作家でごはん!鍛練場

『角が有る者達』

C・トベルト著

自分は昔から名前の前に台詞の有る小説が好きでした。少しでもその面白さに触れてもらいたくて、この話を書いてみました。
 他の方とは違う書き方で話を進めていきます。良ければ感想やさまざまなコメントいただければ有り難いです。

2079年4月8日 キヨミズ公園

 桜の名所としても知られるキヨミズ公園は今年も大勢の花見客で賑わっていた。
 ほとんどの人達が桜の木の下で酒を呑み、歌い踊り花見を楽しんでいたが、
 『血染め桜』と呼ばれる桜の下では誰も行かなかった。

 血染め桜とは文字通り血のように赤い桜の事である。
 散り様も激しい雨のように一気に散るので、一度散ると下にいる者は一瞬で赤い花びらに呑まれてしまう。
 さらに不思議な事にこの桜を科学的に調べると桜の赤を構成しているのは人の血と同じ成分が含まれているからという事。
 これによって周囲の人々は血染め桜を気味悪がり、誰一人その桜の下で騒ごうとは思わなかった。

 だから彼等には分からなかった。
 この桜にどんな過去があったのか。
 この桜に関わる人達がどんな未来を見たか。
 この桜に関わる人達がどんな約束をこの桜の下で交わしたかを。
 これは人でありながら角を持つ者達の物語。





2069年

 人々はニ種類の存在に分かれていた。
 科学力、スポーツ、美術、経済。
ありとあらゆるジャンルで活躍し、世界の最先端を行く『天才』。
 そして不思議な力を手に入れ、適材適所で活躍する『能力者』の二種類の存在が人間を分けていた。
事の発端は2069年より更に60年前の2009年。
ゴルゾネス・トオル博士が開発したナノレベルのチップ『Gチップ』である。
 このチップが体内に入るとその人の細胞からDNAを調べその人のもっとも優れたDNAを発見し、長所を極限まで成長できるようサポートする。
 その結果が『才能』という形で現れ、天才が定期的に誕生するようになったのだ。
 これによって人類は数々の才能を短期間で発見、成長し、僅か十年で百年分の進歩するほどであった。
 しかし同時に能力者の存在も明るみに出る。
Gチップは人の長所の成長をサポートする役割を持っているが、それで伸ばすDNAが才能だけとは限らない。
 今まで誰も見つけた事のない遺伝子を成長させ、特異能力に目覚めてしまう、それが能力者だ。
彼等は人智を越えた力を使い、様々な場面で活躍するようになる。
 彼等は初めは新たな時代の訪れに胸をおどらせていた。
 だがここで一つ落とし穴があった。それは法律だ。 能力者を法律で縛る事が出来ないのだ。

 空を飛ぶ者、火を噴く者、人を操る者。
 様々な能力者が生まれ存在する世界では能力の使い方はその持ち主に任せる他ない。
 法律で人を縛る事が出来なくなってしまった。
 世界中の能力者が好き勝手に暴れ始める。  
 盗み、殺人、革命。戦争。
 世界の滅亡さえ容易く行える者まで現れ、それに対し天才は抗える力を持っていなかった。
 そして世界中の天才達は考えに考え、一つの結論に達した。
  能力者を出来るだけひとまとめにし、なるべくコントロールできやすいようにしよう。
ばらばらなら対処出来ない彼等も、固まれば自分達でルールを作りやすいし我々にとっても利用しやすい。

 こうして世界中の天才はその力で無人の人口島を作り上げ、その中に世界中の能力者を押し込めた。
 能力者は最初はそれを受け入れた。普通の人として生活したかったから、という理由が主だった。
だが能力者の一人、イシキは彼等に叫ぶ。

「我々を怪物扱いし、檻に閉じ込めるな!
我々は貴様等と同じ人間なんだ!
能力者諸君よ、差別を恐れるな!
天才の目を恐れるな!
この力は神から授かりし我等の個性!
お前達のしている事は、それを否定しているのだ!
立ち上がれ、能力者達よ!
我等は人となる為に、あえて鬼となろう!」

