作家でごはん!鍛練場

『四月の淡い青』

ちょび著

四月が特別に好きだということをふと思い出して書きました。

 朝、目が覚めると四月だった。カレンダーをめくって三月を捨てる。
 カーテンを開けると外から小さくパパパッと音がした。窓に水滴が垂れて光を反射させている。
「雨……」
 二〇一七年の四月はしっとりと始まったようだ。
「雨だねー」
 突然、後ろから話しかけられて驚いた。むっとして振り向く。肩まで伸びた髪をぼさぼさっと手で梳いて、葵が立っていた。
「おはようコーちゃん」
 まだ眠気の残っている、ふわっと漂うような声。
「葵、おはよう」
 朝の挨拶を返さないと葵は怒る。名前を呼ばないと葵は怒る。もう習慣のようになって、自然と「葵」が出てくる。
「コーちゃん、またソファで寝てたでしょ。だめだよ、まだ寒いんだから」
「ごめん、疲れちゃって」
「風邪引いちゃうよ」
 他人の、というより僕の体調管理にうるさい葵は年に五回は風邪を引く。春夏秋冬、そしておまけに一回。
「葵、散歩に行かないか」
「ん、いいよ」
 起き抜けの散歩が昔から好きだ。葵も散歩は好きらしく、誘うと大抵付いてくる。
「そういえば四月だね、コーちゃんの好きな」
 葵にそのことを話したのは付き合い始める少し前、5年ほど前のことだ。自分のことさえよく忘れる葵は僕のこと、特に好きなことを必ず覚えている。
 四月が好きなのはいくつか理由があった。でも、本当のところを僕は誰にも話したことがない。葵にも。
「うん、四月だね」
 そうとだけ返して、僕は着替えを始めた。


 春が好きだった。モノクロの冬が明けて、色味鮮やかになる季節。春が嫌いな人とはそれだけで性格が合わない気さえした。
 葵と出会った時、僕は失恋の直後だった。桜はまだ咲いていなくて、梅はすでに見頃を終えた。
 久しぶりに恋人を思う必要がなくなると、すかすかと軽くなった身体と心を持て余す。そんな日々を新宿や渋谷の人波をかき分けることで埋めていた。
 葵とは、その頃友人に誘われていった飲み会で知り合った。
 友人と葵と僕の三人だけだったせいか、飲み会が終わる頃には葵はすでに「コーちゃん」と呼ぶようになっていた。
「コーちゃん」
 葵が呼ぶ。桜がまだつぼみを揺らす並木道。不必要になった傘を振りながら、川沿いに延びる道を二人で歩く。友人だった頃の葵とも歩いた道。別の誰かとも歩いた。あの時の、その時の、桜は咲いていただろうか。葉っぱだったろうか。通る度に芽吹くように思い出す。
「春だよ、コーちゃん」
「春だね、葵」
 名前を呼び合う違和感がなくなったのはいつからだったっけと。思う間に葵は喋っている。
「桜はまだだったね。今日は暖かそうだから昼過ぎには咲くかな」
「今日は咲かないだろう」
「そっかあ」
 どうでもいい話。朝の空気とかすかな桜のにおい。それと葵の香り。朝の世界に葵はとけ込む。完全にとけ込めばいいのに。そう思うけれど、葵はそこにいる。
「また桜が咲いたら歩こうか」
 どうせ言わなくてもそのつもりだろう。言わなければその予定は流すだろうけれど。僕が。
「来週には咲くだろうから、その時かな」
 話す間に桜道は終わる。
「葵、少し待ってて」
 少し外れた道で、コンビニに寄ってトイレを借りる。前の彼女とよく来たコンビニ。あの時買ったおにぎりやお菓子をちらっと見て、まだあることになぜだか安堵する。一瞬だけ見えた虚像を払う。パックのドリンクコーナーで待っていた葵を見つけてイマに戻る。
 
四月は人と過ごす時間がとても長い。前の彼女もその前の彼女も、……膨大な人との思いでが四月には存在していると強く感じる。
 葵には言えない。四月には自分が恋した人たちへの残っていた情がざわつくと。四月に思い出す彼女たちはとても綺麗だと。淡い記憶が世界を青くぼかす季節。
 僕は四月が好きだ。

