作家でごはん!鍛練場

『キキョウの夢』

辻島著

なぜ: 思いついたから

表現したいもの: 信じていたものは、思いがけない形で崩れてしまう、ということ。

挑戦: 平坦でつまらない文章にならないように努めました。

 教師は途端に筆を置き、獣のような目で私を一瞥すると、
おもむろにポケットからタバコを取り出した。

「私は、君が思うような聖人では無い。今教室でタバコ吸っても
このとおり、なんとも思わないし、仮に君が明日死のうとも
私に関係したことでは無い。」

 私は強烈な紫煙に目を潤ませながら、まどろみに沈む窓外の景色に
過去の記憶を映した。

 校庭の片隅に植えた藤色の朝顔。私の苗だけが、いつまでも小さく育たないことを気にかけて、教師は私の耳元で、晏如に囁いた。

「植物も人間も、皆それぞれ唯一の個性を持っている。
早熟か晩熟であるかも、立派な個性のうちだ。どんな苦悩にも耐え忍び、
己の春を待つ者に、天は至高の宝珠を現してくれる。
だから君も、信じなくてはいけないよ。」

 私は彼の言葉を胸に、来る日も来る日も世話を怠らなかった。
斜陽が頰を照らす頃、教師は必ずやってきて、口もきかずにただ、
目を細め莞爾として笑った。私は彼のその心を、何よりも尊く、美しく感じた。

 しかし朝顔は、台無しになってしまった。
連日降り続く季節外れの甚雨が、庭を呑み込み乱舞して、可憐な我が子を
散らしたのである。駆け寄って腕に抱えた頃には、無残に茎を折っていた。
そして、亡き骸を私に預けたまま、咲きかけの蕾を、
いつまでも風に揺らしていた。

「先生は、私に忍耐の心得を授けてくださいました。
あの言葉には、微塵の偽りもなかったと信じます。」

 私は彼の返答を待たずに、おもむろに教室をあとにした。
本心に、たった一言、慰めの言葉を期待していたのかもしれない。
私の信じていたものは、全て雨上がりに霧散した。
ただ、この世のものは、生々流転のもとに抗う術を持たないのである。

 蝉時雨と斜陽が、小さな街を優しく包む。
今だけは、感傷に浸っていたい。私は足元の石を掴んで、校庭の隅に投げつけた。

キキョウの夢 ©辻島

執筆の狙い

なぜ: 思いついたから

表現したいもの: 信じていたものは、思いがけない形で崩れてしまう、ということ。

挑戦: 平坦でつまらない文章にならないように努めました。

辻島

121.109.188.54

感想と意見

九月が永遠に続けば

・・・で、どうして表題は『キキョウの夢』なんだろうか??


「晏如に囁い」たり、「莞爾として笑った」り、漢字使用率が高いところ、「キキョウ」とカタカナなんで、

「桔梗」じゃなく「帰郷」だの「奇矯」だの「棄教」だのと“かけている”とでもいうのだろうか??


無理がある。


そもそも【書き出しが唐突すぎ】て、無理がある。

2017-09-03 23:07

219.100.86.89

ドリーマー

こんにちは。作品、拝読しました。

>信じていたものは、思いがけない形で崩れてしまう、ということ。

これは概ね描けているように思いました。

>平坦でつまらない文章にならないように努めました。

しかしこちらは凝り過ぎて失敗しているような。

まずタイトルのキキョウ。「朝顔の夢」ならまだしも、なぜキキョウ?
万葉集では朝顔は桔梗を指しますから、もし主人公が万葉集のファンなら、そこからの関連付けと取れなくもないですが、作中には万葉のまの字もないですし……。

また朝顔の栽培というと、普通は小学校の低学年で行われます。でも作中に出て来るのは、小学生なら絶対に使わないような言葉ばかりです。
懐古厨の高校生なら使うかもしれませんが、それにしても一人称で「晏如に」とか「斜陽が」とか「莞爾として」なんて言うのは、かなり稀だと思います。これが三人称主人公視点の地の文なら、懐古調な雰囲気を狙ったのだろう、と思えますが。

