作家でごはん!伝言板

新しく書き込む

酔ってるとか

でしょ

後から言うなアホかあたしがもっと馬鹿みたいじゃんかタイミング考えろっつの

でしょ

そうげん

でしょ

何なのそれあたしは恥ずかしいよ。
あんたは屁理屈上手だなあ。

でしょ

はい

そうげん

下の文章。
いつもどおりのタイプミスだらけの雑文です。
酔ってますのですみません。いつもどおりのアレです。
寝てきます。

(↑これこそ、ダブルミーニングの、「読む価値無し」はんだんされまくる書き込みってやつでしょう)

そうげん

かもさまへ

そうげん

かもさん

説明しないと繋がらないは仕方ないでしょうか。

でしょさんの書き込みの判断、
わたしは明確にこれは「芸」だと見ています、と示しましたよ。

この「芸」のありかたと、
つれづれさんの書き込みは、わたしは関心を持っているものだから、

そこに「読みたい、観たい、と思わせる内容がある」との判断をわたし自身がもっているということです。

その判断こそ、ダブルミーニングと言う言葉の中の、ひとつの「ミーニング」です。

その正反対は、わたしは別に見なくていいか、関心はないな、というもので、

これもひとつの「ミーニング」です。

わたしはラノベ研究所(http://www.raitonoveru.jp/)の「第一研究室」以降の内容をおすすめしました
ドリーマーさんは、このサイトの創作意見室(http://sakka.org/opinion/)をおすすめされていました。
さいきんでは五月さんも創作意見室のURLをここに貼っていらっしゃいました。

加茂さんの発言のたとえば、多くの利用者のためになると思っての創作上の発言、これまで
いろいろありましたが、これらの大半は、ほの上記のサイトの内容はたいてい頭の中に入っている、
あるいは読んでいなくてもほぼわかりきったうえで、さらに自分の書き物をしていこうと
されてる方にとっては、いまさら感がつよいし、だったら、Q&Aに適した場所で
書き込まれた方がよい内容だと思ってました。

もちろん、それはわたしの個人の意見です。
思い返していただきたいのですが、かもさんのそういった書き込みに、
狙った通りに、ぴしっと、おなじ目線で対応してくださった方はありましたか?

一日何十枚、一か月で何百枚何千枚、と書いたり、
なんでも書けるような気がするとか、つねに走り続けられるように思ってしまうこととか、
それにともなう危険性や、対処法、根気強く書き物をつづけていくには、といった
注意点なども、おそらく上記のサイトなど読まれたり、市販の書籍を紐解いていただけでば
すぐに目にすることができると思います。

誰かがこんなことをやっているのに、自分がやると~というのは、
行動に対する主体性の不在か、あるいは、あいまいにして気分で行動してしまっていて、
問題が起こった際に、もともと判断径路が不明だから、反省もなければ、修正もきかない。
もちろん、すべて自分の行動の意味を把握している人はいないけれど、
必要になれば、細かく分析しながら、修正を掛けていく。

その繰り返しは、物を書く時でも、人と接するるときでも同じで、

心理療養のカウンセリング的な、「討論」(的セラピー)も、
自分が想うことを言葉にのせて、それによって周囲がどんな反応をかえすか、
ということを受け止めながら、徐々に思いを口にすることに馴れていくという
意味合いもあるでしょう。そこで、無理して、周りに合わせることになれてしまうと、
カウンセリングの輪から離れて、現実社会で集団と対するときに
勝手がちがって、右往左往しかねないと思います。

あからさまに悪意をぶつけられても、対処するような芯のつよさは、
もちづらいものだけど、でも、ひとりの創作者として自分の作品を世に問おうとするなら、
それにたえうる自分を確立せんことには、きっと無理がたたって歪んでいくと思うのです。