四月の淡い青 ©ちょび

執筆の狙い

四月が特別に好きだということをふと思い出して書きました。

ちょび

107.167.112.218

感想と意見

ラピス

拝読しました。

ところどころ、おかしな表現があるものの、全体的にいい雰囲気でした。
春の爽やかさが伝わってきます。
中盤、彼女との関係性を説明で済ませてますやね。少し安易な気がします。あと必要な描写が足りないかも。
春に思う主人公の独白が締めに効いていますね〜。

2017-04-16 02:17

49.104.35.180

ちょび

貴重なお時間を割いて頂きありがとうございます。

雰囲気が伝わったことはとても嬉しいです。表現については改めて読み返し考えてみます。

中盤へのご指摘。あまり回想が長くなってもなあ、と思ってのことでしたが安易だと思われては元も子もないですね……。参考になります。

今回は貴重な意見をありがとうございます。
またよろしくお願い致します。

2017-04-16 03:56

107.167.112.146

岩作栄輔

拝読いたしました。
これはマスターベーション的な話なのでしょうか。セリフのやり取りがよくあるドラマのようで、心がざわつかない感じでした。
ラストがサスペンスかホラーなら、それまでのやりとりが全て生きると思いました。

2017-04-16 16:48

118.241.242.109

ちょび

貴重な意見をありがとうございます。

よくあるドラマのようなセリフの掛け合い。それは確かにつまらないなあと思います。セリフは苦手だと自覚のあるところでもあるので克服すべくより書いていきます。

サスペンスもホラーも読むことがないため今後書く意欲がなく、今の雰囲気でなんとか模索しようかと思います。

最後に貴重なお時間を割いて、拝読と感想の投稿本当にありがとうございました。
またよろしくお願い致します。

2017-04-16 23:57

107.167.113.35

四月は君の嘘

裏(2ちゃん)に呟いてしまってた事なんですが…


表題がキレイ。

オチが… 最近の漫画やラノベで良くあるアレとかコレとか想定して読んでいたら、
何もないまんま肩すかしで終わった。

けど、これがもしも「ここから続くファンタジックな恋愛小説のはじまりの部分」なのだったら、
悪くはない。むしろいい感じなんじゃないか?
軽やかで少しセンチメンタルな雰囲気と平明な文章が、四月の風情。
(現状の「掌編小説」と捉えると、小説以前のシロモノで、オチがなくダメダメすぎるんだが…)

雰囲気と読後感がいいのは、やっぱり魅力だなー。


読みながら「葵の身の上」を、ああなのかな? こうなのかな? と、想像〜シミュレーションしちゃってた部分が大きかったんです。
(脳内では、リリカルな悲恋ストーリーが だだだーっと走馬灯式に展開して… 四月に似つかわしく切なさ滲ませて終わりました…)

短編にするなら、起承転結とオチはつけて。

2017-04-17 14:11

106.185.185.57

ちょび

貴重なご意見をありがとうございます

お恥ずかしながら作家でごはんの2ちゃんねるスレがあるとはじめて知りました。

起承転結、大事ですよね。短いからこそですね。実際に書き出す前に起承転結の構成を考えてみます(そこからか、と思われるでしょうが)

大変参考になる意見と、嬉しい感想をありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

2017-04-17 15:55

133.209.62.176

佐藤

読ませていただきました。

現実の会話なら、あるいはあり得そうなやり取りですが、
これを小説でやられると、冗長の感は否めません。
逆にアニメ、ドラマ、であれば映えるでしょう。

上で仰っている方もいますが、現状だと物語の冒頭、と言う印象です。
ここから先のための種蒔き、その前の鍬入れの段階。
そのように感じられ、完結した話としては正直見ることができません。

あるいは、このやり取りがなされるまでの五年間が
どのようなものであったかが盛り込まれると、また違ったのかも。
いずれにせよ、もう少し情報を頂けたほうがこの物語にのめり込めそうかな、と思いました。

2017-04-18 18:35

126.36.64.124

ちょび

貴重なご意見ありがとうございます。

やはり大してヤマもオチもない話では退屈でしょうか。
短い話の中で起承転結を感じられるよう頑張ってみます。

もっと関係性や感情など深く掘り下げることもやってみます。

またよろしくお願いいたします。

2017-04-20 05:52

220.144.76.186

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です(テクニカルサポート)。

:
:
:
3,000字以内