作家でごはん!鍛練場

『 きっと私が目を閉じたとき世界は色を失い、私が目を開けたとき』

the134340th著

もっとこうしてればよかったなあと思うところはたくさんあります。

例えば、彼の好きなところ、心象の描写が繊細に、風景のスケッチ、恋する女の子の気持ち とか

最近万人受けをしない書き手なのだと感じて、だったら一部の人だけにヒットすればいいやなんて思いましたが
それすらできないのではないかと思ってます。

感想ください お願いします。

 きっと私が目を閉じたとき世界は色を失い、私が目を開けたときに世界は輝きだす


目を閉じる度、そこの世界は色を無くして、目を開く度、世界は輝きを取り戻した。
「全部夢だよ」って、紫色の空がまた答える。
 私は目をつぶる。
そこには好きだった小説のカバーも見えなければ、私の好きな人だって映りはしない。
今まであの童話みたいに、パンの耳を少しずつちぎって、歩いてきたわけじゃない。
だからどうやってここまで生きてきたかも、今では夢の中みたいに曖昧で、自分のことが理解できない。
目を開けるとそこには大勢の人間が何かを焦るように早歩きをしながら駅の改札を通っていく。
私はまた目を閉じる。
まるで眠っているお姫様が、王子様のキスで目覚めるのを待つように。

明日の難しいことを考えて回れ右をした。みんなはいろいろ忙しいみたいだけれど、バイトも部活も、宿題も、今の私にはそんな熱、高校受験で全て燃え尽きてしまって、灰色の塵すら残っていない。
 それはきっと君のせい。
きっと私が君と同じ高校に行くことになったのなら、私は犬の尻尾のようにぶんぶん振りかぶるだろう。でも結局その尻尾を振ることは叶わなかった。
明日食べたいお弁当のお昼ご飯を女子力を上げるために何を作ろうか迷っているところにそのニュースは飛び込んできた。
私の学校には五月に文化祭がある。特殊かどうかはわからない。でも早い方だと思う。
一般的には十月とか、たぶんそれぐらい。
先生の話によるとクラスの仲を高めるためらしいけど。
そういう気づかいは、ありがたいようで、鬱陶しいようで。
きっと友達が出来る人ならクラスの新田みたいに仲のいい子を見つけて、すでにカラオケにでも行くだろう。
きっと友達が出来にくい子には田島みたいに一人で準備するから、余計にこんな行事は面倒くさがるだろう。
私は別に友達が出来にくい方ってわけではないと思うし、友達が出来やすいって方でもないと思う。
少しずつ自然とできた友達を大切にしているだけだ。
下校まじかの教室でホームルームが開かれる。
廊下側の席で私は窓の外を見た。でも隣の男の子を見つめてるみたいで、恥ずかしくなって、私は一瞬で視線を黒板に戻す。
文化祭で私たちのクラスは劇をすることになったようだ。それも白雪姫という声が上がっている。
売店と違って文化祭が終わるまで働く必要がないからみたい。
私は別になんでもいいけど。きっと私には決定権がないし。
でも昔みたいにお姫様をやりたいなんて、そんな出しゃばったような真似はもうしない。
そう、私にもお姫様を演じたいな、なんて過去があったのだ。
それはもうだいぶ昔の、私が幼稚園生だったころの話。
私がお姫様をやると言ってるのに彼は木の役を演じるというのだ。他の男の子が王子様をやるなんて絶対嫌だし、それでは私がお姫様役をする必要なんてまったくない。
私はお姫様役を演じたわけだけれど、結局彼は木の役を演じきってしまった。私はそれがショックで三日間食べることも寝ることもままならなかった事を今でも覚えている。
きっと君は昨日のご飯のように思い出せるかもしれないし、思い出せるのかもわからないけれど、味みたいにその日の感情を丸々覚えているはずがない。それは私も一緒だった。
そんなこともあったなあなんて、今さら思い出して、少しだけ顔をくしゃっとして笑う。
お姫様かぁ、いいなぁ。

それは都合のいい話だった。中学頃お世話になった先生が離任するというのだ。
その話で私は彼にメールをする言い訳ができた。
「明日川本先生が離任式するんだって。一緒に送らない?」
 なんてメールをして返信を待つ。
お風呂に入ってドライヤーで髪の毛を乾かせて、明日の夕飯はなんだろうなんてどうでもいい数え事をひとつして、灯り一つ付いてない部屋のベットに潜り込み、携帯の光で薄っすら顔が青白くなる。
眠ろうとしていた時、携帯が震えるのを見た私は、彼から返信がきたのだと気が付いた。
事はOKらしい。
「明日学校が終わったら駅前ね」
と送っておいた。それから彼からの返信は来ない。
もっとメールがしたいという欲求を堪え、明日に備えて眠りについた。
それはケーキが食べたいけれど、太ってしまう、なんていう欲求に似ている気がしたけど、そんなことは夢の中で忘れてしまった。

