作家でごはん!鍛練場

『その男、天才につき。』

りょーた著

以前投稿した小説にコメントしてくださった方、返信出来てなくてもうしわけありません。
返信させていただきます。
この小説は根拠のない自信と、自己顕示欲に満ち溢れ過ぎて、自分が特別な天才だと信じて疑わない人物を描いてみました。つまり、大体自分です。とういのは後付けで、小説書くときは最初から最後まであまり何も良く考えないで書いてます。

その男、天才につき
@gtoryota
第1話

 男はその光景を信じることが出来ず、モニターの前でマウスを握りしめたまま、目を見開き、顔面蒼白のまま、人形のように固まっていた。
 そしてかすれた声でつぶやいていた。
「そんなはずはない。僕は天才だろう?天才のはずだろ?」
 観覧数は増えるにもかかわらず、ポイントは一向に増えない。
 意気揚々と投稿した自分の全ての作品に0ptという文字がずらっと並ぶこの滑稽さ。それはまさにピエロだった。
「モニター前の読者は一体全体何をためらっている。」
「僕の作品はこの上なく面白いはずだ。さあ押せ、押すんだ。」
 男はまるで念仏を唱えるかのごとくつぶやき続ける。
「押せ、押すんだ・・押せ・・・」

 人は、勘違いをする。
 まだ、世間を知らない頃、自分は特別な才能を持つ人間だと思い込む。
 しかし大抵の場合、社会の荒波に揉まれていくうちにそれが勘違いだったと悟る。そして成長し、大人になっていく。
 しかしこの男は違った。
 男は社会の荒波に揉まれても尚、大人になることを拒んだ。
「僕は必ず何かの天才だ」
 画家、映像作家、ギタリスト、ヴァイオニスト、アスリート、プロボウラー、ミュージシャン、あらゆるものに挑戦してきた。
 今、男が理解しているのは、上記に述べたものの天才ではないということ。
 しかし、必ずや何かの天才であるはずだと根拠は無いが、確信めいたものを握っていた。
 そして今、自分は文豪であると見極めた男は、ある小説投稿サイトにて10作品の自慢の書き下ろし短編小説を投稿したところだ。
このサイトでは、自分の小説を何人の人が講読したか分かる観覧数と、良い小説だったと評価した人が1ポイント贈呈してくれるポイント数が表示される。
 しかし男の自慢の10作品には、観覧数は増えるがいつまで経ってもポイントが0のままだった。
 男は青ざめた顔でブラウザの更新ボタンを五分に1回のテンポでクリックし続けている。
(僕の文章が稚拙だというのか?確かに語彙が少なく文法もなっていないかもしれない。しかしこの度肝を抜くストーリー展開は誰も思い付かないはずだ。
事実、他の作品を読み返してみても自分の小説のほうが圧倒的にストーリーが際立って素晴らしい。何故だ。何故評価されない。分からない。マスターベーションに過ぎないとでも言うのか?馬鹿な。僕の作品は作者と読者の両者が共鳴し、感動する、両者が最高に感じあい、愛撫し、最高の悦びに浸る、唯一無二の極上のセックスのはずだ。それとも何か?まるでストーカーの思い込みの恋愛のように、自分が好きなように相手も好きなはずだと勘違いしているとでも?まさか、そんなはずは。決してマスターベーションなんかではない。決してストーカーの恋なんかでは……)

 その時男は、はっとした。
(もしや天才過ぎて一般人がついていけないのかもしれない。
それは駄目だ。ゴッホの二の舞を踏むことだけは避けたい。
社会に認められたということを、ただ本人だけ知らないなんて。不幸にもほどがある。)
男はただ待つしか無かった。 評価ポイントがつくその時を。
繰り返し繰り返し、更新ボタンを押し続ける。
カチカチとマウスのクリック音だけが、薄暗い電球の切れかかった部屋に虚しく響く。
何度押したことだろうか。果てしないクリックの中、ふと画面を観ると一つの作品に『1pt』とはっきりと表示されているのが見えた。
男は両拳を爪が食い込むほど握りしめ、ガッツポーズをし、天井を見上げて叫んだ。
「僕は天才だ!」
 手を震わせ、興奮しながら、血走った目で感想を読む。

