・スーパーダッシュ小説新人賞

新レーベル誕生とほぼ同時に生まれた新人賞。
出版媒体となっているスーパーダッシュ文庫自体の歴史も浅くまだ知名度もそれほど高くないが、その代わり今後の発展が期待できる賞、と言えそうである。
この賞の何よりの特色は、その懐の広さだろう。200-700枚という枚数制限の範囲は、やや短めの作品からかなりの大長編までをカバーできる枚数となっている。
また、ジャンルに関しても一切の指定が無く、かなり「何でもあり」な印象がある。
特に、枚数を気にせず自分の伝えたいことを目一杯書いてみたい人にはちょうど良い新人賞であると言えそうだ。(解説:辰田淳一)

PRIZE DATA

規定枚数200〜700枚

関連レーベルスーパーダッシュ文庫

主催集英社


文芸賞データONLINE