最後のホームルームが終わってチャイムが鳴る。私は教科書をロッカーに放り込んで教室を出た。
電車の中の窓に自分の姿を映しながら、私は髪の毛に櫛で梳かした。リボンもきっちりつけて、スカートを少し短くして。
駅で彼をしばらく待っていると、五分程度遅れて彼は来た。たわいのない挨拶から始め、私たちは久しぶりに言葉を交わす。
私たちは駅からそこまで遠くない中学校まで歩いて向かう。
彼はまた少し大きくなった。歩く歩幅が不揃いになって、少しだけ速足にならないと追いつかない。
中学校について職員室の扉をコンコンと叩く。
本当はアポも取ってないから、今いるのかどうかも、私はわからなかったけれど、無事先生はいたようだ。
先生、次はどこの学校で先生をやるんですか? また英語の授業聞きたいです。次の学校でも頑張ってくださいね。
なんてありふれたお世辞を言って、私は一つの賭けに出た。
「先生、三年生の頃の教室に行ってみてもいいですか?」
 思い出に浸るためじゃない。
 先生の「あぁ、いいよ」と言う言葉を聞いて、私は彼の手を引きながら
「一緒にいこ」と言って強引に連れ出した。
 これで私は彼と二人っきりになる。

卒業した教室は閑静で真っ暗で、不揃いな机と学級目標が書かれた黒板がある。
彼が電気をつけて、一気にまぶしくなる。
「懐かしいね」
 アナログの時計がカチっと進む音がした。
私は切り出す。
「ねえ、私の学校の文化祭来てよ。五月にあるの」
 彼は黙ったまま肯いた。OKということなのだろうか。ベランダ側にいくと、少しだけ体育館から光が漏れて部活をやっているのか、男子の声が聞こえた。
私は言葉を続ける。
「一人で来てね。誰か連れてきちゃだめだよ」
 彼は少し困った顔をして、少しの間を置いてまた肯いた。
彼の近くまで行って、手を握る。
「絶対だよ」
 彼は私から目をそらす。でも肯く。
「ねえ」
 最後に。
「キスして」
 恋ってなんだろう。愛ってなんだろう。
それは一過性の感情かもしれないし、それは死んだ後にも続く思いかもしれない。
一緒にいないから思う感情かもしれないし、一緒に居たら嫌になる感情かもしれない。
君は白馬にまたがって迎えには来てくれないし、きっと私もかぼちゃの馬車で君に会いにいけない。
でも約束するよ。
君の嫌なところが十個あっても、君のいいところ百個数えるから。
彼は少し戸惑ったのか、慌てふためいていたけれど、そんなの関係ない。
私は彼の手を両手で強く握って、目を閉じた。
彼も目をつぶって少し震えるのが、目を閉じていても肌から感じた。
彼は私の肩を両手で押さえる。
あぁ、目を閉じたら君がいなくなってしまう。世界は静まりかえる。でも大丈夫。私はお姫様であなたは王子様なんだから。王子様にキスをされるってことは、目が醒めるってことなんだから。だからきっと目を開けたとき、世界は輝きだす。

 きっと私が目を閉じたとき世界は色を失い、私が目を開けたとき ©the134340th

執筆の狙い

もっとこうしてればよかったなあと思うところはたくさんあります。

例えば、彼の好きなところ、心象の描写が繊細に、風景のスケッチ、恋する女の子の気持ち とか

最近万人受けをしない書き手なのだと感じて、だったら一部の人だけにヒットすればいいやなんて思いましたが
それすらできないのではないかと思ってます。

感想ください お願いします。

the134340th

153.202.3.180

感想と意見

わんこ

執筆ありがとうございます。
僕自身も自分の意識について考えたことがあり、この作品を読んで再度意識ってなんだろうと思いました。
純粋な疑問で自分の意識について考えるって普通の人でも例えば作者さんでもありうるんでしょうか。
よろしくお願いします。

2017-04-13 22:19

175.108.137.210

the134340th

わんこ 様へ
まずはお読みいただきありがとうございます。

私は、投稿頻度も少ないですし、作品を書いていて、特段面白く、大きな伏線を張り、回収してきたわけではありません。
だから私がどれだけ人に読まれても、物書きという仕事にはつけません