作者さんは主人公を何歳に設定して書かれたのでしょう?
一人称の文章は、語り手(主人公)の年齢や性格に合った言葉を使うのが原則だと思うのです。
たとえば直木賞・芥川賞作品には、平坦で分かりやすい言葉で書かれた作品も多いですが、けっしてつまらない文章ではありません。つまり分かりやすい言葉、分かりやすい表現を使った文章=平坦でつまらない文章、ではないということだと思うのです。

「難しいことを分かりやすく」と言ったのは井上ひさしさんですが、私が理想とするのもそんな文章です。
そういう読み手の感想なので、的外れなことを言っているかもしれませんが、少しでも参考になれば幸いです。
それでは、失礼しました。

2017-09-04 13:05

118.238.101.200

大丘 忍

>挑戦: 平坦でつまらない文章にならないように努めました。

と、思うあまり美辞麗句を並べただけという感を受けました。

2017-09-04 13:33

221.242.58.46

辻島

九月が永遠に続けば 様

ご指摘ありがとうございます。
本日、学校で友人にも読んでもらったところ、同じ指摘を受けました。
本来は「桔梗」と表記するところを、あえて「キキョウ」とカタカナ表記にしたのは、
音の響きを強調したいと思ったからなのですが、よく考えてみれば
言葉をかけているようにも捉えられる、と気づきました。
これからは、よく熟考してから題名をつけるようにします。

書き出しも、場面展開を急くあまり、読者の方を置き去りにしてしまうような
唐突さがありました…。なんとかインパクトを、という甘い考えが空回りして、
なんだかかっこ悪いな、と自分で読んでも思います…。

貴重な感想、ありがとうございました!
今後の創作に、しっかり活かしていきます!

2017-09-04 19:17

121.109.188.54

辻島

ドリーマー 様

ご指摘ありがとうございます。
主題がなんとかお伝えできているようで、とても安心しました!

やはり、文章は妙に凝ろうとしすぎるあまり、かえってくどくてわかりにくくなっている
と、自分でも思います。
仰るとおり、「キキョウ」は、朝顔の古い呼び方であるため使用したのですが、
そこがいけませんでした。万葉集にまで考えが及ばず、ただの思いつきでつけたことを
とても後悔しています…。
今回の主人公の設定は、ぼんやりと中学3年生くらいかな、と私の中では考えていたのですが、
それにしても特殊な言い回しが浮いていて、なんだかしらけます。ただ難しい言葉を遣ってみたい、という私の身勝手な考えが甘かったです…。

> 一人称の文章は、語り手(主人公)の年齢や性格に合った言葉を使うのが原則だと思うのです。

その通りだと思います。お恥ずかしながら、そのようなことは今までつゆほども気にかけたことがありませんでした。主人公に合わせた言葉を、慎重に選んでいこうと思います。

とても的確なアドバイス、ありがとうございました!
的はずれだなんて、とんでもありません。
創作をする上での心構えが、変わりました。
これからは、好き勝手書くことは止して、細かなところにまで気を配って
作品作りをしようと思います。
ありがとうございました!

2017-09-04 20:29

121.109.188.54

辻島

大丘 忍 様

ご指摘ありがとうございます。
やはり、ただ難しい言葉を使えばかっこいい、という考えが裏目にでているなと
自分でも反省しております。これからは、なるべく簡素な言葉遣いでわかりやすく
書くように気をつけようと思います。

貴重なご意見、ありがとうございました!

