作家でごはん!鍛練場

『真冬の朝の出来事』

方祝著

よろしくお願いします。

 次は僕の番か。嫌だね。怪談だなんて。でも、順番だから、しょうがないか。
 僕のは、ちょっと変わっていて、怖いと言うより──そう。何だか物悲しいんだ。
 では、


 翔太君というのは、元気一杯な幼稚園児なんだけど、その翔太君の近所に、一家心中をした家があった。
 心中したのは「山室」という家で、若い夫婦には五歳になる娘がいた。


 夏のことだった。発見されたのは四日後で、
 ──ああ。この部分は省略だ。気持ちのいい話じゃない。


 さて。
 近所に住む人達は、今も建物が残されている山室家の敷地に、間違って子供が入ったりしないよう注意していた。
 翔太君も、
「このおうちに入ってはいけませんよ」
 お母さんから、そう言い聞かされていた。


 なのに翔太君は、その家の庭にゴルフボールを見つけてしまった。
 ゴルフボールを取って戻るだけのこと。十秒とかからない。翔太君は自慢の腕時計を見た。ミッキーマウスの秒針が、たった十回動くだけの時間。


 ゴルフボールを手に入れた翔太君は庭から出ようとした。そのとき、更にもう一個、ゴルフボールを見つけた。
 庭に物置があった。スチール製で、軽自動車が一台入るくらいの大きさ。ボールは、その扉の前に落ちていた。


 二個目を手に入れた翔太君は、物置の扉が薄く開いているのに気がついた。
 何か惹かれるものがあった。扉を開けて中に入った。
「あっ!」
 入ると同時に扉が閉まってしまった。
 後悔しても、それは後の祭り。


 物置の扉が開かない──。どうしても駄目だった。
 幸い、中は真っ暗でなかった。壁の細い隙間から外の光が漏れていた。
 大声で何度も助けを求めた。
 不幸なことに、その日は連休だった。隣家は留守になっていた。


 翔太君は気丈だった。それでも相当に心細い思いをしていた。
 しばらくして、翔太君は女の子の存在に気がついた──。同じ年頃の女の子。
 でも、狭い物置の中で、どうして直ぐに気づけなかったのだろう……。


 女の子はワンピース姿だった。
 翔太君は、セーターの上にジャンパーを羽織っていた。それでも寒かった。
「寒くないの?」
 女の子に聞いた。
「うん」
「名前は?」
「みゆき。でも、お父さんとお母さんは、みゆって呼ぶ」
「みゆ?」
「うん。ミミが入ったの」
「みみ?」
「子猫なの。この中に入ったの。でも、いないの……」
 みゆきちゃんの言う通り、猫はいなかった。
「出られない?」
「うん」
 翔太君は、そう答えるしかなかった。
「どうして、ここにいるの?」
「これ」翔太君は、ポケットからゴルフボールを取り出して、「ゴルフボールだよ」
「知ってる。お父さんが持ってる」
 みゆきちゃんが言った。


 時間は刻々と過ぎて行く。寒さも増していった。翔太君は震えていた。
 不思議なことに、みゆきちゃんは平気な顔をしていた。鳥肌の一つも立ててなかった。
 ミッキーマウスは午後の十時になっていた。もう、物置の中は真っ暗だ。
 と。
 いきなり扉が開いて、何本もの懐中電灯の光が入ってきた。


「いたぞ!」
 男が叫んだ。みゆきちゃんを抱き上げて、そのまま物置から出した。
「見つけた! こんなところにいた!」
 大勢の人が、行方不明の女の子を捜していた。そして見つけることが出来た。
「みゆきちゃんだね?」
「うん」
「よかった! もうすぐ、お父さんとお母さんが来るから!」
「男の子がいるぅ」
 物置を指して、みゆきちゃんが言った。
「男の子? おい、本当か?」
 別の男性が聞いた。
「ば、馬鹿な! 誰もいるものか! し、しかし、これで二度目だ……ここに子供が閉じこめられたのは……」
 彼の声が震えていた。
「二度目?」
「あ、ああ。越して来たばかりの君は知らないだろう。去年の冬、ここで亡くなった子供がいた。
 見つけたときには、もう冷たくなっていた。手にゴルフボールを持っていてね……。
 あれは、吐く息も凍るような真冬の朝だった。その前には一家心中もあったし、本当にこの家は……」


 物置の中、翔太君は、
「どうして僕が見えないの? お母さんはどこ? ねえ。僕、ずっとここにいるよ。ああ。すごく寒い……」
 ポケットからゴルフボールを取り出して、
「よかったね。子猫はきっと見つかるよ……」
 そのとき、
 ミッキーマウスの針が、

 猛スピードで

 逆回転を始めた──
                              了

真冬の朝の出来事 ©方祝

執筆の狙い

よろしくお願いします。

方祝

126.161.157.217

感想と意見

童子繭

映画シックスセンスご存知?

2017-05-15 12:21

126.211.121.247

カジ・りん坊

 ああ、なるほど!最後『よかったね。子猫はきっと見つかるよ』で『ネコ』が見つかって、ミッキーマウスの針が、猛スピードで逆回転して『ネズミ』が逃げ出したってこと???

 これはギャグですか?


 冒頭『一家心中をした家があった。心中したのは「山室」という家で、若い夫婦には五歳になる娘がいた』とあって、物置から女の子が見つかり『あれは、吐く息も凍るような真冬の朝だった。その前には一家心中もあったし、本当にこの家は』と『一家心中』した五歳の娘が翔太君という男の子のような名前だった敵な落ち??

 ま、たしかに物悲しい感じではありました。

 やはり小物にも凝らないとダメだろうし、含みを持たせる構成もしっかりと設定しないと訳がわからなくなるだけのように思いました。

 ミミだのみゆだのみゆきだミッキーだのゴチャゴチャした感じだし、翔太君はプロゴルファーかと思えるぐらいロストボールに興味があるし、本筋より脇を固める話が興味深い。





 

2017-05-15 13:37

124.110.104.4

方祝

童子繭さん。
感想ありがとう。
もちろん知ってます。でも、シックスセンス以前にも同じような作品があっただろうし。
つまり、論点はそこではなく、童子繭さんにとって面白い作品ではなかったということだと思います。

2017-05-17 17:15

126.161.149.20

方祝

カジ・りん坊さん。
感想ありがとう。
この作品には三人の別々の子供が存在していることになっています。
が、分かりやすい書き方をしていないのは確か。

2017-05-17 17:16

126.161.149.20

童子繭

三人だったんだ。ごめん、よくわかんないで感想つけた。もっと次は長いのを

2017-05-18 09:06

126.234.117.238

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です(テクニカルサポート)。

:
:
:
3,000字以内