作家でごはん!伝言板

訂正

八月の鯨

>最終選考講評でも作品集でも、激辛批評をいかんなく頂戴


これ、すごいよー。。。
とことん凹み切るよー。
「何も書かないでいる方が楽〜」とひねまくるよ〜〜。

ここでド素人高齢者に浴びせられる「根拠薄弱なただの野次」とは次元が違ってて、
的確批評すぎて、逃れようもなく深く深く突き刺さる。
もう「根底から見直しを迫られている」有様なんで。

でもさー、
春にもここで書いたけどー、「そうまでハッキリ注意されなかったら、改心しようとも思わなかった、怠惰野郎」なんで、、、
やっぱ有り難かったんです。。


そういう経験を積んで、一段一段上へ上ってゆく。
三十過ぎてる物書きは、それしかない。

(はじめから才能に恵まれてて・人間力もある若い子だと、一足飛びに上へゆくブレイクスルーが期待できますけど、30過ぎたらそれはほぼない)