スレッド一覧 > 記事閲覧
CJK統合漢字と、馴染みのない字句を選ぶことの必要について
2017/07/18 08:16
GM91

先のそうげん氏ご発言

>漢字統合の件ひとつでも、それをわたしは問題がありそうだと思っている一方、GMさんは、今後もっと改定されていくだろうからそこに問題はないという意見ですよね。

についてです。


僕の意見としては、今後改定されるから云々の前に
そもそも、「何が問題なのですか?」という疑問なのです。

先述したとおり、unicodeにおけるCJK統合漢字は、見積もりが甘いまま見切り発車した失敗例だと僕は考えています。
ただ、それは、見かけが似ている各国の文字を同じコードにまとめちゃおうぜ、という乱暴なことをして失敗しているという話なのであり、文字コードとしては不完全で使いにくいという問題だと考えています。

が、その事と、そうげんさん曰くの、馴染みのない字句をあえて使うというご主張との関連性がイマイチよくわからん、という話をしているつもりです。
maintenance
Page: [1]

そうげん
 2017/07/18 11:06

CJK統合漢字と、馴染みのない字句を選ぶことの必要について

「見かけが似ている各国の文字を同じコードにまとめちゃおうぜ、という乱暴なことをして失敗している」

その通りだと思います。




わたしが問題視しているのは、この一点に尽きるのです。


https://ja.wikipedia.org/wiki/CJK%E7%B5%B1%E5%90%88%E6%BC%A2%E5%AD%97#.E9.A1.9E.E4.BC.BC.E6.BC.A2.E5.AD.97.E3.81.AE.E7.B5.B1.E5.90.88


>類似漢字の統合

。CJK統合漢字は日本・中国・台湾・韓国の漢字コード表の漢字のうち由来が同一であり、かつ字形が同一または類似するものを、一定の基準のもとに統合することにした。統合規準については、ISO/IEC 10646の補遺Sに詳述されている。由来が同一であっても国・地域によって漢字の意味や発音が大きく変化しているため、現代の各国間でも音・義が同一であるとは限らない。このため統合漢字では日本の「机」(つくえ)と中国の「机」(機の簡化字)が統一されたり、現代の日本語と中国語で大きく意味が異なる「届」等の漢字に同一の符号が割り当てられている。(英語版Han unification参照)

統合漢字は、字形が同一でなくても、「同じ抽象字形を持つ漢字」も統合することにしている。同一とされる抽象字形には、「為」と「爲」や、「単」と「单」などがある。その結果、「僧」と「僧」、「廐」と「廐」、「埩」と「埩」なども同一符号化され、符号のみでは字形や画数を明確に定めることが困難である。



同じ字形ならば統合するという方針も、
いずれ、中国の「机」と日本の「机」を
別の文字にしたほうがいいのではないか、と思っています。


この点では考えが一致していたようですね。
わたしの早合点で、GMさんの考えを勘違いしておりました。
すみませんでした。

そうげん
 2017/07/18 11:22

CJK統合漢字と、馴染みのない字句を選ぶことの必要について
CJK漢字統合は、言語に関するAIの問題のことで例示したものである、とは前に書きました。


一方で、

「馴染みのない字句をあえて使うというご主張との関連性」の部分の


●馴染みのない字句をあえて使う

という部分は、「馴染みのない字句」を用いることよりも、
その字句が表す核の部分、芯の部分を、現代語訳してしまうと文章の美観が崩れるために、たとえば、「時は金なり」ももちろん、すっきりとした綺麗な言葉でしょうが、「一寸の光陰軽んずべからず」という言葉が含む機微、それは表現としても(わたし自身は)美しいと思うために、そういった表現法を大切にし、また自分もそちらのほうに書きものを近づけたいと願っています。


●関連性

関連性は持ち出していません。

わたしはわたしで、自分の得たものを材料に、
最終的に自分の文体をくみ上げられればいいかと思っているだけです。

今のことばも昔のことばも、
自分で咀嚼して、慣習にとらわれずにくみ上げていければいいな

とそんな風に思いながら、
あれこれ試す日々であります。

GM91
 2017/07/18 12:49

ありがとうございます

つまり、本題とは関係ない、と言うことで了解しました。

統合漢字の問題についてはまだ少しもやっとした思いがありますが、また後日改めます。

maintenance

Page: [1]

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテナンス用)
コメント

   クッキー保存
!※エラー対策として、送信の前にメッセージのコピーを取って下さい。

作家でごはん!