こうしてイシキは小鬼達『ゴブリンズ』という能力者の為の組織を立ち上げ、能力者軍として世界中の天才達に対し宣戦布告を宣言した。
それから50年の間に、何度も天才と能力者は戦争を行った。
 戦いの果てに能力者は勝利し、天才達が総力を上げて造った島を自分達の国ゴブリンズ島とし、ようやく世界中の天才と同等の立場に立つ事が出来た。

2068年12月。
ようやく天才と能力者は手を取りはじめ、能力者は島から出る事を許された。
二分された世界は一つになり、人類は漸く、胸を張って前へ進めると皆が信じていた。

2069年5月8日、午後11時59分。
  国の名前は日本。その都市部にある商社ビルのコントロールルーム内。
真っ暗な部屋の中で何かが話し合っていた。

「大丈夫か、スス」
「こっちはいつでもOKよ、アイ」
アイ「了解。ダンク、シティ、ルトー、報告を」
シティ「逃げ道の確保、OK」
ダンク「派手な演出、OK」
ルトー「ネットの宣伝、完璧」
アイ「了解。カウントダウンを始める。30、29」



 商社ビルの外側では大変な騒ぎになっていた。
 スーツを着た人から観光客まで皆が十階建てのビルを期待の眼差しで見つめている。
 そこから少し離れた所でリポーターがカメラに向かって話しかけている。
そして群衆の中には商社の社長とおぼしき人物が心配そうに見つめている。

「今、ついに30秒前になりました。
大勢の人が期待を込めてカウントダウンを始めています」
「25!」「24!」「23!」「22!」



「15秒、まだ見つからないのかノリ!」
「無理ですハサギさん、見つかりません!」

 ビルの中は警察がある人間を追っていた。 しかしその姿は見つかず何度も誰もいない部屋を開け閉めしていた。
  また別の階では機動隊が同様にドアを開け閉めしているが、やはり姿は見つからない。

ハサギ「あと10秒!」

「9」 ビルの外に突然電柱が現れる。
「8」 機動隊が扉を開け中を調べる。
「7」 屋上で一人の男が呪文を唱える。
「6」 ビルの下で野次馬達が叫ぶ。
「5」 ビルの外で一人少年がカメラを構える。
「4」 スーツ着た二人が廊下に出る。
「3」 リポーターが三本の指をカメラに見せる。
「2」 アイと呼ばれた男が一言呟いた。
「1」「さあ、悪戯の時間だ」

角が有る者達 ©C・トベルト

執筆の狙い

自分は昔から名前の前に台詞の有る小説が好きでした。少しでもその面白さに触れてもらいたくて、この話を書いてみました。
 他の方とは違う書き方で話を進めていきます。良ければ感想やさまざまなコメントいただければ有り難いです。

C・トベルト

106.166.81.180

感想と意見

うし

「大丈夫か、スス」
「こっちはいつでもOKよ、アイ」
アイ「了解。ダンク、シティ、ルトー、報告を」
シティ「逃げ道の確保、OK」
ダンク「派手な演出、OK」
ルトー「ネットの宣伝、完璧」
アイ「了解。カウントダウンを始める。30、29」

これは酷いと思った。

「名前の前に台詞の有る小説」

ってこれのことですか? 違いますよね、これは台詞の前に名前があるので。

この場面で、わざわざ名前を描写する必要が感じられません。

べつに、

「大丈夫か、スス」
「こっちはいつでもOKよ、アイ」
「了解。ダンク、シティ、ルトー、報告を」
「逃げ道の確保、OK」
「派手な演出、OK」
「ネットの宣伝、完璧」
「了解。カウントダウンを始める。30、29」

 これで、全く違和感ないし、こちらの方が読みやすくて、テンポもよくなります。

 どうしても誰が何を言ったのかハッキリさせたかったら、もっと丁寧な描写をするべきです。

2017-08-07 09:40

153.178.5.36

ドリーマー

こんにちは。作品、拝読しました。

作者さんが仰る「名前の前に台詞の有る小説」というのが、うしさんが指していることなら、これは「他の方とは違う書き方」ではなく、ただの手抜きだと思います。
なぜなら小説を書く人の多くは、どうすれば台詞の前に話者の名前を書かなくても、誰の台詞なのか分かるように工夫をしているからです。
例えば全編会話文のみの作品でも、登場人物ごとに話し方を変えれば、どれが誰の台詞なのか分かりますよね。

