作家でごはん!鍛練場

『ミラクル』

大丘 忍著

オチのある作品です。

「男性なら誰でも女性のヌードを見たいと思いますね」
 男は意外な言葉を吐いた。
 守山真一は男の顔を見て、手元の名刺に目を注いだ。
 ミラクル眼鏡株式会社営業部長、山本正夫という文字がいかにも空々しい。ありふれた名前だ。おそらく全国に山本正夫は何千人も居るのではなかろうか。
 新開発のスポーツ用眼鏡の説明会という案内を受けて出席してみると、真一の他にも十名ほどが集まっていた。いずれも百貨店かスポーツ用品店の購入担当者であろう。
 夏休みに入った小学校の教室を借り受けた説明会場は、一瞬熱気に包まれたようだ。誰だって若い女性のヌードを見たいという願望はある。
「この眼鏡はですね」
 営業部長は段ボール箱から水中眼鏡を取り出して机に置いた。
「一見ただの水中眼鏡のように見えますが、実は……」
 皆の反応を確かめるように言葉を切った。
 その眼鏡を使えば女性のヌードが見えるというのか。ばかばかしい。インチキに決まっている。
「この眼鏡のレンズはただのガラスではなく、戦時中に軍の依頼で当社が開発していた偵察用の特殊レンズです」
 営業部長は黒板に図を書いて説明を始めた。夜間に偵察するには目に見えない赤外線を偏光レンズによって可視域に変換しなければならない。
「終戦によって偵察用の眼鏡はオジャンになりましたが、長い間埋もれていたこの技術をさらに発展させて、当社では特殊眼鏡、ミラクルを開発したのです」
 赤外線を可視光線に変換したとしても、女の裸が見えるはずはない。
 営業部長は真一の疑問を受けとめるように真一に目を注いだ。
「町の中でこれを使っても駄目ですよ。プールで使うのです」
 営業部長は黒板に女の体を書き、その縁に水着に相当する線を書いた。
「この水着が水を含むと見えなくなるのです」
 水着の線を黒板拭きで消していく。水着の繊維が水を含むと赤外線の透過度が強くなるそうだ。レンズの作用で水着自体から発する本来の光を遮断し、赤外線だけを受け入れるようにすれば水着は見えなくなる。見えるのは女の生身の体だけだ。真一は首をかしげた。科学的な説明のようにみえるがまだ信じられない。
 周りを見回すと皆も顔を見合わせている。誰だって信じられないだろう。
 営業部長は大仰にうなずいてみせた。
「信じられないのは当然です。では実際に体験して頂きましょう。眼鏡をつけてプールサイドに移動して貰います」
 実際に見せてくれるなら本当かも知れない。
 助手の女性が眼鏡を皆に配った。
「この眼鏡はここでつけて下さい。目が慣れた頃にプールに行きます」
 眼鏡をつけてみても何の変わりはない。色の薄いサングラスをかけたような感じだ。
「一つだけ注意しておきますが、この眼鏡はプールサイドでは絶対に外さないで下さい。このレンズに慣れた状態で太陽光を見ると網膜を痛めます。光の波長に対する網膜の感受性が変わっていますので」
 このレンズにそこまでの作用があるとすれば本当に裸体が見えるのかも知れない。もしそうであればこの眼鏡はどえらい代物である。
 助手に引率されて皆は眼鏡をかけてプールが見える教室に移動した。
 プールの水面はぎらぎらと太陽の光を反射していた。プールの向こうの端で水しぶきをたてて、数名の若い女性が泳いでいる。プールから上がった女性をみて皆は声をあげた。本当に裸である。目をこらして見ると水中の女性も裸のようだ。真一は思わず眼鏡を外そうとした。
「眼鏡は外さないで下さい」
 いきなり真一の手が押さえられた。振り返ると営業部長の厳しい顔があった。
 プールのこちら側には黄色い水着を着た若い女性がマットに寝そべっている。女性は立ち上がってプールの縁に近づいた。まだ濡れていない水着の黄色が鮮やかだった。
 均整のとれた見事なプロポーションだ。皆の視線がその女性に固定したとき、女性はプールに足から飛び込んだ。視界から姿を消した女性は次の瞬間水面に姿を現した。オーという喚声が上がった。先ほどまで着ていた黄色い水着は見えず、裸のまま悠然と泳いで行く。飛び込んで水着を脱ぎ捨てる時間はない。真一も思わず息を飲んだ。女性のヌードが見られるのは本当である。
