作家でごはん!鍛練場

『赤墨(ショートショート)』

天野著

ネガティブ全開ですが、若い故の不安だったり、悩み、
繊細な人が感じるこの世の生きづらさを表現してみたかったので書いてみました。
最近、書くことが少なくなったので久しぶりに書いてみたというのもあります。
何でもいいのでご意見よろしくお願いいたします。

「死にたいから書いているのです、インクはもう止まりやしません」

昔からそうでした。

意志薄弱、気も弱い、根性もない

何をやってもダメな自分にとって、自信なんぞは、とっくの昔に、消え失せてしまいました。

自分が生きているこの世の中というものは、弱肉強食のサバンナにしか思えず、外に出る度、

今日も誰かに惨めに食われるのではないかと内心、恐怖におののきながらも

いざ、食われそうになると、生きるための本能というものやらが必死に抵抗し、また分厚い顔をしながら、生きるのであります。

顔は分厚いですが、内心は尋常でないくらい不安で、またその不安を他人に悟られるのもなんだか厭で

街ですれ違う他人の顔色ばかり窺いながら、傷ついてゆく心を胸に、ただただ下を向きながら毎日進むのであります。

生きるだけでも辛い人がいます。

何をしても辛いんです、街を歩くだけでも辛いですし、どこに行っても辛いのです、陰鬱な心は晴れやしません、きっと何かの病気なのでしょう。

なんせ、周りには怖い肉食獣がわんさかいるわけですから、心が休まる日もありません。

いっそのこと、怖い肉食獣がいない所に逃げたいものですが、そんなところサバンナには存在しません。

何って惨めな人生でしょう、自分が理想としている世界を一度でいいから、見てみたいものですね。

緑の生い茂った広い草原で、優しい草食動物に囲まれ、身の危険を感じなくて済む、心の底から安心できる場所、理想郷というものですね。

そういった環境に、せめて一度でもいいから身を置いてみたいという自分の長年の夢は、

どうやら「我儘」らしく、いかにもダメな奴だとレッテルを貼られるものですから、

自分の理想は間違っているのだと子供ながらに傷ついたのを覚えています。

たまたま、人間として生まれたものの、人間として生きていくには大きな欠陥があり、周りには馴染むことも馴染もうともせず、

純粋にその時々の気分によって、行動し、その割にはいつも辛そうで、他人を不幸に巻き込むのだけは大いに才能ありな自分は

毎日罪悪感やらでお酒を飲む始末なのです。自分が種をまいておいて、収穫する力がないのです。

自分が思い描く幸せの形というものが目の前に転がって来ても、深く陥没している自信のせいで掴むことも出来ず、

人間というには、あまりにも出来が悪すぎて、これから何十年も人として、生きていく自信もなく、

出来ることと言えば、溜まりにたまった感情を、暗い部屋で書き殴ることくらいしかない、陰気な野郎なのです。

「でも、いいのです」

「もう、いいのです」

ここまで、生きただけでも及第点ではありませんか。

切る指も、もう、ありゃあしません、赤いインクが切れてしまいました。幕切れというやつですね。

そろそろ目もぼやけて来ました。

この期に及んで、顔は微笑を浮かべているのですね、つくづくダメな野郎に思えます。

赤墨(ショートショート) ©天野

執筆の狙い

ネガティブ全開ですが、若い故の不安だったり、悩み、
繊細な人が感じるこの世の生きづらさを表現してみたかったので書いてみました。
最近、書くことが少なくなったので久しぶりに書いてみたというのもあります。
何でもいいのでご意見よろしくお願いいたします。

天野

180.44.77.33

感想と意見

黒とかげ

拝読させていただきました。

自分を棚に上げて厳しいことを書かせていただきます。

文章について
 ・この主人公の年齢はいくつくらいを想定しているのでしょうか。最初の会話文からは中年くらいな印象を受けます。
  これでは青年の生きづらさを表現するのは無理かと。
  後、最後の一文も主人公以外の誰かが傍にいるように読み取れて違和感を憶えてしまいます。
  途中の会話文も狙いはわかりますが、あまりにも誰が喋っているのか等説明不足です。

物語について
 ・とにかく抽象的な言葉や思考ではなく、具体的な話が必要だと感じました。
  主人公が苦しいのはわかりますが、実際の社会との摩擦を書かないと主人公に共感しようがありません。
  他にも主人公があっさり自殺するも展開に何の捻りもなさすぎるのでもう一工夫欲しいところです。

以上です。お互い文章書きとしてがんばりましょう。

2017-03-15 21:14

124.86.172.187

天野

黒とかげさん

感想ありがとうございます、確かになんの捻りもないので、小説としての読み応えがまったくないですね。

次回は、少し長めの小説を書いて挽回したいです。

お互いがんばりましょう。

2017-03-16 13:44

180.44.77.33

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です(テクニカルサポート)。

:
:
:
3,000字以内