作家でごはん!伝言板

新しく書き込む

人格に問題あるんだろうか

コンプレクス

敗けを認めるって大事ですよね。
以前は東大の人間にも自分は敗けていないって心のどこかで思ってた。
現実を無視してまで敗けを認められないって、何かの病なんだろうか。

コンプレクス

そうか

コンプレクス

アフリカさんの言う通り、勝つためには口にしてズバッと言う必要あるね。
言わずに心の中で恨んでいる限りはこっちが我慢してるってことで、それは自分であえて負けを選んでるってことだもんね。
なるほどね、いい勉強になった。
口に出せないタイプなんだよな。
じゃーもう諦めるしかないんだな。
英語ききとれない時点で友人に敗けてることは事実だもんな。
それをみとめられなかったってことなんかな。

コンプレクス

訂正

コンプレクス

アフリカさんに私ってネチネチしてるかなって聞いたけど、
聞くまでもなくネチネチしてるよね。
本当にそれですごい苦しんだもん。
気にしなくていいことを、ずーっといつまでも未練がましく執念深く。
もしかしたら、字幕派の友人が日本語を否定したのも、そんなに気にしなくても良かったのかもしれない。
あっそう、くらいに思うのが普通なんかなあ。

コンプレクス

ふうん

コンプレクス

GM91さんみたいな人となら友達になってもストレスなく付き合えそうだな。

アフリカさんに聞きたいんだけど、やっぱり私ってネチネチしてるかな?
自分でもかなりそう思う。

コンプレクス

確かにね……

アフリカ

結局さ……
ハッキリ自分の意思を伝えられない相手にネチネチと言い訳まがいの反論を差し出しても勝ち負けの問題なら……

ずっと、勝てないよね。

勝ちたいならズバッとスッパリ言い切るしかないのかもな……

アフリカ

勝ち負けとかって発想が無意味

GM91

僕は字幕派だけど吹き替えがダサいとは思わない。好みの問題。

それが些細なことかどうかは人によるのかもしれない。
ただまあ、それを理由にそいつを嫌いになるかどうかは好きにしたらいいと思う。

GM91

気分が悪い

コンプレクスの塊

>映画は完全に、楽しむために観てるのだから苦しむ必要なんて無いと言ってやれば良いのだと思う。

正論だと思うのですが、英語を聞き取れることを鼻にかけている人の前でそれを言ったら、負けを認めることになると思って、
自分も「そうだよね、やっぱり役者の生の声を聴かないとリアリティがないよね」と、相手に合わせて字幕しか見ないというスタンスを取ってしまいました。
でも、字幕と映像を交互に見るのって実は結構目や脳に負担をかけていると感じる時あります。
でも、映像と字を交互に見ているのって絵本を見ているような感覚なんですかね。
映像をじーっと2時間見続けることで生じるストレスを緩和しているところも実はあったりしてなんて思うこともあります。
でも吹き替え版で見たい時もあるのは事実。
そういうのを上から目線でバカにする人って友人としてなんか嫌だなーと正直思いました。
寛容さがないというか、やっぱり自分を高いところにあげて周りを見下すところが見えてしまうと人間として何か嫌じゃないでしょうか?
自分が何か出来るようになったら、突然それが出来ない人間を小ばかにするとか……最低。
そういう人がそばにいて自分にいろいろと何か言ってくると思うとぞっとする。

コンプレクスの塊

アハハ……つられた

アフリカ

人生相談……ぽいな……

吹き替えは吹き替えの魅力があるし、必死に脳内言語変換や字幕日本語変換をしていると見逃すシーンも沢山ある。
映画は完全に、楽しむために観てるのだから苦しむ必要なんて無いと言ってやれば良いのだと思う。

映画は小説等の言語でしっかり描写してる部分をワンカットで説明してる場合が多いし、演者の表情やセットの精巧さだけでない所謂雰囲気って部分を眺めていないと面白くは無いと思う。

ただ単純に御話しの筋道だけ理解していても製作者側が伝えたいことを逃してる可能性もある。
そう考えると、耳馴染みの声や言語が出す緊張感や危機感が一つ一つのシーンに緊迫した躍動を生む。頭で考えなくても瞬間的に心に響く。

確かに演者本人の声が伝えることも多いし、それを違和感なく脳内で訳すことが出来れば素敵だけど無理をする必要はない。

それに映画と言えばハリウッド!的な妄想に振り回されるのも変。韓国やインド、中国の映画も捨てたもんじゃない。特にインドなんて突き抜けてて面白い。英語版で観ないのが恥ずかしい事だと宣う友人に、インドの映画や、韓国の映画も吹き替えなしで観ているのか訊ねてみれば良い。


要は自分が一番楽しめる方法で眺めれば良い。と思う。

小説も全く同じ。

純文学こそが本当の小説!等と宣う方は、小説を何の為に読んでいるのかを既に履き違えている。

と、思う。

アフリカ

日本語吹き替え版について

私はコンプレクスの塊でしょうか?

私は日本語吹き替え版で映画を見たい方なんですけれど、
留学帰りの友人からダサいって言われて気分が悪かったです。
彼からすれば日本語は違和感感じるかもしれませんが、何か英語聞けるからって上から目線な感じがしました。
せっかく日本語でも楽しく映画見れるのに、彼の一言でそれが劣等感になりそうです。
何てことないことかもしれないのですが、その友人のことが嫌いになりそうです。
こんなささいなことで友人を嫌いになることってあるんでしょうか?
でも、何かすごくストレスに感じました。

私はコンプレクスの塊でしょうか?

~じゃないですけどぉ

疑問を持つ人

「夏目漱石じゃないですけどぉ、日本文学とか読みたい気分なんです」
というのは正しい使い方でしょうか?

疑問を持つ人