作家でごはん!鍛練場

『夜半に響く蝉の鳴き声に馳せる思いは』

とある執筆者著

文章というものを意識して執筆しました。
私の課題は地の文同士の繋がりのなさと、文章の平坦さだと気付かされたので、その点に関してぜひご指摘を頂きたいです。
また、その他にも課題は山積みだと思うので、その点も教えて頂けると嬉しいです。

 私は目覚める、けたたましく交差する蝉の鳴き声で、それはもう唐突に。夢のひとつさえも見ないほど心地よく眠っていたのに、蝉の鳴き声に私は起こされるのだ。そも、蝉の鳴き声かどうかすら、虫というものに詳しくない私にはわからない。それでも、夏になって、夜半に聴く虫の音は、私にとっては全て蝉の鳴き声だった。
 それはおそらく、遠い昔——私が子供の頃に依るのだろう。私の家は自然豊かな土地——悪く言ってしまえば田舎にあった。もちろん、虫という虫が無視できないほど棲息していて、日中であれば、蝉の鳴き声など聴き分けられないほどだった。
 だが、夜になれば——当時の私にとっての夜なのだから、九時ごろだろうか——祖母がいつも教えてくれたものだ。「一番に聞こえる鳴き声が蝉の奴の声なんだよ。鈴虫の鳴き声が綺麗だとか言うけれどね、ばぁばは蝉が一番だと思うんだよ」と。
 そして、それは私にとっては理解できない感覚だった。蝉など、煩いのみである。そんなことは子供の私でもわかっていたし、事実そうであったに違いない。ただ、それでも祖母は言うのだ。「蝉の鳴き声が一番だ」と。
 私にはわからなかった、わからなかったのだ。だが、年を追うごとに、知らない感性がふつふつと育ち始めたのである。否、大人になってやっと、祖母の言葉の意味に気づいたと言うべきだろうか。
 小さい頃には気づけなかったことであり、大人になって気づくことを、私はおおよそ一つしか知らない。風物詩、というものである。
 子供の頃はただ漠然と過ごしていた毎日の裏には、季節の移り変わりが潜んでいて、私にその存在を主張していたのだ。そして、毎日を漠然と過ごせなくなった今、私は風物詩というものに季節を——記憶を思い出すのである。子供の頃の愛らしい失敗だとか、つい最近の取り返しのつかない失敗だとか——先に顔を出すのは、ほとんどが負の記憶だ。
 それでもその裏には——それこそ季節の移り変わりのように、正の記憶が潜んでいるのだ。子供の頃に見つけた珍しい虫のことだとか、つい最近お釣りがゾロ目だっただとか——負の記憶に比べれば些細なことで、しかし、心を温かい何かで満たしてくれる記憶だ。
 こうやって、風物詩の良さに気づくには年を重ねなければいけない——と言うが、祖母に比べれば私はまだまだ若輩者であり、正負の記憶の厚みは比べることすらおこがましい。だから今はまだ、祖母と同じとは言えない。
 だが、私は思うのである。今日のような、夜半に蝉の鳴き声が聞こえる日には思い出し、思うのだ。やはり——。
「どうしたの? お父さん」
 不意に、私の耳元で幼い声が囁かれた。隣で寝息を立てて寝ていたはずであった、次男だった。おそらく私が目を覚ましたことに、聡く気づいたのだろう。私も子供の頃は寝ぼけ眼に、祖母が私の元を離れていくのを見ていた。まさしく今の私と息子は、あの日の私と祖母のようである。
「いぃや」
 だから私は、今は亡きあの日の祖母を思って言うのだ。まだその意味の全てがわかったわけではない。偉そうに言えるほど、その感性を磨いてはいない。だが、私は言うのである。私の息子がいつか気づく日が来ることを楽しみにしながら。
「やっぱり蝉の鳴き声が一番だと思ってね」

夜半に響く蝉の鳴き声に馳せる思いは ©とある執筆者

執筆の狙い

文章というものを意識して執筆しました。
私の課題は地の文同士の繋がりのなさと、文章の平坦さだと気付かされたので、その点に関してぜひご指摘を頂きたいです。
また、その他にも課題は山積みだと思うので、その点も教えて頂けると嬉しいです。

とある執筆者

114.16.50.74

感想と意見

アフリカ

拝読しました

>文章というものを意識して執筆しました。

何に注目して書くのか考えるのは素敵な事だと僕も思うので、これから僕も書く度にその事を考えてみます。

>私の課題は地の文同士の繋がりのなさと、文章の平坦さだと気付かされたので、その点に関してぜひご指摘を頂きたいです。

御自身で認識されている通りだと感じました。
ゾロ目の行とか……
ん~( ̄□|||| 違うよね? と、それまで積み上げてきている雰囲気と言うか語り手自身の思考の曖昧さが露呈してしまった感じがしました。

>また、その他にも課題は山積みだと思うので、その点も教えて頂けると嬉しいです。

御作法のことは他の方が教えて下さると思いますが間違いというか……少し違うかな?って箇所が散見されるように思います。

それでも、最初に出したように書くことに何かを探しているのはとても素敵だと思いますのでこれからも続けて頑張って下さい

2017-09-06 14:44

49.104.21.60

ささき

初めまして。
落ちついた、淡々とした文章ですね。すてきだなーと思いながら拝読いたしました。
読んでいる間中、BGMのように、夜の静寂の中で鳴く虫の音が聞こえている感じで、とても雰囲気のある文章だと思います。

