作家でごはん!鍛練場

『類は敵を呼ぶ(短編ニページ)』

金川明央著

お久しぶりです金川です。
ルビを振れない都合上、読みづらいと思います。あらかじめご了承ください。

今回は、曲がり角でぶつかって出会う、ボーイ・ミーツ・ガール的な展開を組み込んでみました。
ご覧の通り若い方向けです。
楽しんでいただけたら幸いです。

いかがでしょうか?

 ――――曲がり角での衝突が、〝恋〟を呼ぶとは限らない。
 例えそれが、午前八時の街角の、パンをくわえた女子高生だったとしても、だ。

「きゃっ!?」
 というのは俺の声。突然とは言え情けない。
「いったぁぁ……」
 とかなんとか言って、したたかに打ちつけた尻をさすっているのが、ぶつかった女子高生の方だ。……普通逆だろうに。
 俺が不甲斐(ふがい)ないのか、コイツが男前なのか。まぁ、前者だろう。
「はへる(立てる)?」
 パンをくわえたまま女子高生が言う。さっきその辺に落っことしていたはずだが、三秒ルールはアスファルトでも有効なんだろうか。
 恐る恐る、伸ばされた白い細腕を取る。
 塀から飛び出た頭上の枝が、そよ風を受けて緑の葉を揺らした。少女の眉間にシワが寄る。
「まぶいわっ(マズイわっ)!」
「パンが?」
「へきよ(敵よ)!!」
「敵?」
 少女が指す通りでは、普通に車が行き交っている。一見すると何の変哲もない。
「ふへてっ(伏せてっ)!!」
「うわっ!」
 足をかけて押し倒される。直後、頭上の枝葉が火を吹いて爆発した。
 黒煙が立ち昇る中、女子高生の後頭部から垂れた三つ編みの先のリボンが、眼前で揺れる。淡い黄色だった。
「はぁ?」
「ひっ(しっ)、ひぶかに(静かに)」
 唇に形のいい人差し指が宛(あて)がわれる。息がかかるような距離だった。何より、俺の鎖骨の辺りで存在感を主張しているものがある。……胸デカいな、オイ。
「ふかつはっはわ(迂闊だったわ)。はっきはんをほほしははら(さっきパンを落としたから)、はぶんほのほひへ(多分そのときね)」
「知らねぇよ! それより、なんなんだよ今の――――」
「――――あふなひっ(危ないっ)!!」
 瞬時に立ち上がり飛びすさる女子高生。思い出したように腕を掴まれ、俺まで曲がり角の向こうに引っ張りこまれた。
 追い立てるように道路を二本の熱線が焦がす。ついさっきまでいた場所が吹き飛び、爆風が巻き起こった。角の向こうから土煙が押し寄せる。
「へふへいひてるひはははいは(説明してる暇は無いわ)」
 言いながらぐいと顔を寄せてきた。
「は?」
「くはへて(くわえて)」
「……いや、はぁ?」
「ひぃーはらっ(いーからっ)!!」
「いや、意味分かんな――――ぐふっ!?」
 口を開けた拍子に、無理やりねじ込まれた。勢い余って唇が触れ合ったが、まぁノーカンだろう。生焼けのトーストが口内でふやける。
「ほれへひとはふはんひんへ(これでひとまず安心ね)」
「はんへはよ(なんでだよ)?」
「ほのはんをふわへへるはいはは(このパンをくわえてる間は)、へきにひふかははいの(敵に見つからないの)」
 一瞬の逡巡(しゅんじゅん)の後、女子高生は覚悟を決めたように深くまばたきし、パンから口を離した。
「……これ以上、無関係なあなたを巻き込むわけにはいかないわ。あなたは、今まで通りの生活を送って。さよなら」
「ほ(お)、ほいっ(おいっ)!!」
 止める間もなく、女子高生は曲がり角の向こうへ消える。熱線が飛んできた通りの方へ向かったのだろう。追いかけようとして、曲がった先で立ち止まる。俺の目に飛び込んできたものは、壁のように立ちはだかる、巨大な怪獣だった。ビルを片手で鷲掴(わしづか)みにし、火を吹いて暴れ回っている。時折その両目から、あの熱線が照射されていた。
「……マジかよ。こんなの、勝てっこない!!」
 それでも、通りの先ではあの女子高生の三つ編みが揺れていた。怪獣に向かって、一直線に駆けていく。
「――――クソッ!」
 迷いはあった。恐くもあった。逡巡(しゅんじゅん)は、一瞬とは程遠い。
 けど、それでも。俺は駆け出した。ふやけたトーストに噛みつき、全力で走る。

