・電撃小説大賞

軽快なエンターテインメントを得意とするメディアワークス主催。特徴的なのは《ゲーム小説》と銘打っていること。
これは『ゲームを小説にしたような』小説のことではなく『ゲーム感覚に溢れた』小説を指しているのだそうだ。
いわゆる『ゲーム』で味わえる、スリルやスピード感、ドキドキする感覚を文章で再現できれば望みはある。
『面白い!』と叫べる作品を送り込もう。
読者層の中心は十代の男の子だそうで、彼らのノリと感性に訴えかける自信があれば、チャレンジする価値は充分ある。
主催者のホームページもあるので、覗いてみてもいいだろう。

PRIZE DATA

規定枚数長編部門:250〜410枚・短編部門:42〜100枚
(四百字詰め原稿用紙換算枚数)

関連レーベル電撃文庫

主催メディアワークス


文芸賞データONLINE