作家でごはん!伝言板

加茂ミイルさんへ

匿名希望者

逆です。あきらめるということなら話は別ですが、あきらめきれないのなら毎日少しでも書き続けるべきです。
書いたものを人に見せなばいいのです。見せなければ、自分のこころは傷つきません。ただ、それは孤独との戦いです。
自分では自分の作品の欠点は分からない。他人の意見を聞けば一定レベルまで早く到達します。
しかし、作家として求められるレベルは読者の想像を裏切るレベルです。己の力で到達するしかないと思います。
ある一定のレベルに到達すれば、過去に書いた作品が黒い歴史であるように感じられます。しかし、以前の作品のアイデアだけは、眠る宝石の如くです。再度磨いてみるのも良いでしょう。
本気で作家を目指すのなら、デビューするまでに沢山書き溜めて置く。デビューしたら、締め切りに追われる毎日となります。作家でごはんは、作家になることではなく、作家として飯を食っていくことです。
と、いうようなことを、大沢在昌の本に書いてありました。