「読みやすく、シンプルなストーリーで良かったです。」
 読みやすく?語彙が少ないと言うことでは?シンプル?単純ということでは?
 男が疑うのも無理もない。
 そのポイントを付けてくれた読者は、全ての作者の少なくとも一つの作品には評価ポイントをつけていた。
 社交辞令じゃないか。男は落胆した。
切れかけの電球が嘲笑うかのごとくストロボのようにチカチカと、生気の抜けた青白い男の顔を照らし続ける。
 男はその後もひたすら更新ボタンをクリックし続ける。
 食わず、飲まず、寝ず、腱鞘炎で痛む腕を抑え、何かにと憑りつかれたかのようにクリックを続けていた。
 男は待っていた。
 更新ボタンを押す度にポイントが加算されていく、そんな夢のような、アドレナリンがふつふつと沸き上がる、甘美な状況を。

 ふと目を開けた。男は、いつの間にか机に突っ伏したまま眠ってしまっていたようだ。
頭痛を覚える男は頭を手の平で強く叩きながら、真っ赤に腫れ上がった目でパソコンのモニターを凝視し、更新ボタンをクリックする。
 カチリという音とともに、ブラウザの画面が切り替わった瞬間、男はギョッとし、目を疑った。
 そこには全ての作品に30pt以上の評価が付けられていたのだ。
 男はパニック状態になりながら、奇声を発してモニターに吸い付かれるかのごとく顔を近…

 パチリと目を開けた。床に大の字になり気絶している男がいた。
 2週間飲まず食わず、不眠不休でパソコンの前に座りクリックをし続けた男にとって何処からが夢で、何処からが現実なのかはすでに判別することは出来なかった。
 電球は既にこと切れていて、闇と静寂が男だけの世界を包む。
 そこに、ぼんやりと光るパソコンのモニター。
 闇の中の唯一の光、希望。
 男は静かに、ゆっくりと起き上がり、パソコンが置かれている机の前に立ち、ぼうっとモニターを見つめていた。
 しばらくし、一言消え入るような声でつぶやいた。
「僕は天才だと、証明された」
 男は、揺るがない天才となるために決断した。
 それは、あの全ての作品に30pt以上の評価が付けられていた光景を信じるということだった。
 男はブラウザのブックマークから小説投稿サイトを消去し、静かにパソコンのモニターを閉じ、バイト情報誌を開いた。

その男、天才につき。 ©りょーた

執筆の狙い

以前投稿した小説にコメントしてくださった方、返信出来てなくてもうしわけありません。
返信させていただきます。
この小説は根拠のない自信と、自己顕示欲に満ち溢れ過ぎて、自分が特別な天才だと信じて疑わない人物を描いてみました。つまり、大体自分です。とういのは後付けで、小説書くときは最初から最後まであまり何も良く考えないで書いてます。

りょーた

126.234.117.79

感想と意見

November Rain

内容がみみっちすぎて、土台つまんない。
だから、中身まではよく見てないし、たぶん「世間一般の人は、読んだとしてもわかんない」わなー。


小説投稿サイトの、セコい現状と「内輪ネタ」に終始して、
ひたすら小粒に萎縮してゆく、

こういう「ちっさい原稿」、ここのサイト最近多すぎ。。

【世間様との乖離】を、ちっとも自覚できてない感じが・・ うすら寒いんで、

「自分の物差しだけで綴る、独りよがり原稿は、ゴミである!!」とゆー【基本事項】をインプットしなおし、
「物語を創る」方向に精進しなよ。

=「楽してサボって書こうとすんなよ!!」って。


白けました。

2017-11-07 15:34

219.100.86.89

岡田寄良

拝読しました。
面白かったです。
自分の内面をさらけ出して書くことは小説を書く上でやり方のひとつだったりするんで、方向性は別に間違ってないと思います。
内容は才能に関するものでかなり共感できる部分もありました。
僕も才能さえあればなあと過去にも何度となく思い、今もそう思うことが多いです。
イチローとか上原ひろみとか宮崎駿レベルの才能があったら本当に幸福だろうなと強く思います。
幽霊になってうらめしや~と化けて出たいほど才能が欲しくて欲しくてたまりません。

2017-11-07 17:40

182.250.248.230

虎徹

初めまして。
りょーた様の作品読ませて頂きました。
コレってわざとですよね?
主人公視点ではなく客観的に書かれている事、およそ感情移入出来ない大袈裟な内情描写。
その辺に作者の性格の悪さ(笑)を感じました。

「自己顕示欲に満ち溢れ過ぎて、自分が特別な天才だと信じて疑わない人物」

文章は読みやすいですが面白くはなかったです。すいません。

2017-11-07 17:44

223.25.160.18

ペンニードル

りょーた様 はじめまして

あまり面白くなかったです。
理由は語り部も主人公も価値観が固定されてるからだと感じます。

私はむしろ、健気に才能を欲していろんなことにチャレンジする主人公に好感を持ちました。
語り部がそんな彼を一方的にバカにしているお話です。私から言わせたら「自分の才能見限っておいて他人の努力まで貶すお前が最低だ」という気持ちです。

