作家でごはん!鍛練場

『箱を被った人間?タローのテキトー旅』

ギム著

自分の実力を測りたかったからです。こんなんでいいのかな?

どんなものにも常識があるし、決められた法則がある。逆にそんな法則を破るし、ご都合主義に愛された人物がいたとしよう。そんな人物の物語。
なお、この話はご都合主義に主人公補正を重視したストーリーです。
まずは、本作品の主役を紹介します。私の名前は、ありません。外見は、人間。服の格好は……適当でいいや。いや、この際想像しやすい白のワイシャツにしよう。そんな人間のチャームポイントであり、アイデンティティーである部分を紹介しよう。顔を隠すように被っている箱だ。もちろん目の穴は、二つ開いている。これでも結構見えますよ。そうだ、私の名前をタローにしよう。覚えやすいし。
そんな私には、たくさんの能力があります。まあ、色々とできますと書いておきましょう。その方が後付けが楽だし。
そんな感じでストーリースタート。

ある日、タローは考えていた。
別に、世界情勢や経済のことなんて考えていませんよ。しょーもないことです。
「何のパンを食べようか……」
タローは呟く。
それだけですよ。別に何のパンでもいいのにね。
「よし、決めた。大通りの食パンにしましょう」
タローは、立ち上がった。むくりと立ち上がった。
『ほら、なんとか大地に立つみたいな。あんなのかっこいいよね』
ちなみにタローがいる場所は、薄暗い路地。
『ほら、アメリカンストーリーでよく見る薄暗い路地があるじゃないですか。シルバーのゴミ箱とか。あれを想像していただけるとわりかし簡単。』
「よう、そこの兄ちゃん?訳の分からない格好をしている奴」
タローは、声を掛けられた。相手は、エキセントリックな格好した三人組だ。
絶対、こういうヤツラってどこにでもいますよね。なんででしょう?
「私ですか?」
タローが答える。
「そうだ。お前、金持っていないか?」
男の一人が言う。
「持っていませんよ。むしろ、ください」
タローは、要求する。
「ああ?なんで、テメェにやる義理があるんだよ?」
もちろん男は怒る。だって、こちらが要求しようとしたのだから。
「ここで会ったのもなにかの縁ですから。恵んでください。お慈悲を」
タローは、膝を着き、両手を握る。
「やるか、クソ乞食こじきが!」
「バカジャネーノ」
男たちは、吐き捨てるように言う。
「ケチ、おケチ」
タローは、子供のようにブーブー文句を言う。
「なんでだよ」
「もう、こいつに関わらない方がいいぜ」
「気持ち悪いしな。頭おかしいんじゃないのか?」
男たちは、タローから離れようとする。
「まあまあ、ここで会ったのもなにかの縁ですからぁ」
タローは、一人の男に抱き付いた。
「うわっ、離れろ!」
男は、タローを引き剥がした。
「いやん」
今度は、別の男に抱きついた。
「気持ち悪い」
その男もタローを剥がした。
「ついでに、あなたも」
タローは、残りの一人にも飛び付いた。
「離れろ!」
タローは、剥がされ、投げ飛ばされた。思いっきり地面に叩きつけられるタロー。
こう見えて私、受け身が取れないのですよ。
「イタイ」
「逃げろ!」
男たちは、逃げていった。
「うーん、人からお金を盗るなんてサイテーですね」
タローは、三つの財布を持ちながら言う。その財布は、さっきの男たちの物だ。
実は、私スリの技術があるのですよ。別にハワイでオヤジに習ったわけではありませんよ。
「これで、食事としましょう」
タローは、財布からお金を抜き取った。ついでにクレジットカードなどいろいろと抜き取る。
みなさん。財布を落とした時にやることを教えましょう。
その1
警察に届ける。
基本ですね。
その2
クレジットカードなどのカード機能の停止。
レンタルビデオのカードも止めておいた方がいいですよ。勝手に使われて延滞料とかとられる可能性もありますので。
その3
個人証明書の再発行。
そんなところです。