 裸の女性は途中から引き返してプールから上がった。皆は食い入るように裸体を凝視する。股間の繁みまではっきりと見える。女性は恥じる様子もなく皆の前を通って形のよいお尻を堪能させてプールに引き返した。
「信じられない」
 と真一は呟いた。しかしこの現実を見せられると信じないわけにはいかない。
 裸体の女性は再びプールに飛び込んで、裸女の群れに合流した。
「さあ、どうですか? 納得がいきましたか」
 営業部長が笑顔で言った。
「奇跡だ」
 と誰かが叫んだ。
「そう、奇跡。ミラクルですよ。では部屋に戻って商談を始めましょう」
 営業部長に促されて皆は元の部屋に戻った。
 外した眼鏡を助手が回収してまわる。真一は返す前にもう一度眼鏡を手に取ってみた。変哲もない玩具のような水中眼鏡である。これがあんな魔法のような威力があるとは。これは売れるに違いない。
 助手が姿を消すと営業部長は申し込み用紙を配布した。
「このミラクルは限定生産ですから数には限度があります。今回用意したのは三千個だけでこれ以上は生産されません」
「仕入れ価格は幾らですか?」
「一個二万円です」
「二万円?」
 皆は顔を見合わせた。水中眼鏡に二万円の仕入れ値は高すぎる。でもこのミラクルなら三万円の値をつけても売れるのではないかと真一は考えた。
「とりあえず二百個頂きます」
 真一は手を上げた。真一の勤めるスポーツ用品店ではそれが限度である。
「五百個」
 大手の百貨店が名乗りをあげた。それにつられて次々と注文が飛び出した。限定生産で数に制限があるとすれば早いもの勝ちである。
「では申し込み書に記入して頂いて、商品は入金を待って発送致します」
 真一は真っ先に申し込み書を出してトイレに立った。
 トイレの窓からプールが見えた。先ほどの奇跡を思いだしながらプールに目をやった。プールサイドでは助手が女性達を呼び集めているところであった。プールから次々に上がって来る女性を見て真一はあっと声を上げた。
 部屋に戻ると営業部長の目が光り、すぐに笑顔に変わった。真一は黙って席についた。
「お帰りはこちらからどうぞ」
 営業部長はプールが見える廊下を通って外に案内する。真一はプールに目をやった。女性達はまだ泳いでいた。
「あ、水着を着ている」
 誰かが頓狂な声をあげた。
「水着は初めから着ていますよ。ミラクルで見えなかっただけです」
 営業部長の声は自信に溢れていた。
 翌日、真一は電話をかけた。
「はい、ミラクル眼鏡営業部の山本ですが……」
「昨日はお見事だったね。原価五百円もしない玩具の眼鏡を二万円で売るんだからな」
「はて、何のことでしょう?」
「しらばくれてもネタは割れてるんだ」
「ははあ、Pスポーツ用品店の守山さんでしたね」
「そうだ」
「どんなネタが割れているんですか?」
「プールで泳いでいた女は初めから裸だったじゃあないか」
「そんな筈はありませんよ。実際にその目でご覧になったでしょ」
「見たんだよ。助手が呼び集めて水着を着させたのを」
「ほう、では黄色い水着の女性はどうですか? 目の前で水着が消えていたでしょう」
「あれは手品だね。タネが割れれば単純なことだがね」
「どんなタネです?」
「一卵性双生児さ。プール際に裸を隠しておき、水着が飛び込んだら裸が泳ぎ出すという仕掛だ」
「ほう、そこまでばれましたか。で、どうしろとおっしゃるんですか?」
「魚心あれば水心というだろう。儲けは折半にしよう」
「それはちょっと虫が良すぎると思いますが」
「嫌なら他の店の担当者に一言電話してもいいんだぜ。これであんたの儲け話は全部パーだ」
「さあ、どうですかな。まだ手品は終わってませんよ」
「そっちがそんなつもりなら全部バラしてやる」
 叩きつけるようにして受話器を置いたときにFAXが鳴った。それを横目に見ながらQ百貨店の担当者に電話した。受話器から、
「なに? インチキ? ははあ、その手は食いませんよ」
 という声が響いて、電話はいきなり向こうから切られた。
「くそっ」
 と叫んで何気なく届いたばかりのFAXを手に取り、一目見て呆然と立ちすくんだ。