これが”自虐”であるならむしろエッセイとして主観で書いた方が面白くなると感じました。

2017-11-07 18:14

106.139.2.200

りょーた

November Rain様
初めまして。
厳しい評価ありがとございます。
今まで書いてきた小説で、内輪ネタ的なのは始めて書きました。
ただ、あまりストレートに小説を全否定されると傷付きますね。
実は実際会うと、おどおどとした、ネット弁慶ではなく、僕の目の前で、同じことを貴方が言えるなら大したお方だと思いますが、ネットでは、人と面と向かって言わなくて良いので、好き放題言えるんだと思いますが(臆病だから)人の気持ちを考えてコメントしていただきとうございます。
また、貴方の小説も投稿してるなら読ませていただきますね。
これだけ酷評出来るということは、さぞかし面白い小説を書くんだろうなあと期待しています。
後、「どっちかというと、世界は絶対愛」という小説も、三週間ぐらい前に投稿したので、読んでいただいて、評価してもらえると、幸いです。
これは結構自信作なので、期待して、お読みください。
二週間後、また、投稿するので、その時に僕のことを覚えていてくれていたなら、読んでいただければ幸いです。
僕が貴方のことを忘れてしまっていたら、コメントしてした時に「初めまして」と言ってしまったら、すいません。
その可能性はおそらく高いですが。

2017-11-07 18:17

126.234.117.79

りょーた

岡田寄良様
ありがとうございます。誉めていただけると嬉しいです。誉められると伸びるタイプなので。
僕の小説は自分の内面を、さらけ出す小説が比較的多いです。
三週間前に「どちらかというと、世界は、絶対、愛」という、小説を投稿しているので、読んでいただけると幸いです。

2017-11-07 18:22

126.234.117.79

りょーた

ペンニードル様
ありがとうございます。参考になります。
面白くなかったですか。ざんねん。
確かに自虐的エッセイはたまに書くのですが、中々面白いと、言ってもらえるので、また自虐的エッセイを書いてみようと思います。

2017-11-07 18:25

126.234.117.79

りょーた

虎徹様
初めまして。面白くなかったですか。残念。的確なアドバイス参考になります。
文章が読みやすいと言ってくださり、ありがとうございます。
三週間ぐらい前に「どっちかというと、世界は絶対、愛」という長編を投稿しましたが、良ければ読んでいただき、評価欲しいです。

2017-11-07 18:29

126.234.117.79

偏差値45

流れ的には前作と変わらないのですが、
今回は三人称で標準語ですよね。
簡単に言えば、面白いエッセンスを取り除いて、詰まらないエッセンスを入れてしまった。だから、つまらない、という感じですね。
それでも面白いフレーズがあったり、共感できる内容があれば良いのですが、それもないです。
たぶん、本来の得意としている表現力が発揮出来ていないですね。

>全ての作品に0ptという文字がずらっと並ぶ
>全ての作品に30pt以上の評価が付けられていた
なんのことだか、さっぱり分からないです。

>「僕の作品はこの上なく面白いはずだ。さあ押せ、押すんだ。」
> 男はまるで念仏を唱えるかのごとくつぶやき続ける。
>「押せ、押すんだ・・押せ・・・」
何を押すのか、分からない。


皮肉なことに
November Rain様への返信の方が面白かったです。

2017-11-07 21:54

219.182.80.182

hahaha

初めまして、りょーたさん。

ちょっと過剰すぎて一歩引いてしまう内容ではありますが、理解もできます。
自分は天才だと信じたいのは、誰にでもあることと思いますし。

内容は別にしても、すらすらとスムーズに読み進められたのが、とても心地よかったです。
それも、とくに技巧を感じさせないので、個人的には憧れのような文章です。

きっと、あなたは才能のある方だと思います。
偏差値45さんが仰ったように、November Rainさんへの返信に、とてつもないパワーとエネルギーを感じました。
大笑いしました。ありがとうございました。