さて、タローはもちろんそのような知識があるので、
「分身!」
タローは、分身した。そして、たくさんのタローが出てきた。
正直、たくさんの自分って気持ち悪いですよ。自分が自分じゃないみたいで。いや、ホントに……。
「カードは一枚ずつ持ちましたか?」
タロー本体が尋ねる。
「「はい、もちろん!」」
タローの分身が先程の三人組から盗んだカードを一枚ずつ手に持った。
「それでは、上限まで使い切ってください。集合場所は、行こうとしたパン屋で!」
タロー本体が指示を出す。
「「はい!」」
返事をするタローの分身。
「解散!」
その合図で分身たちは、解散した。その間、本体のタローは、パン屋でパンを買い店前でもしゃもしゃと食べていた。

しばらくしたのち。

「何、買ってきました?」
「私は、ファンキーファッション担当でした」
「私は、ビデオ屋でポイントを使って任侠映画を」
「私は……」
「私は……」
分身たちが集まる。
「……」
タロー本体は、黙る。
ね? 正直、気持ち悪いでしょ。
「それでは、消えてください」
「「はい」」
タローの合図で分身たちが消えた。そして、置かれるたくさんの荷物。それと同時にたくさんの記憶がタローの頭の中に入ってくる。
「ホント色々な店に行ってきたのですね。オエー」
一気に入ってきた情報に耐えれないタロー。
これ、本当に辛いんですよ。
「さて、次に行きますか」
荷物も席に放置するタロー。そして店をあとにした。放置された荷物には、プレゼントと書かれたカードが置かれていた。
「あー、面白かった」
タローは、ノビをしながら歩いていた。
「さて、このカードは……。適当にポーイ!」
タローは、カードをばら撒いた。そして、人ごみに紛れていった。

箱を被った人間?タローのテキトー旅 ©ギム

執筆の狙い

自分の実力を測りたかったからです。こんなんでいいのかな?

ギム

58.90.231.74

感想と意見

太郎

メタ的な表現は大嫌いです!

2017-05-15 21:32

110.233.104.49

ギム

太郎さんへ
感想ありがとうございます。
具体的にどのようなところがダメなのか教えてくださると、こちらとしても嬉しいのですが教えてはいただけないでしょうか。

2017-05-15 21:51

58.90.231.74

太郎

ストーリースタートまでの全文を削除してくれたら、少しは読む気になったかもしれません。

2017-05-15 22:02

110.233.104.49

五月雨をあつめて早し最上川

ダメダメです。

全然書けてない。

安部公房『箱男』の冒頭を一読してみて。

ドンゴロスと段ボール箱で「箱男」となってゆく描写、
ホームレスとして、街で絡まれ、被害に遭う描写・・

すべてが既にそこにある。

完璧なカタチで。


よって、この駄文には、存在意義がまるでないのです。

2017-05-15 22:03

106.185.185.3

ギム

太郎さんへ
細かなご指摘ありがとうございます。
例え消しても、それでも読む気になるかもしれないという低ランクの判断ですか。手厳しくて嬉しいです。
そうなると、かなり未熟ですね。参考になりました。

2017-05-15 22:19

58.90.231.74

ギム

五月雨をあつめて早し最上川へ。

ダメダメですか。これもまた手厳しい限りです。

『箱男』ですか。
それを読むと、どんな形でか何か手がかりがある可能性があるのですね。
参考の本を教えていただきありがとうございます。

それを読んでもっと精進します。

拙い駄文を読んでいただきありがとうございました。

2017-05-15 22:24

58.90.231.74

蠟燭

初めまして、
僕は鍛錬中なので、難しいことは言えませんが、
小説の設定を導入部であえて記述するのはオリジナルなのでしょうか?
演劇のパンフレットを見てるような、
小説って色んなスタイルがあるんだなあと感心しっぱなしです。
では、失礼しました。

2017-05-22 01:09

153.175.221.76

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です(テクニカルサポート)。

:
:
:
3,000字以内