・ソノラマ文庫大賞

かの菊地秀行や夢枕獏も書いていた(いる)老舗、ソノラマ文庫。その分、レベルは高いと覚悟していこう。
文庫のラインナップには、ファンタジーからSF、伝奇ものと幅広い。あらゆるタイプの作品を受容する懐の深さがある。その分、各ジャンルとも『書き尽くされた』感もあり、オリジナリティを出すのは難しいかも知れない。傾向と対策を練る必要がありそう? 
ちなみに、とある直木賞受賞作家が、昔のこの文庫でSFエンタテインメントを書いていた(だからなんだと言われると)。
現在休止中。

PRIZE DATA

規定枚数-

関連レーベルソノラマ文庫

主催朝日ソノラマ


文芸賞データONLINE