回答になっているかはわかりません。ただ、これまであいまいに伝えていたことを
もうすこし言葉を直截的にかえて、書き込ませていただきました。

ではまたです。

そうげん

えーっと、みなさん

でしょ

単純に嫌われてるだけってシンプルな事実は逃避のごとくスルーしてダブスタとかってわけわかんない不自由言語(恥)ですり替えたい所詮すがりたいばっかの馬鹿は徹底スルー非情傍観侮蔑軽蔑ケダモノ蔑視デキソコナイ嘲笑ってそんな認識ばっかは厳然たる共通認識ってことですからよろしくお願いしますねわかってるよね? 世のため人のため何よりゴミなクズのためこんなクッソくだらない屁理屈なんかあたしが連投してぶっ飛ばしてやろうかな削除二連発のゴミクズったらみじめったらしいばっかだよねまだ生きてんだもん恥ずかしいやつ(嗤っ



てめえの仕出かしフタして他人引き合いに出すかよみすぼらしいなあ(嗤っ嗤っ嗤っ

でしょ

そうげん様へ

加茂ミイル

そうげんさんは以前でしょさんの連投も擁護するような発言があったような気がしますが、私の記憶違いでしょうか?

加茂ミイル

単純なことなんだけど、あるいみ難しいのかもしれない

そうげん

連投は

「ダブルスタンダード」として受け入れる受け入れないとなっているのでなく、
「ダブルミーニング」として、その連投自体に、二つ(乃至それ以上)の意味が分節しているということだと

わたしは思ってます。
それれは主観の問題だというなら、それで構わないし、
わたしは、つれづれさまの発言それぞれに
ひとつひとつじっくり読もうと思わせるものがあるとみているから、
別にかまわないと見ています。

そうげん

ダブスタ

加茂ミイル

つれづれさんが連投しても誰も文句言わないんですね。

この板のルールはダブルスタンダードなんですね。

加茂ミイル

今晩屋さん

つれづれ

立場をかえれば。
戦時下の少女たちへの集団レイプに関して、韓国の人が話題にあげるのも確かにな、と。
むしろ、何十年間か話題にしなかったことに、韓国国内の政治の混乱や、慰安婦だった人の隠したいという古い女性らしさを感じるばかりで。

ただなんというか。
慰安婦だったと名乗る人は本人なのか、本当に傷ついた人に支援が届くのか、慰安婦制度を考えたのは誰なのか、加害者を見つけ出したとしてもこちらも本人なのか、そもそも殺人をする事が合法で殺人をしない事が違法である環境での犯罪って何なのか。
長い期間軍人として生きてる人にたいしてなら、調教するように「最後まで紳士であれ」なんて教え込ませられるんだろうけれど。
一般の人まで戦争に駆り立てられたわけで、死の恐怖の中で何でもありになるわけで。
ただまあ、「村から離れただけでアイデンティティが消失して善悪がなくなるのが日本人だ」なんて何かの本で読んだけれど。

なんか最近、妙な本を読んだせいで頭の中がホラーテイストなんだけれど。
人体実験でもしたかったのかしら? 身体の部位を交換して永遠の命を得る技術が発見されて、その実験のための体はどの国から調達しよう? とか。
全員参加の戦争だなんて、何で起きたんだろう?

つれづれ

今晩屋さん

つれづれ

確かに。

非常におかしな話しだけれど、確かに肌の色が黄色だとより強い怒りを感じる。
そうして、人の起こした事件なのに、なぜか肌の色が違うと自然災害のような感覚になる。

たださ。
白色人種の少女が有色人種に同じことをされたのを想像するとね。
肌の色が違っていても許される気はしないな。
見つけ次第に同じ人種が撃たれて全滅でもさせられそう。なんて、リンゼイさんの事件でイギリスは冷静だったし、私は白人じゃないし。ただ内在化された何かがそう考えている。

それから、
日本の軍隊が自国の少女をレイプした場合も、裁けないのは問題だと感じ、怒りもわくけれど性質が違う。奇妙だな。

この感覚、なぜなんだろう? 意識していないけれど、国名や肌の色での優劣を心にもっているわけね。かなり根深いところで、意識にも上らず、良心なんてまるで接しない場所に差別の芽があるわけか。私に。

つれづれ