スレッド一覧 > 記事閲覧
スランプ……
2012/08/08 20:48
小渕茉莉絵

作家も芸術家、スランプってあると思います。というか、私がちょっとスランプ気味です。
でも、諸々の事情で散歩等はできないんです……
みなさん、どうやって解消してますか?
教えてください。
maintenance
Page: [1]

朔次郎
 2012/08/08 22:42

スランプ……
スランプになったことはないと言いますか、
絶好調も基本的にないのですが、進まないと感じたときは、
読書したり、プロットを書いたりしますね。
やる気がなくても簡単にできることをします。
それすらする気が起きないときは、映画を観たり、音楽を聞く。
ずっと天気がいいことなんてありえないですから、
焦る必要はないと思います。私は夏が苦手で、
夏は小説がいつも以上に進みません(笑)
悩むことも大切だけど、楽しむことのほうが
大切だと私は思っています。

maintenance
小渕茉莉絵
 2012/08/09 11:46

スランプ……
朔次郎様、レスありがとうございます。
気分転換を兼ねつつ、少しネタの収集……というか、刺激を受けてみるということですかね。
私も夏は苦手です(笑)確かに、ずっと晴れだったら干上がっちゃいますもんね。
楽しんで、書けるときに進めるようにします^^

maintenance
椎名未来
 2012/08/10 11:49

スランプ……
まずは自分を見つめなおす為にノート及びワードになにが問題か?障害か?を書き出してみてください。
それで問題はほぼ解決します。人は通常「自分のことは自分が分かっている」という同一性をもっていますが、落ち込んだりすると何が原因かわからなくなります。
ですので客観視し、自分に「これが問題だ」と「安心」させるために行います。
一応方法名はあるのですが気付かれた方のみのためにあえて書きません。
案外自分の問題など「書きすぎ」「ジャンル飽きた」とかそういうものです。
ちなみに私は小説を別の方法で書くこと。プロットを思い浮かべながら好きな漫画・アニメ・映画をみることですね。
ご参考に。

maintenance
小渕茉莉絵
 2012/08/11 14:07

スランプ……
椎名様、レスありがとうございます。
問題を書きだす……私は頭でっかちで行動派ではないので、今後のためにも取り組んでいこうと思います。
しかも、そういうネガティブ思考があるので、ポジティブに持って行ったほうがいいのですかね。
私も、じっくり考えてみて、「書きすぎ」かなぁと。
規模は最初のうちは小さい方がいいですね(T_T)
椎名様のレスを見て、読書をしたら、「あ、こういう書き方が」と、勉強できました。一石二鳥^^ありがとうございます。

maintenance
文盲紅鶴
 2012/10/17 23:45

スランプ……
これはあって当たり前。
そもそも自己崩壊するほど悩むのは経験になるし、そこから新しい境地に達する。
昨日は美味かった焼き鳥が急に食うのも体が受け付けない。
野菜を( ^ω^)_凵 どうぞ

とりあえず悪あがきにメモをしながら、すぐ辞める前提で宗教でも哲学でも数学でも医学でも資格でも頭に新しい可能性を詰めて発想転換。

悟ったら新作へgo

maintenance
福島真琴
 2016/12/22 13:24

スランプ……
どうも、はじめまして。
スランプは、たくさんありました。
ある程度書きまくると唐突に、書きたいんだけれど、触れたくないって気持ちなったりすることはありました。
書きすぎて疲れたのかもしれませんし、そのあたりは自分のことながら、よくわかりませんが;

そんなときは思い切って、小説から離れてみたりしていましたね。
自分の小説とは全く関係ないジャンルの本を読んでみるとか、映画を観るとか。
もしくは、話≠ニいうもの自体とも、全く関係のない分野に飛び込んでみるとか。
絵を描いてみる、クラフト、ネットで他の方と交流してみる、何でも好きな気になったこと……etcetc……
そんな意外な分野の体験をしているときに、ふと新たなアイディアが生まれてきたり、ということは今までにも何度もありました。
と同時に違う分野のことをしていると、あるときふと物凄く自分の小説に戻りたい衝動に駆られたりして。
そうやって何度も離れては戻りを、私は今まで繰り返してきました。
あまりにもその舞い戻りが何回もあったから、やはり自分にとって執筆はなくてはならない、
腐れ縁みたいなものなのだなと実感することもできましたし(笑)

そんな感じに、いつしかそういうもの全てが、自分の中では自然な流れとして受け止められるようになりましたし。
きっとスランプは新しいものや、もっと自分の中で世界観を広げたいと思ったときに、
訪れるものなのではないかな?と、今ではそう思うようにしています。

Page: [1]

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテナンス用)
コメント

   クッキー保存
!※エラー対策として、送信の前にメッセージのコピーを取って下さい。

作家でごはん!