作家でごはん!伝言板

付記

そうげん

修正です


「そして今日でもなお、日本人の羊に対する意識はおそろしく低い。要するに、歴史的に見て羊という動物が生活のレベルで日本人に関わったことは一度もなかったんだ。羊は国家レベルで米国から日本に輸入され、育成され、そして見捨てられた。それが羊だ。戦後オーストラリア及びニュージーランドとのあいだで羊毛と羊肉が自由化されたことで、日本における羊育成のメリットは殆どゼロになったんだ。可哀そうな動物だと思わないか? まあいわば、日本の近代そのものだよ。
 しかしもちろん、私は君に日本の近代の空虚性について語ろうとしているわけじゃない。私のいいたいのは、幕末以前には日本には羊はおそらく一頭も存在しなかったということと、それ以後輸入された羊は政府によって一頭一頭厳重にチェックされていたという二点にある。このふたつが意味するのは何だ?
 それは僕に対する質問だった。「日本に存在する羊の種が全て把握されているということですね」」