 ――――曲がり角での衝突が、〝恋〟を呼ぶとは限らない。
 だが、〝勇気〟くらいは呼び起こせるらしい。
 例えそれが、午前八時の街角の、パンをくわえた男子高校生だったとしても、だ。

類は敵を呼ぶ(短編ニページ) ©金川明央

執筆の狙い

お久しぶりです金川です。
ルビを振れない都合上、読みづらいと思います。あらかじめご了承ください。

今回は、曲がり角でぶつかって出会う、ボーイ・ミーツ・ガール的な展開を組み込んでみました。
ご覧の通り若い方向けです。
楽しんでいただけたら幸いです。

いかがでしょうか?

金川明央

131.129.176.199

感想と意見

蠟燭

個人的にはふりがないらないような気がしました。
とゆうのも、何言ってるかわからないくらいの感覚で読者に読ませるのもありかなぁと思いましたので。
あくまで個人的にですが。

2017-09-08 00:12

180.31.191.27

カジ・りん坊

 設定は面白くて、流れもいいなぁと思うのですが、ボーイ・ミーツ・ガール的な展開としての感情表現と起伏が感じられないのが残念かな?と思いました。

 

2017-09-08 20:45

112.137.227.226

金川明央

蠟燭さんへ

本作は、どんな会話をしているのか分からないと流れが全く読めなくなってしまうので、ルビは不可欠かと。
パンの設定が分かっていなければ、それを少年に託す意味も分からないでしょうし。

ご指摘ありがとうございました。


カジ・りん坊さんへ

なるほど、感情と起伏ですか……
読み返してみると、同年代の少女に対する胸の高鳴りや、ためらった際の自分への失望、そして決意を胸に走り出す高揚感、どれも抜け落ちているか、そもそも書かれていませんね。
ただちに修正いたします。

的確なご指摘、ありがとうございます。

2017-09-09 11:45

131.129.176.199

夜の雨

「類は敵を呼ぶ」拝読しました。


「類」=「男子高校生(主人公)」「女子高校生(ヒロイン)」ということで「高校生」が「類」ということですよね。
まあ「面白系キャラクター」という「類」(こちらの方が本質かも)にも、入ると思いますが。

短い作品ですが、テーマや構成、キャラクター、敵の出現と、いろいろな場面設定でバランスが取れていると思います。
こういう作品を読むと、作者様は、長い作品もバランスよく書けるのだろうと、推測されますね。

―――――――――――――――――――――――

中身について


 >>――――曲がり角での衝突が、〝恋〟を呼ぶとは限らない。
 例えそれが、午前八時の街角の、パンをくわえた女子高生だったとしても、だ。<<

この導入部(説明)を読んだだけでも「読者ターゲットは高校生中心の年代」だと、わかります。
ここに出てきているのが女子高生なので。


>>「きゃっ!?」
 というのは俺の声。突然とは言え情けない。
「いったぁぁ……」
 とかなんとか言って、したたかに打ちつけた尻をさすっているのが、ぶつかった女子高生の方だ。……普通逆だろうに。
 俺が不甲斐(ふがい)ないのか、コイツが男前なのか。まぁ、前者だろう。<<

導入部(エピソード)からして、「主人公のキャラクター全開」です。
主人公の性格だけでなく、考え方までわかります。


>>「はへる(立てる)?」
 パンをくわえたまま女子高生が言う。さっきその辺に落っことしていたはずだが、三秒ルールはアスファルトでも有効なんだろうか。
 恐る恐る、伸ばされた白い細腕を取る。
 塀から飛び出た頭上の枝が、そよ風を受けて緑の葉を揺らした。少女の眉間にシワが寄る。<<

「ルビは必要です」
「はへる(立てる)?」←「はへる?」だけではわかりませんが「立てる?」がある事でわかります。
また、「はへる?」がなくて「立てる?」と、普通に書くと、作品のイメージが違うものになるので、「はへる(立てる)?」これで、正解です。

