作家でごはん!伝言板

花見。

五月公英。

作業ズボンのジッパーを閉め忘れたまま頭上の桜に見とれるちっこい爺さんが、女子高生を満載したスクールバスの進路をふさいで微動だにしない。