また小説はシナリオとは違います。
シナリオは役者が演じることを前提に書くので、登場人物が何歳くらいでどんな表情で話しているのか、いちいち書きません。見る側は役者の姿を見れば、何歳くらいでどんな格好をしているのか一目瞭然ですし、話し方や表情も役者が状況に応じて演じてくれるからです。

作者さんが目指しているのが小説ではなくシナリオなら、この書き方でもいいと思うのです。あるいは漫画の原作なら、漫画家が作中で不足している情報を絵で補ってくれます。
でも言葉のみで表現する小説を目指すなら、この書き方だと作者さんが作品で描きたいことの半分も、読み手には伝わらないと思います。
一応、作中で何が起こっているのかは分かりますが、終始、説明文と会話のみで構成されていて、描写がほとんどないので、箇条書きにした粗筋を読んでいるような気分でした。

作者さんが基本的な小説の書き方をマスターした上で、新しい書き方に挑戦しているならいいのです。でも、もしそうでないのなら、「他の方とは違う書き方」に挑戦するのは無謀な気がしました。

自分のことを棚に上げて勝手なことを書きましたが、少しでも参考になれば幸いです。
それでは、失礼しました。

2017-08-07 11:37

223.133.213.234

C・トベルト

うしさん、感想ありがとうございます。
 名前の前に台詞の有る小説ではなく、台詞の前に名前の有る小説でした。これは酷い間違いです。正解は台詞の前に名前の有る小説でした。
 後で訂正しますね。
確かに名前をわざわざ書く必要性は感じられません。訂正文、本当に有り難いと思います。
 描写が少なくなるのは自分の悪い点だと自覚している為、指摘も最もだと思います。
 今度はテンポ良くなるように書いてみたいと思います。ありがとうございました。


 

2017-08-07 14:58

182.251.241.36

C・トベルト

ドリーマーさん、感想ありがとうございます。
 自分の作品の粗をしてくれて本当に感謝の限りです。見立ての少なさを痛感するばかりです。

 このような稚作の後で自分の話をするのは少し恥ずかしいのですが、自分はネットの画面越しに読む小説は本で読む作品とは違う形で書いた方が良いと思い、あえてテンポの遅い文章で書こうと思ったのです。
 物語は昔から様々な書物に記されていきました。巻物、屏風、竹、本、携帯。
 それらに記されている物語を読む内にそれぞれの書き方による引き込み方があると気付いたのです。
 巻物は最初と最後を巻き、読む部分だけを広げて読みます。次の部分はどうなっているのか、次の章はどうなっているのか分かりづらく書いてあります。時代が進んで本が出来た時、ページという次のページを読むまでの楽しみや工夫がされていると思います。
 ではネットは?上から下へ読むネット小説は読みやすいでしょうか?
 あくまで自分目線ですが、他の書物で読むよりぐっと読みづらかったです。
 あの沢山の子どもの気持ちを沸き立てたシャーロックホームズでさえ横書きではただの文章の壁にしか見えないのです。
 上から下へただ書いてあるだけの小説を読んで、自分はデジタル化した石器の書物を見ている気持ちになりました。
 確かに今までの文法や書き方は非常に想像を掻き立ててくれます、気持ちも分かりやすく伝えてくれます。
 ですが今までの書物にあった『休止』が出来ないのです。頁という概念が無いネット小説では上から下へ一気に読む事で、話がようやく分かるようになるのです。しかしそれは例えるならバンジージャンプのように止まらずに読んだ場合。
 一度読むのを止めればそれでもう思いだしづらくなり、一度読み始めた時に感じたワクワクが無くなってしまうのです。
 そして自分がネット小説に合う様々な書き方を模索し、辿り着いたのが『台詞の前に名前』の小説です。このテンポの悪さを上手に書く事で、どこから読んでもすぐに想像しやすく、話が分かりやすく、想像とワクワクを広げやすくする事が出来ると思います。

 まだ入りたてなのにこんな持論広げて申し訳ありません。どうしても手抜きだと思われたくなかったんです。
 ここからは感想ではなく、小説で語りたいと思います。二週間後に次の話を書くので、どうかその時を楽しみにしてお待ちください。


 

2017-08-07 19:04

182.251.241.33

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です(テクニカルサポート)。

:
:
:
3,000字以内