購入担当者各位
 この度は当社のミラクルをご注文頂いてありがとうございます。この商品は限定生産で数に限りがあります。そこで当社のミラクルを中傷して契約を辞退させ、商品を独占しようとする動きがありますのでご注意申し上げます。

                了
 
  

ミラクル ©大丘 忍

執筆の狙い

オチのある作品です。

大丘 忍

221.242.58.46

感想と意見

偏差値45

>「男性なら誰でも女性のヌードを見たいと思いますね」
> 男は意外な言葉を吐いた。
> 守山真一は男の顔を見て、手元の名刺に目を注いだ。
> ミラクル眼鏡株式会社営業部長、山本正夫という文字がいかにも空々しい。

最初の台詞から、主語までの間が飛び過ぎている。
しかもその間に別の人名が入っているので、紛らわしく感じるから嫌い。

それからプールでの状況説明が良くないです。伝わっていない。

内容は分かりますし、オチも分かります。
けど、面白くはないですね。

2017-11-15 11:59

219.182.80.182

藤光

読ませていただきました。

おもしろい……というか、筋立てそのものはつまらないです。小学生の読むマンガにもならない。ただ、大丘さんのきちんとした文章と内容のギャップがおもしろいです。

>このレンズにそこまでの作用があるとすれば本当に裸体が見えるのかも知れない。もしそうであればこの眼鏡はどえらい代物である。

って、大真面目に書いているのが、可笑しくておかしくて、もう爆笑です。
決して茶化してるつもりはありません。小説の楽しみ方は人それぞれとスルーしていただけるとありがたいです。

楽しかったです。
また、お願いします。

2017-11-15 12:25

182.251.255.49

大丘 忍

偏差値45様

読んで頂き感想を有難うございます。
私は、出来るだけ解りやすい文章を心がけておりますので、あまりにも簡単に成りすぎたのかもしれません。
頃合というのが難しいですね。

2017-11-15 13:52

221.242.58.46

大丘 忍

藤光様

読んで頂き感想を有難うございます。

内容的には他愛ないことですが、まあ言えば、落語のようなものですね。このような作品は、
深く考えずに書けるので、書くほうでは楽でしたね。まあ、色々なものを書いて楽しんでお
ります。

2017-11-15 13:57

221.242.58.46

ペンニードル

大丘 忍 さん はじめまして

正直、展開が予想通り過ぎました。
ネタバレになりますが、レンズが偽物である事も、堂々と後で判明する事前提に詐欺を働く側が屁理屈を用意していることも。ここまで含めて順接でした。細かなトリック云々よりも、ここをひっくり返す何かを期待してしまいました。

2017-11-16 00:04

39.110.185.153

大丘 忍

ペンニードル様

読んで頂き有難うございます。
推理小説というより、いんちき商売の詐欺師を描いたものですから、そのやり取り
だけのもので、それ以上の予想外の出来事はムリでした。もっと奇想天外なトリッ
クが用意されたら良かったのですが。

2017-11-16 10:23

221.242.58.46

もうほんの少しでいいから昭和臭さを前に出せたらこのチープな感じや馬鹿さ加減がピッタリ嵌ったんだろう、と推測できるもったいない作品。

”普段はボーズ頭の小学生で溢れかえる教室”とでもあれば印象操作できたかなぁ?

2017-11-16 18:17

123.219.100.156

大丘 忍

熊様

なるほど。これは昭和時代をはっきり出すべきですね。ご指摘ありがとうございます。

2017-11-16 18:55

58.0.104.143

名無し

・・・。

2017-11-16 19:17

122.219.0.169

野良猫

どうも。お久しぶりです大丘さん。お元気そうでなによりです。
さて、感想ですが、だいたい出尽くしたようなのでひと口だけ。

リアルドラえもんかな?
って、思いました(笑)。

この調子でドラえもんシリーズみたいのを書いたら面白そうですね。
それでは、野良猫も祭りの作品を仕上げなくてはならないので、これにて失礼いたします(大丘さんも参加すればいいのに)。

2017-11-17 09:12

60.37.162.93

大丘 忍

野良猫様

読んで頂き感想を有難うございます。
確かに主張も思想もなく、マンガ的な作品ですから、笑って読み飛ばしていただけばいいと思います。
私はあまり難しい理屈を述べる事は苦手なので、読みやすいごく軽い作品を心がけております。

2017-11-17 12:40

221.242.58.46

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です(テクニカルサポート)。

:
:
:
3,000字以内