2017-11-07 22:41

14.133.117.58

りょーた

偏差値45様
コメントありがとうございます。言い訳をすると、この小説は小説をかきはじめた時に、ある小説投稿サイトがあって、それをネタにしてるんです。だから、意味が分からないところが多々あったと想います。
まだ、十作品以上あるので、投稿していくので、批評のほうよろしくです。
ありがとうございました。
後、Noveさんに対しての返信を誉めてくれてありがとうございます。
今後、私は彼を敵とみなすので、投稿した小説にコメントしてきたら、長文で彼の文章、思想全てを否定して返信しようと想います。
彼が小説を書いてるなら、彼の小説の一字一句まで全否定してコメントするつもりです。
僕は上杉謙信でNoveは武田信玄です(意味不明)

2017-11-07 23:21

126.234.117.79

りょーた

ははは様
初めまして。コメントありがとうございます。

すらすらとスムーズに読めるのならこれ幸いです。
僕は何に対しても、応用が出来ないので、それがに逆に項をなして、読みやすいのかもしれません。
ここに三週間ぐらい前に投稿した、「どっちかっていうと、世界は絶対、愛」っていう長編があるのですが、良ければ読んでいただけませんでしょうか?
Nなんとかさんのコメントに笑いを提供出来て何よりです。
僕、上から目線で全てを否定されると、逆上して、凄まじいパワーで言い返してしまうんですよ(笑)

2017-11-07 23:30

126.234.117.79

虎徹

りょーた様
再訪問失礼いたします。
まず、私が↑に書いたのは感じた事であって、アドバイスでも何でもありません。勘違いだったようなのでスルーして下さい。

それと感想欄を読んでいて気になってしまったので…
ここは鍛錬場です。自分の独りよがりの作品をこれ見よがしに投稿するような、いわゆる『なろう』のようなサイトではありません。
November様が書いている事も『感想と意見』であって、読者が感じた事です。このサイトのガイドラインには目を通されたと思いますが、感想や意見をつけるのもちゃんとした鍛錬のひとつです。いいところばかり誉めていても作者の鍛錬にはなりません。
別にNovember様の肩を持つわけではないですし、絡んだこともないですが初めましての方にいきなりあの様な書き方は私も『人として』どうかと思っています。ただ、古参の方の意見は貴重だし、November様の感想で「なるほど」と思うこともあったので…
今回の書き込みは得るものは無さそうですが、無理に敵視するよりもスルーしたほうがいいと思います。

長々とすいませんでした。これからも執筆頑張って下さい。

2017-11-08 00:03

223.25.160.54

瀬尾辰治

りょーたさん、はじめまして。

面白いです。
男Aと、内面の男B、そして第三者C、かな?
そんな風な書き方に思えました。

自分はここに来て二ヶ月ほどですが、面白いです。
台詞があっても内面の台詞、書き方が好みやから、ユーモアも内面も全て頭に入って面白いのかもしれません。

2017-11-08 01:43

49.98.85.218

瀬尾辰治

りょーたさん、
感想だけを書いていたので。

ゴッホにもっと突っ込みを入れて、内面の男Bとの 、内面のやり取りがあれば、もっと面白いと思います。

2017-11-08 03:38

49.98.85.218

へげぞぞ

快楽とは、カントに従えば、快不快の判断力と、目的を達成する合目的論的な快楽がともなう必要があります。
また、好き嫌いは個人の既知世界が広がったり狭まったりするたびにどんどん変わります。
大事なのは、科学と進化と文化です。このすべてが高まると快不快の判断力は満たされます。
有名になることは、子育ての喜びを知るにはよいでしょう。
理解力が高いと、合目的論的快楽が高まります。そして、カントのような人物は見つかりもしない究極目的について深く考えてしまうのです。
どうでもいい話を失礼しました。

2017-11-08 05:37

14.132.126.83

りょーた

虎様
コメントありがとうございます。
すいません、Nさんのことについては、半分、冗談半分です。そうですね。言い方はどうであれ、貴重な意見なので、しっかり受け取り改善していこうと思います。
ご丁寧にありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

2017-11-08 10:02

126.204.196.144

りょーた

瀬尾辰治様
面白いと言ってくださり、ありがとうございます、いつもはもうちょい独特な言い回しで書いていています。
また二週間後投稿しますので、読んでくだされば、これ幸いです。

2017-11-08 10:06

126.204.196.144

りょーた

瀬尾辰治様
なるほど。ゴッホをもっと深く掘り下げて書けば良さそうですね。内面の男Bとのやりとりを多くすれば、よりユーモラスで滑稽さが出そうですね。

2017-11-08 10:10

126.204.196.144

りょーた

へげぞぞ様
コメントありがとうございます。
僕は哲学者気取りですが、上っ面だけで、あたかも学があるように見せているはったりの砂の器なので、へげぞぞ様のような学のある方の崇高なコメントは理解が出来ません。哲学的用語も良く知らないし。
もう少し、中学生でも分かるぐらい分かりやすく教えてもらってよろしいですか?
快楽って気持ち良いことは全部快楽なのでは?
カントさん答えのない答えを生涯をかけて探してたってことですね。ずいぶんとアホですね。

