作家でごはん!伝言板

新しく書き込む

そうげんさんへ

つれづれ

汗牛充棟など、辞書をひきひき。
日本の精神なんて書かれても何が何だかサッパリ。
イギリス植民地圏で階級社会になりやすいのってなんでかな、ただまあ旧字の資料なんて読めないもんな、なんてボンヤリ。

つれづれ

漢字文化圏か

つれづれ

そういえば「ゲルマニウムの夜」に、犬に「白」なんて名前を付けるのは漢字文化圏外だ、という話しがあったような。
漢字文化圏でもいろいろなんですね。
こちらの名前は、男性名プラス敬称(先生)になりそうで。
やれやれ。

つれづれ

引用元

そうげん

すみません、下記のテキストの引用元は、

小川榮太郞さんの
『小林秀雄の後の二十一章』(幻冬舎)

のはじめの文章、

「戰後七十年目の國體論」

からです。

そうげん

>そうげん様、八月の鯨様

弥言

追加で情報ありがとうございました。二人のやり取りを拝見させても依頼ました。参考にさせていただきます。

弥言

正字体

そうげん

こんなのですね。

引用


例へば保守派論壇では、GHQによる精神的な武裝解除が、今の日本の混亂と退廢の原因だといふ議論が廣く行はれてきた。勿論私もそれを否定しない。しかし東京裁判批判も、日本が良い國だといふお國自慢も、更には中國や韓國がいかに駄目かといふ本も、今や汗牛充棟の有樣だが、それらが幾ら普及しても、そこから、あの嘆きの歌も、古來の悲しみに歸らうとする靜かな作家の文體も、『豐饒の海』四部作に續く美も、全く出て来ない。豫感としてすら、さういふ日本の美の傳統など、今や全く見えない、左翼全盛だつた昭和三十年代や四十年代よりも、遙かにずつと。大東亞戰爭の米軍空爆は日本を焦土にしたが、戰後は、精神の領域を、自ら焦土と化する七十年だつたのであらうか。
我々が本當に失つたもの――今に全く取り戾せてゐないもの――は、米軍占領の精神的武裝解除による日本の誇りなどでは恐らくない。現に、それは、戰爭や戰前についての正しい知見に接した數百萬人の日本人の間では、間違ひなく取り戾せてゐる筈である。それだけのことならば、GHQの洗腦の逆を、國民に浸透させれば、すぐに取り戾せるものだといふことに他なるまい。繰り返す、それは必要なことだ。さうした意味で歷史教科書やマスコミの正常化や、國際社會での名譽恢復を、私は、自分の、日本人としての大切な責務の一部と心得、微力ながら動いてもゐる。

そうげん

台湾の「繁体字」は、一見日本の「旧字体」と似ているが、同じではない。

八月の鯨

社員旅行が台北で・・

空港っから一人だけスーツケースが不明になって当惑し・・
「漢文の要領で筆談で行けるんじゃね?」とか思ってた自分の浅はかさを思い知った。

「なまじ日本語表記と似て見える(くせに、時に意味しているもの大きく違ってくる!)から、中国本土より台湾の方が、勘違いと早とちりがヤバそうじゃね?」って気がした。

「日本語の、当たり前に使ってる動詞の漢字が、繁体字には存在しない」もあるし、
「一見簡単な固有名詞」にも、落とし穴がある。。



「漢字1文字」そのものが持っているイメージからして、日本と中国とでは大きく違ってて、、、拙宅旦那なんて、“日本じゃごく普通に見る漢字の名前”に過ぎないのに、北京でも広州でも「人名に使う漢字じゃないです〜〜」と言われまくる。

そう言われた時には、決まって、「ワタシが付けた“北京語でも広東語でも台湾でも韓国語でも、字面&語感ともに完璧☆☆ な、漢字使用圏では大絶賛されるがきんちょの名前”」を書いてみせる、という・・

八月の鯨

漢字といえば

つぶやき

こちらなんて、漢字が中国のものに変換されますよ。
ある日突然パソコンが止まり、なにかがダウンロードされて。
中国語の旧字で日本語の漢字に近いものだと思うので見た目からはストレスがないのだけれど。
安価だから購入した、台湾製のASUS使っていたときなら気にしていなかったんですが。
それ以降も突然仕様が切り替わったりするのは、まあ、不気味ですよ。

つぶやき

基本は「四百字詰め原稿用紙」なんで…

八月の鯨

筆者の電話番号なんざ、まあ「どうでもいい」っちゃどうでもいい話なんで、「好きにすれば?」なんだけど、
電話番号「漢数字」は、、、
まず「読みづらい」し「記載不自然になる」ので、「レイアウト的に美しくない」気がしますけどねー。

電話番号や番地を「完全縦表記」にする際は、“活版時代の本でやられていたスタイルが基本”だと思う。



ワープロの時代から“そう”だったんだけど、
用紙の余白の取り方、活字の書体〜ポイント数、文字間・行間、ノンブルの位置・・
って、“ごくごく普通で当たり前の事”で、特に変わった事は一切してないんだけど、

作品集のレイアウト〜印刷所(なのか?)の人から「あなたの原稿はレイアウト綺麗で読みやすいですねー」とわざわざ言われた事が何度かあって・・
(原稿用紙に手書きしてた時代から、そこだけは手放しで褒められて来たワタクシ……)

ということは、「Wordの基本設定とかいじくり倒しちゃってて・独自スタイルを貫き、“スタンダードなレイアウトになってない人”の方が多い」のかなー?? って。

(“他人の応募原稿の現物を見た事はない”んで、実際のところは知らないが……)

八月の鯨

追記です~

そうげん

電話番号は、わたしは、
漢数字で縦書きにしてましたよ。
混乱させるようですが、全角でなら
メアドも無理から縦書きにできそうですけど、
うん、送られた側の読みやすさに配慮してってことでしょうか^^;

そうげん

ありがとうございました。

弥言

>名前とかそんなのどうでもいいじゃない様、八月の鯨様、名前はまだない様、そうげん様、none様 ありがとうございました。

貴重なご意見ありがとうございました。フォーマットだけでどうこうということは無いとは思うのですが、やっぱりなんか気になってしまったので。
用紙は横向き縦書きが自然なようですね。
私はエンジニアですが、仕事柄縦書き文書などまったく読むことがなく、電話番号やメールアドレス縦に書くとか違和感しかなかったもので、とても参考になりました。
八月の鯨様が仰っていますが、あとは熟読して頑張り、本文の推敲に時間をかけます。

ありがとうございました。

弥言