・MF文庫Jライトノベル新人賞

メディアファクトリー主催の新人賞。年4回〆切が設定され、それぞれの〆切で予備審査が行われ佳作が選ばれた上で、年に一度この佳作作品の中から改めて最優秀賞や優秀賞が選ばれる、という随時応募に近いやや変わったシステムを採っている。また、希望者全員に審査シートが返送されるのも魅力的である。
過去の受賞作を見ると、賞自体の中に「ライトノベル」という語が入っていることが象徴するように、重い話よりはほのぼのとした話や気軽に楽しめるような作風の作品が受賞作の多くを占めている。とはいえまだ創設から時間も経っておらず、これからの傾向がどうなるかは分からない。将来の可能性豊かな賞と言って良いだろう。(解説:辰田淳一)

PRIZE DATA

規定枚数概ね340〜408枚
(四百字詰め原稿用紙換算枚数)

関連レーベルMF文庫J

主催メディアファクトリー


文芸賞データONLINE