>地の文同士の繋がりのなさ
というのは特にないと思いました。ふつうに読めました。

>文章の平坦さだと気付かされた
これも文章が平坦とはまったく感じませんでした。
おそらく平坦なのは文章ではなく、全体のストーリーが平坦なのかなというふうにおもいますが、いかがでしょうか。
このままではエッセイなのではないでしょうか。
でも個人的には、本当に雰囲気のある文章でいいなと思います。

平坦という点が気になるのであれば、ここで何かしら事を起こして人物の感情を動かしさらに物事が動いていくなどすると、物語になっていくのかもしれませんね。
ぜひ次はもう少し長いものを書かれてみてはいかがでしょうか。

勝手なことばかり申してしまいました。
それでは、すてきな読み物をありがとうございました。
 

 

2017-09-06 21:11

125.13.228.244

ささき

ひとつ書き忘れていたことがありました。
最初の部分と呼応していて最後の一行がとても効いていると思ったのですね。
オチがあってひとつのお話としてまとまっていて、そこのところもすてきだなと感じさせられた点です。
というのをお伝えしたくて、でも二度も書き込んでしまい申しわけありませんでした。
それでは失礼いたします。

2017-09-06 21:28

125.13.228.244

蠟燭

拝読しました。

虫とゆう虫が無視できない
この文が僕は無視できなかったです。こうゆうの好きです。無神経に無心になれました。

課題については、僕は無知で無能で曖昧模糊なので(だったらコメントするなよ)、全くわかりませんがそれでも自己顕示欲が強いので感想させていただきました。

あと横線の使い方が気になりましたが、僕にはよくわかりません。もう全然わからないです。

追伸
前作は酷い事言ってごめん謝意。

2017-09-08 00:43

180.31.191.27

ざっと流し見で失礼。
一人称の地の文なんつうキャラクターの考え方か作者の癖で書いているのか、どっちなのか判りにくいモノの指摘って難しいですが、一応やってきます。


それそのそして、私、だが、が多すぎる。

一人称で登場人物が私しか居ない状態なら一文章一主語で十分。
あれそれこれ、の距離感を覚えましょう。
接続詞より繋ぐ描写を。


冒頭添削例

私は目覚める、けたたましく交差する蝉の鳴き声で、それはもう唐突に。夢のひとつさえも見ないほど心地よく眠っていたところを、蝉の鳴き声で起こされるのだ。そも、蝉の鳴き声かどうか、虫というものに詳しくないのでわからないが。
しかし今でも、夏の夜半に聴く虫の音は、私にとって全て蝉の鳴き声だった。


総評としては、語彙少ない。描写の距離感意識してない。これらのせいで文が平坦に見える。接続詞邪魔。

以上。

2017-09-08 19:52

153.193.108.229

とある執筆者

アフリカさん

読んでいただきありがとうございます。

地の文の繋がりのなさは、雰囲気の違いだったのですね。ご指摘の通り、次作では雰囲気の連続性を重視したいと思います。

2017-09-09 16:44

114.16.50.74

とある執筆者

ささきさん

読んでいただきありがとうございます。

お褒めの言葉、ありがとうございます。励みになるのでとても嬉しいです。

ご指摘の通り、ストーリーというものを深く練っていませんでした。まして、山も谷もオチも。今作は文章の練習だ、と割り切っていたせいだと思います。次作はストーリーも練って、良い小説に仕上げますので。

2017-09-09 16:49

114.16.50.74

とある執筆者

蝋燭さん

読んでいただきありがとうございます。

隙のない好きをありがとうございます。

いえいえ、僕こそ無知蒙昧で小説のことなどあまりわかっていないので、感想を頂けただけで嬉しいです。

横線の使い方——雰囲気ですかね、僕の場合。適当すぎる気もしますが。

追伸
それでも感想を頂くことは嬉しいです。面白いか面白くないかなんて、千差万別なので。

2017-09-09 16:53

114.16.50.74

とある執筆者

熊さん

読んでいただきありがとうございます。

接続詞が多いことは新しい課題、というよりは重要な課題ですね。主語の乱用は文章力への自信のなさが原因かもしれません。読みづらいかもしれない、という不安が逆に読みづらくしているのですね。

語彙を増やす努力をしたいと思います。また良ければ描写の距離感というものを教えて頂けないでしょうか。

2017-09-09 16:59

114.16.50.74

再訪失礼。

描写の距離感と言う事なので少々。


まず、あれそれこれ、の距離感から。

これ  手元または自分の周りにあるモノ
それ  相手また目標地点にあるモノ
あれ  第三者またその場にないモノ


で、本題の描写の距離感について

端的に言えば、10センチ先の顔と10メートル先の顔では書き方が違うと言う事。
人称などの使い分けにも関わるので結構重要。
この作品だと、思い出語りの間は遠く淡く、ピントを合わせるのは「一番に聞こえる鳴き声が蝉の奴の声なんだよ。鈴虫の鳴き声が綺麗だとか言うけれどね、ばぁばは蝉が一番だと思うんだよ」だけ。
「どうしたの? お父さん」以降は近くくっきりと。現実に引き戻された事を明確に示すため、子供の顔の微細な表情などで全体ではなく部分を強調し、近さを演出する。



「どうしたの? お父さん」
 不意に、私の耳元で幼い声が囁かれた。そっちに首を回すと、今にも不安で泣き出しそうな次男の顔があった。

2017-09-10 15:55

153.193.108.229

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です(テクニカルサポート)。

:
:
:
3,000字以内