たぶんですが、ここにはプロを目指してる人も、少なからずいると思います。

自分の好きなことで生きていくなんて、とても素敵なことです。
でもその人にどれだけの才能があっても、才能の塊の人々の間で、かすんで、売れなくて、失敗した
なんて人もいると思います。

好きなことをやり続けること、そうすれば結果はついてくる、なんて夢をかなえた人がよく言います。

私の過去の小説で、「廃墟、日本棋院にて」という作品があります。
夢に破れた少年の話です。
その作品の感想覧には、「そんなの夢を叶えた人の言い訳ですね」
なんて言ってた人を思い出します。(ここに投稿した作品の感想覧で、今では古すぎてたぶん消えています。作品が気になれば、私のリンクからどうぞ)

答えになってるでしょうか。
チンプンカンプンなことを言ってたらすみません。

感想、ありがとうございます。

2017-04-13 23:03

153.202.3.180

藤光

読ませていただきました。

とっちらかった印象――。
詩のように読みました。でも散文だし、正直私にはうまく話の筋がつかめませんでした。私としては何か芯のようなものが足りないように感じられ読みにくかったです。

ただ、

>君の嫌なところが十個あっても、君のいいところ百個数えるから。

などとこっぱずかしいことを文章にされていることに驚き、感心しました。この文章に『若さ』を感じます。この箇所を読んで感想をつけようと思いましたよ。

興味深いものを読ませていただきました。ありがとうございました。

2017-04-14 19:12

182.251.255.35

the134340th

藤光 様へ
まずは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントも、うれしいです。

詩のような文章に憧れているんですよね。
たぶん、私にないものだからだと、思います。

コメントありがとうございました。

2017-04-14 20:31

153.202.3.180

弥言

いろいろな趣味趣向があると思いますが、私は読んでみて、いいなーと思いました。

いいなと思ったのは最後の二文です。
タイトルにもなっているし、この最後の二文を言いたいがための作品なんだと、最後まで読んで思いました。
この二文は、恥じらいもなく「乙女」が全開な感じで私は良かったと思います。
まぶたを閉じた状態で、明るい未来をドキドキしながら信じて待つ感じが伝わってきました。

ちなみに私は、この文を最初以下のように解釈してました。そして、そういう物語なんだろうな。と思って読み始めたら全然違って、最後になって「あーそういうことだったのか」と納得しました。

きっと、私が目を閉じていたら(自分の殻に閉じこもり諦めていたら)、世界(私の家族や友人、恋人)は、色を失う(暗く沈んでしまう)だろう。私が目を開けたなら(自分の殻を破って前向きになったなら)、世界(私の家族や友人、恋人)は、輝きだす(明るく前向きになるだろう)(だから私も前向きになろう!というような物語)

なかなか謎めいていて面白い文だったと私は思いました。

ちなみにですが、リズム的な話で、「目をあけたときに」の「に」はいらないと思います。前の文は「目を閉じたとき」で「に」が無いので、同じ形の方がリズムに乗って読めるのではないかと。

あと。これは分かっててそうしているのかも知れませんが。この文って最後のシーンだけで考えると、実は正確じゃないんですよね。正確には、
「私が目をとじたとき世界は色を失い、私が目を開けたとき、世界は”きっと”輝きだす」
なんだと思います。目を閉じたときに彼がいなくなってしまうのは、確定事項なので「きっと」ではない。目を開けたとき、そこに明るい未来があるかどうかはわからない。でも期待しているから「きっと」がつく。

でも、このように正確に書くと、読んでる人は何となく展開が予想できてしまうのでつまらない気がします。
私のように勝手に深読みして後で勝手に驚く人もいると思うので。

2017-04-15 01:12

114.165.154.191

the134340th

弥言 様へ

まずは最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

深読み、いいと思います。
もともと小説って(私は文字を書くってことは初心者で事実と合ってるかどうかはわかりませんが)
一から十まで書けば、説明口調と言われ、面白くないといわれますし
逆に情報が少なすぎても、伝わりません

どこまで線引きするのか、物書きなら、誰しも壁にぶち当たるものだとおもいます。

ある程度読者に考えさせたほうが、面白いという人もいれば
全然意味がわからない、そういうもいると思います。
そういう意味で、たぶん万人受けする作品っていうのは、成り立たないのだと思います。


ご指摘ありがとうございます。
私はあまり読み直さないほうなので
語尾や不自然な言い回し、いろいろあると思いますが
ご容赦ください

ありがとうございました。

2017-04-15 01:38

153.202.3.180

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です(テクニカルサポート)。

:
:
:
3,000字以内