>恐る恐る、伸ばされた白い細腕を取る。<
「伸ばされた」「白い」「細腕」3つに区切りましたが、雰囲気が統一されています。
「美しい」というイメージで、「伸ばされた白い細腕」になり「恐る恐る、伸ばされた白い細腕を取る。」は、その美しいイメージを「恐る恐る」と「取る。」が上と下にあるので、主人公が、「相手に恐縮」している感が、見て取れます。

>塀から飛び出た頭上の枝が<
「飛び出た」「頭上の枝」この二つの因子は「危険」を指しています。
「飛び出た」←飛び出ているので、危ない。
「頭上の枝」←頭の上に何かがあっても、普通は見えないので、期間に関する類になる。

上の二つの危険因子があるところに「そよ風を受けて緑の葉を揺らした。」と締めている。
「そよ風を受けて緑の葉を揺らした。」こちら自体は、気持ちの良い描写なので、「二つの危険因子」と、反比例している。
したがって「そよ風を受けて緑の葉を揺らした。」の「気持ちの良い」描写が際立つ。

>少女の眉間にシワが寄る。<
『「気持ちの良い」描写が際立つ。』ところに、「少女の眉間にシワが寄る」が、来るので「読み手は、おっ!」となる。
この少女は「伸ばされた」「白い」「細腕」の少女なのですよね。 ←美少女のイメージ。
その美少女が「眉間にシワが寄る」となるので、キャラクターが締まるわけです。
解かりやすく言うとヒロインは美少女で男勝り(男前)。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
この調子で説明していると長くなるので、割愛させていただきます。
最後までバランスよく書かれていました。
怪獣が出てきても、違和感ありませんでした。

――――――――――――――――――――――
 ――――曲がり角での衝突が、〝恋〟を呼ぶとは限らない。
 だが、〝勇気〟くらいは呼び起こせるらしい。
 例えそれが、午前八時の街角の、パンをくわえた男子高校生だったとしても、だ。
――――――――――――――――――――――

上、納得です。


ウィキペディアより
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ボーイ・ミーツ・ガール(Boy Meets Girl)とは、物語の類型のひとつ。直訳すると「少年が少女に会う」。つまり、少年が少女に出会い恋に落ちる話。

転じて、主人公の一人の少年が一人のわけありの少女と出会い、少女の近辺で起こる騒動に巻き込まれながらも、少女と共に騒動を解決しようとする、といった一連の話も指す。逆に少女が主人公の場合は「ガール・ミーツ・ボーイ」と呼ばれる。「月並みな話」という意味で用いられることもある。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

>今回は、曲がり角でぶつかって出会う、ボーイ・ミーツ・ガール的な展開を組み込んでみました。<

「ボーイ・ミーツ・ガール」は、書けています。
具体的な胸の高鳴りとか、ドキドキ感は、御作には、書いていませんが、ひとつひとつの文章とエピソードのつながりを読むと、「ボーイ・ミーツ・ガール」の出会いが表現されています。

これ以上書いたら、書きすぎです。
御作は、導入部を描いているにすぎません。
その導入部で「胸の高鳴りとか、ドキドキ感」まで、書いてしまうと、表現が過剰になります。
「A、B」で、充分。

A>「ひっ(しっ)、ひぶかに(静かに)」
 唇に形のいい人差し指が宛(あて)がわれる。息がかかるような距離だった。何より、俺の鎖骨の辺りで存在感を主張しているものがある。……胸デカいな、オイ。<


B>「ひぃーはらっ(いーからっ)!!」
「いや、意味分かんな――――ぐふっ!?」
 口を開けた拍子に、無理やりねじ込まれた。勢い余って唇が触れ合ったが、まぁノーカンだろう。生焼けのトーストが口内でふやける。<



気が向いたら、大人向きの作品書いてください。

2017-09-11 00:29

58.94.229.120

金川明央

夜の雨さんへ

ほめていただくのは素直に嬉しいんですが、さすがにかいかぶりすぎかと……

>>「はへる(立てる)?」

以降のはほとんど偶然の産物です。

大人向け、ですか……
まだまだ実力不足ですので、当分先になるかと。

コメントありがとうございました。

2017-09-13 17:29

153.156.252.51

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です(テクニカルサポート)。

:
:
:
3,000字以内