2017-11-08 10:19

126.204.196.144

西向く侍

 はじめまして。読了しました。
 西向く侍と申します。
 書き手の人間が読む分には理解できる描写なのでしょうね。私も小説投稿サイトは利用しているので、なんか「こんな感じ?」というイメージはできました。
 「作家になるための」習作としてみてみたらあまりよいものじゃないかもしれません。
 つまらんですね。
 と書いても何でつまらんのか考えてみます。
 やっぱり、内輪の話なのだからでしょうかね。
 小説投稿サイトのポイントについてもなんかあやふやな感じがしました。
 執筆の狙いの部分は綺麗に書いてあるので、狙い通りなんだろうな。と思うストーリーではあるのですが。
「小説を書かない」読者も引き込むような工夫があれば違ったかもしれませんね。かといって、説明のために文章を割くようなことをするのも無粋かもしれない文章です。
 難しい塩梅です。

 お互い頑張りましょう。私も早く作家になりたいものです。

追伸
『どっちかっていうと、世界は絶対、愛』については一度触りを読んで、諦めました。ああいった文体というのが好きな人はコメントを残すかもしれませんね。全部読まずに感想を書くのは控える人間なので、足跡を残しておりませんでした。

2017-11-09 00:06

36.3.221.189

りょーた

西向く侍様
丁寧なコメント、アドバイスありがとうございます。言葉の表現力や、ワードセンスがこの小説には無かったと感じます。
綺麗に、狙い通りに書きすぎたせいで、引き込む力が足りなかったと感じます。
「どっちかというと─」は全く逆なんですけどね。バランスが悪くです。
二週間後にまた、昔書いた小説を投稿しますので、また読んでいただければこれ幸いです。
ありがとうございます。お互い頑張りましょう。

2017-11-09 11:50

126.212.244.202

アフリカ

拝読しました

小説の中に、小説と向き合う男を書く。
小説投稿サイトあるあるなのかも知れないな……と、正直感じてしまいました。
その為? かな?
Novemberさんの言われている小粒感がしっくりとはまって言い得て妙だな……と、なんだかニヤリとしてしまったのでした。

御作法的な事は色々とあるとは思うのですが他の方が書かれているし僕は読んでみて感じたことを出してみます。

作中にも語彙との言葉が出てきますが、やっぱりもう少しその辺りは濃密にした方が良いような気がしました。
それと、作中の男がどのような作品を投稿サイトに出したのか殆ど分からない事が、この話の規模を小さく感じさせているのかも知れないとも感じました。

例えば、人が身体一つで空中を自由に飛んで、水中を泳ぎ回ることは不可能だと思いつつも空を飛ぶ物語は好まれるし、沢山存在してます。つまり現実では無いけれど、意外な訳でもない至極普通の発想です。
でも、それが地中を自由に走り回り泳ぎ回る事が出来る話しは……あんまり存在してない。
それって意外な発想だから。

何度も出してしまいますが、この話しは作中の男がどれ程、奇想天外な物語を書いて投稿しているのかにオチを含めてその後の面白さが左右されるような気がするんですよね。だから、そこを書かれていない(説明されていない)からスケールのな小さな感覚はやっぱり必然的にあり得るのかな……と……

説明といえば、もう一つだけ。

この話……やっぱり説明が非常に足りない気がします。周りの状況も人物の性格も殆ど全てを台詞でやっつけている感じがしてしまいました。
台詞で説明するのが悪いわけではないのですが……
そこはやっぱり小説ですから、読み手が物語に乗り込めてからテンポを上げていかれる方が良いような気がします。

基本的にはこの手の話しは好きなので
これからも頑張って下さい

ありがとうございました

2017-11-10 12:09

49.98.73.177

黒糖

 読了させていただきました。
 馴染みのあるテーマでわかりやすかったものの、主人公の内面描写が先行していたのが残念に思いました。
 自虐ネタだからと盲目的な自己陶酔の勝った文章になっていて、内容の把握が難しかったです。
 一歩引いてわかりやすい文章構成にしたならば、人の目を引く魅力のある作品になると思います。
 お目汚し失礼しました。

2017-11-15 20:40

112.139.157.194

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です(テクニカルサポート)。

:
:
:
3,000字以内