2017-09-04 20:38

121.109.188.54

加宮

初めまして。読ませていただきました。

>信じていたものは、思いがけない形で崩れてしまう、ということ。
これは、間違いなく表現できていたと思います。

>挑戦: 平坦でつまらない文章にならないように努めました。
これは、正直、挑戦に終わってしまったなあと感じました。

というところまで書いて、他の方の感想を読んだら、同じことが書かれていました。やっぱり、みんな思うことなのでしょう。

思いついたから書いたとありますが、思いついたものを自分の中で物語として固めずにイメージ先行で書ききったような感があります。いったん落ち着いて、簡単でもいいのでプロットなり、場面設定なりを作ってから書き始めた方がよかったかもしれません。辻島さんの脳内イメージが、そのまま形になったような、そんな印象を受けました。
冒頭の教師がタバコを吸っているシーンもそうですし、
>教師は途端に筆を置き、
とあり、あれ、どうして筆なんか持っていたんだろう。何をしていたのだろう。と気になっていたのですが、結局、最後まで分かりませんでした。教師が筆を持っている場面……宿題の添削? 習字の授業の準備? と初めの疑問が解決されなかったので、何かもやもや感があるまま読み進めてしまいました(私の読解力がないだけだったらすみません。教えていただきたいです)。

この私は、何歳の設定なのでしょう? ここは小学校なのでしょうか? その割に言葉の使い方がいやに堅苦しいなと思います。平坦な文章にしたくないのでしたら、いっそ、子供らしい文章にしてしまってはいかがでしょうか? 幼い子供が作文を書いているような感じで書いてみるとか。

他の感想にもありましたが、基本はやっぱり分かりやすい文章が一番だと思います。読者に一番伝わる語り方、言葉を選んでいく、作品にあった文体を選んでいく。選んだ結果として、幼い子供の文章だったり、難しい言葉を多用した文章だったり、分かりやすく簡素な文章が出てくるんだと思います。だから、文体、文章はあくまで手段であって目的ではないと思います。もちろん、文章を目的とした作品もありますがそれは例外的な挑戦という意味合いが大きいと思います。
けれど、特にライトノベルに多い気がしますが、物語にあっていなくても、難しい言葉を多用している作品は多々あります。それは中高生くらいだと、それだけで喜びますし、深いなどと勘違いをしてしまうことがあるからだと思います。それで、結果、そういう作品が売れることもあります。本当に、どの作品が売れるか分かりませんよね。
けれど、書く側としては、作品に適切な文体を選んでいくことが基本だと思います。
と、長々と作品には直接関係ない、当たり前のことを書いてしまいました。すみませんでした。

私は楽しく読めましたし、これを短くてもいいので、しっかりと熟慮され、完成された状態で読みたいなと思いました。ありがとうございました!

2017-09-10 23:02

180.199.89.116

辻島

加宮 様

貴重なご意見をありがとうございます!
趣旨がお伝えできているようで、とても安心しました。
ご指摘のとおり、突如として湧いた創作意欲のままにプロットの一つも
考えないまま書きました。そのため構成が甘く、今自分で読み返しても
恥ずかしいほど支離滅裂としています…。
年齢は、漠然ながら中学3年生くらいを想定して書きました。
ただ、他の方のご指摘にもあるとおり、年齢相応でない難解な言葉を
多様しているあたり、やはり「自分のための」小説になってしまい、
読者の方を置き去りにしてしまいました。
(こうして書いている間も、常に難しい言葉を!と思ってしまう私は、
反省が足りませんよね…)
決してライトノベルにはならないように注意を払って書いて
おりますが、仰るとおり、今日の同系作品中には、日常生活において使用しない難解な
言葉が喜ばれるようです…。かくいう私も一高校生として、かつてそういった
作品を嗜んでおりましたし、私の学校にはライトノベル特設コーナーがあるので、
同級生もよく読んでいます。難解な言葉が並ぶだけで、かっこよくてドキドキして
しまう私は、まだまだ幼稚です。
話がそれてしまいすみません。今後は「自分のための小説」でなく
「誰かに読んでもらうための」小説をかけるように精進していきます!
的確なご指摘、とても胸に響きました。本当に、ありがとうございました!!

2017-09-14 21:05

121.109.188.54

辻島

加宮様への返信内にて誤字がありましたので、ここに訂正します。

l.8 多様→多用

2017-09-14 21:07

121.109.188.54

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です(テクニカルサポート)。

:
:
:
3,000字以内