く天使が立って私に微笑みかけていた。
だが、今の私は魔物たちに対する恐怖に縛られていて、天使を追いかける元気がなかった。
「どうして私を追いかけないの?」
と天使は尋ねた。
「あなたは、一体何者なんです?」
と私は逆に尋ねた。

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/21 08:15

ふしん★
「あなたに一つだけこの世の真実を教えましょう。それは、『美しき存在には、無数の醜悪が群れ集まる』ということです。あたかも自然界における元素同士の化学反応のように」
と天使は言った。

「おとなしい美人」これはきわめて稀です。金のようなものです。
「うるさい美人」これは銀のようなものです。
「おとなしいブス」これは銅のようなものです。
「うるさいブス」これはゴミです。

maintenance
久方ゆずる
 2020/10/21 10:57

ふしん★
>「おとなしい美人」これはきわめて稀です。金のようなものです。
>「うるさい美人」これは銀のようなものです。
>「おとなしいブス」これは銅のようなものです。
>「うるさいブス」これはゴミです。

人気のほどは……?
「おとなしい美人」になりたいものですなあ。

「うるさいブス」これが意外と……!!
コギャルに聞け! ……死語?

maintenance
久方ゆずる
 2020/10/21 12:02

ふしん★
やっぱり、おとなしい美人だよなあ。
嘘。

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/21 18:07

ふしん★
おとなしい美人は国宝級ですね。

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/21 21:11

ふしん★
天使は美しい。

では、悪魔は醜いか?

狡猾な悪魔は美しい姿で現れるかもしれない。

そもそも天使とは何か?

天使とは正しい道へと人を導く存在であろう。

悪魔とは何か。

悪魔とは禁断の木の実を食べるように好奇心の強い人間をそそのかす存在なのであろう。

神様の言いつけを守っていれば、楽園にずっといられたのに……。

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/21 21:00

ふしん★
きれはきたない、きたないはきれい。

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/21 21:12

ふしん★
禁断の木の実を食べてしまったがために、
下界に堕ちてしまった。
もう食べません。

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/21 22:49

ふしん★
>コギャルに聞け! 

美白します。

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/21 22:50

ふしん★
私は作家にはなれません。

だけど、読書家にはなれます。

だから必死に頑張って、立派な読書家になります!

maintenance
(仮)
 2020/10/22 09:34

ふしん★
面白そうな小説はありますか?

エッセイ読みたい。

maintenance
加茂ミイル
 2020/10/22 17:11

ふしん★
子供の頃、「終わりのないラブソング」っていうBL小説読んで、衝撃を受けた。

初めて真剣に読んだ小説がBLだったとは。

maintenance

Page: [1] [2] [3]

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテナンス用)
コメント

   クッキー保存
!※エラー対策として、送信の前にメッセージのコピーを取って下さい。

作家でごはん!